可愛かずみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわい かずみ
可愛 かずみ
本名 久我 知子(くが ともこ)
生年月日 (1964-07-09) 1964年7月9日
没年月日 (1997-05-09) 1997年5月9日(32歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都杉並区
死没地 日本の旗 日本・東京都新宿区
身長 161 cm
血液型 A型
職業 女優歌手グラビアアイドル
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1982年 - 1997年
主な作品
テレビドラマ
トライアングル・ブルー
痛快!OL通り
アナウンサーぷっつん物語
『女猫〜美しき復讐者〜』
季節はずれの海岸物語
テンプレートを表示
かわい かずみ
可愛 かずみ
プロフィール
生年月日 1964年7月9日
没年月日 1997年5月9日
没年齢 32歳(数え34)
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 161 cm / 44 kg
BMI 17
スリーサイズ 81 - 57 - 81 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 1980年
ジャンル 女優、歌手
モデル内容 一般、ヌード
モデル: テンプレート - カテゴリ

可愛 かずみ(かわい かずみ、1964年7月9日 - 1997年5月9日)は、日本女優。本名、久我 知子(くが ともこ)[1]

東京都杉並区高円寺出身[2]

略歴[編集]

2人姉妹で3歳年上の姉がいる[2]。幼少の頃に両親が離婚、1年ほど母親と住んだ後に父親に引き取られる[2]。子供の頃は両親の離婚と父親の仕事で転校を繰り返した。可愛自身、自分の性格を「感化されやすい」と言っており[2]、転校先でもすぐに馴染んだようである。その分、転校の時は友達と別れるのが辛く、寄せ書きを見てはよく涙ぐんでいた。この頃、父親に「転校はもうしたくない」と言っており、転校のなかった港区立三田中学校時代を「落ち着いた気持ちで過ごせた」「すごく暖かい生活だった」と語っている[2]

中学時代はバレーボール部に所属。その後、都内の女子高に進学。高校時代はレストランでアルバイトをしていた。幼少の頃は比較的大人しかったようだが徐々に元気で活発な少女に育っていったようである。また母親とは両親の離婚から生き別れになっており、姉が母親代わりだったと、19歳の時に可愛自身が語っている[2]

芸能界にあまり興味はなく、元々は美容師になるつもりだったが、高校在学中にスカウトを受けてモデルクラブに登録。日活の宣伝用ポスターの仕事が舞い込み、引き受けるが、可愛は、脱がないといけない仕事だと知らなかった。「話が違う」と一旦は断ろうとするが、日活の担当者が怒られているのを見て同情してしまい、最終的に引き受ける。この時に渡辺護監督の目に止まり、1982年日活ロマンポルノ映画『セーラー服色情飼育』(監督:渡辺護・脚本ガイラ)で女優デビューした[3]。にっかつロマンポルノの主演の話がきたとき、いったん「考えさせてほしい」と告げた。モデル事務所から「次のステップに繋がる」という勧めもあり、きわどいラブシーンをしないという条件で、承諾した。「可愛かずみ」の芸名は、渡辺監督によって命名された。ロマンポルノ映画出演はこの1作のみだったが、キュートな顔立ちと抜群のスタイルで注目を浴びる。テレビドラマは、83年のテレビ東京のドラマがデビュー作になっている。

続いて、映画『Blow The Night 夜をぶっとばせ』[4]シブがき隊主演の『ヘッドフォン・ララバイ』に出演し、その後すぐにグラビアアイドルとして人気を博す。それ以降はテレビのバラエティーやドラマで活躍をしていた。

ポルノ映画の出演は『セーラー服色情飼育』だけだったが、デビュー作であったこともあり、世間からは『ポルノ女優』と形容された。映画雑誌記者によれば、可愛本人は『ポルノ女優』と呼ばれることを嫌がっていた。しかし、彼女の人気が高まるにつれ、可愛と同じくロマンポルノを足掛かりに一般の映画やテレビなどに出演し、人気を集めていた美保純と並ぶ扱いを受けるようになっていった。 可愛は「昔の仕事は自分で考えてしたことで後悔はしていないし、昔があるから今の自分がいるのも分かっている。私自身偏見はないけど、昔の仕事のことで人として軽く見られるのは辛い」と語っている[2]。ただし日活ロマンポルノには田中登や神代辰巳らの作品で、キネマ旬報などで上位に入り、高く評価された映画作品もある。なお、共演した下元史朗は後に「魅せられた女優」として可愛かずみを挙げている。渡辺監督は、可愛を「生きた恥じらいのある女優」と評価している。監督は可愛の芸名を名付けた理由を「可愛いから、可愛かずみにした」と語っている。1983年11月、脱ぐ仕事をしたくないという理由で、オフィス・アンからマーカスに所属事務所を移籍。

