笹川友里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ささがわ ゆり
笹川 友里
プロフィール
愛称 さっさぁ
出身地 神奈川県
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-05) 1990年9月5日(27歳)
血液型 O型[1]
最終学歴 日本女子大学家政学部家政経済学科卒業
勤務局 TBSテレビ
部署 編成局アナウンス部
職歴 情報制作局情報二部
(2013年4月 - 2014年3月)
編成局アナウンス部
(2014年4月 - )
活動期間 2014年 -(アナウンサーとして)
ジャンル 情報バラエティ
公式サイト 笹川 友里:アナウンサー名鑑|TBSテレビ:アナウンスBoo!!(アナウンサー通信)
出演番組・活動
現在 王様のブランチ[1]
プレシャスサンデー
たまむすび(水曜)
過去 WADAIの王国
備考
活動期間はアナウンサーとしてのもの。

笹川 友里(ささがわ ゆり、1990年9月5日 - )は、TBSテレビアナウンサー。身長168cm。

来歴[編集]

神奈川県生まれ。日本女子大学附属中学校・高等学校を卒業後、日本女子大学に進む。高校時代はチアリーディング部に所属し、大学時代は体育会ゴルフ部に所属[1]2012年にTBSテレビにアナウンサーとして入社した林みなほとは、中学時代から大学時代に至るまで、そしてTBSテレビ入社後も先輩と後輩の間柄にある上、高校時代はアルバイト先、大学時代は所属するサークルまで一緒だった関係であり、家族ぐるみの付き合いとなっている[2]

アナウンサーを目指していたが、就職活動でTBSテレビのアナウンサー採用試験を受験するも不合格になる[注釈 1]。その後一般職の採用試験に応募して合格。2013年4月にTBSテレビに入社し、情報制作局情報二部に配属される。情報制作局では『王様のブランチ』などの番組でアシスタントディレクター(AD)として裏方の仕事をこなした。この時期には、先輩の林みなほがブログで「美人AD」として紹介し、バラエティ番組「ガチャガチャV6」で「ADなのに女子アナ以上のムダ美人」として取り上げられるなど、「美人過ぎるAD」として話題になった[1][3]

2014年4月に編成局アナウンス部に異動。ADからアナウンサーへの転身はキー局としては異例の抜擢とされる[1]。アナウンサーとしての研修を経て、6月26日の『大沢悠里のゆうゆうワイド』(TBSラジオ)の「都民ニュース」のコーナーに登場し、アナウンサーとして初めての仕事を行った。

2014年7月からはAD時代に担当していた『王様のブランチ』を進行アナウンサーとして同期入社の国山ハセンと共に担当する[1]

2016年5月、フェンシング選手でオリンピック銀メダリストの太田雄貴との交際が報じられ、笹川本人も『王様のブランチ』の番組内で交際を認めた[4]。12月12日、『7時にあいましょう』の番組内で、太田と今月中に結婚するとの宣言を行った[5]

2017年4月5日より、赤江珠緒の懐妊・産休に伴い『たまむすび』パーソナリティを務める。

人物・エピソード[編集]

  • 制作部からアナウンサー部への異動が決定した時、「王様のブランチ」を担当するプロデューサーの高橋一晃は「僕としては、(スタッフとして)優秀だったので出て行ってほしくなかったぐらい。この1年の制作現場での経験を活かして頑張って欲しいです。」とコメントしている[6]。TBS代表取締役社長の石原俊爾も「アナウンサー志望であったらしいし、現場の評判もいいときいている。期待してます」とコメントした[7]
  • ADからの異例の人事異動の質問についてTBS編成局長の津村昭夫は「テレビ局に入ってきているので制作なら制作ということはない。適材適所で配置しています。異例といわれると、ちょっと。でも、今までにない人事なので思い切って活躍してほしいです」とコメントした[7]
  • 日本テレビアナウンサーの後藤晴菜とは就職活動時に知り合って以来とても仲が良く、後藤と食事に行ったり遊びに行った際の写真が笹川のインスタグラムにアップされることが多い。

担当番組[編集]

現在の担当番組[編集]

テレビ
ラジオ

過去の担当番組[編集]

テレビ
ラジオ
  • ザ・トップ5(シーズン4の火曜日、2014年9月30日 - 2015年3月24日)
  • 大沢悠里のゆうゆうワイド(不定期出演・主に午前9時前のニュース、2014年6月26日 - 2015年3月)
    • 2014年9月1日・2015年9月3日はパートナー代行(両回とも曜日レギュラーパートナーの夏季休暇に伴う)
  • 安住紳一郎の日曜天国(不定期出演・「さばいてにちてん」担当、2014年10月19日 - 2015年3月22日)
  • ジェーン・スー相談は踊る(代行MC、2015年3月7日)

関連人物[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d この年のアナウンサー試験に合格したのは、小林由未子、国山ハセン、熊崎風斗

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g ““美人すぎるAD”が女子アナ転身! TBS笹川さん7.5デビュー”. スポニチアネックス. (2014年6月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/06/28/kiji/K20140628008458350.html 2015年8月5日閲覧。 
  2. ^ a b 母たち(林みなほのMinaho's diary)” (2013年8月9日). 2014年6月28日閲覧。
  3. ^ ““エース格”田中みな実アナの退社で窮地のTBSが“究極の裏技”使う”. excite.ニュース. (2014年6月30日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140630/Real_Live_19162.html 2014年7月5日閲覧。 
  4. ^ “TBS笹川友里アナ、太田雄貴選手との交際認める「お騒がせしてすいません」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2072439/full/ 2016年12月12日閲覧。 
  5. ^ “TBS笹川アナ、フェンシング太田氏と「結婚します」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年12月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161212/mrg16121221030004-n1.html 2016年12月12日閲覧。 
  6. ^ 7月5日(土)『王様のブランチ』でデビュー決定!! 元ブランチADからアナウンス部に異動してきた笹川友里が新レギュラーに!! TBSホット情報” (2014年6月30日). 2014年7月5日閲覧。
  7. ^ a b “TBS社長 田中みな実アナ退社に「残念だけど応援したい」”. デイリースポーツ. (2014年7月2日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140702-00000045-dal-ent 2014年7月5日閲覧。 
  8. ^ 笹川友里アナ アニメ「トミカハイパーレスキュー」に本人役で出演 ミニコーナーで“実写版”も” (2017年4月13日). 2017年4月14日閲覧。
  9. ^ 水曜たまむすび。4月からは…博多大吉&TBS笹川友里アナウンサーのコンビ!”. TBSラジオ (2017年3月22日). 2017年3月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]