ヘッドフォン・ララバイ』の出演が決まった時には嬉しくて台本を抱いて寝たと言う。この頃から「セーラー服色情飼育」出演時には非難していた友人たちも応援してくれるようになり、期待に応えたいという気持ちからプロ意識が芽生えてきたと本人が語っていた。

歌の方では「春感ムスメ」でシングルデビューをし、その後「天使のデザート」「メディテーション」のアルバムもリリース。レコーディングの時に、スタッフから「歌手じゃないんだから鼻歌まじりの歌声でいいんだ! 力むような歌声じゃ駄目だ」といかにもアイドルらしい頼りない歌唱を強いられ、可愛は不本意だったという。可愛の歌については「歌のレッスンを受けているアイドルよりも上手いし、本格的にレッスンを受けたらアイドルとしてではなく、プロの歌手として充分やっていける」と和田アキ子は評価していた。グラビア時代の可愛の人気は絶大で、毎週、特集を組んでいた雑誌もある。また、可愛のファンだったという芸能人もいて、高嶋政宏などがテレビで公表している。

バラエティ番組に多数出演しており、1983年頃『オレたちひょうきん族』の「ひょうきんベストテン」のコーナーで中森明菜のものまねをしていた。また歌番組のアシスタントやバラエティー番組での活躍も増え、タレントとしての地歩を確立していった。1984年から1986年には、深夜帯ドラマ『トライアングル・ブルー』(テレビ朝日)に出演し、とんねるず、川上麻衣子らと共演。この作品で女優としての仕事も増えていった。テレビ朝日系深夜番組『トゥナイト』では山本晋也のアシスタントを長く務めた。可愛かずみがアシスタント最終回の際、山本と司会の利根川が話をしていて、ふと可愛の方を見ると大量の涙を流していて、二人は絶句した。繊細な性格を視聴者に印象付けた瞬間だった。山本晋也は「僕は、女優可愛かずみを評価します」と声をかけていた。

片岡鶴太郎主演の『季節はずれの海岸物語』ではシリーズ全話を通じて、新井徳子(とっこちゃん)という役柄で鶴太郎がマスターをしていた喫茶店を手伝う役柄を演じた。1992年、実力派女優として認められ、日活80周年記念作品『女猫〜美しき復讐者〜』の主役に抜擢される。この頃、チャームポイントだった八重歯を抜いている。

1995年、当時ヤクルトスワローズに在籍していた川崎憲次郎との交際が判明する。川崎は学生時代から可愛の熱烈なファンで、6歳の年の差はあったが交際は順調であった。当時、川崎はマスコミに対しても交際宣言をしている。だが、川崎の故障から二人の関係に擦れ違いが生じ、破局。後日、破局の理由を「(川崎が)治療に専念するため」と述べた。

友人が多く、芸能界では特に香坂みゆき、川上麻衣子、岡本かおり森尾由美と親交が深かった。志村けんとも親交が深く、『志村けんのだいじょうぶだぁ』などのコントでも共演する。志村と川上麻衣子の3人で酒を飲み、酔って雑魚寝をするほどのフランクな間柄であった。人柄については、タモリ山田邦子片岡鶴太郎などが「素直」「明るい」「優しい」と、可愛のことを番組内で語ったことがある。また最近でも渡辺美奈代がインタビューの際「かわいがってくれた先輩」と生前の可愛のことを話している。

自殺[編集]

1995年、当時交際相手で、ヤクルトに在籍していた川崎憲次郎と結婚間近と噂されるが、その後川崎が「怪我の治療に専念したい」という理由から破局する。1996年3月志村けんとのツーショット写真を週刊誌に撮られる[5]。この時期から過度の精神的ストレスにより、1996年12月1997年1月リストカット自殺未遂を繰り返す[5]。1997年5月9日午前中に手首を切り3度目の自殺を図る。この時のためらい傷は3箇所に及んでいたという。縫合後、食事で出されたドリアを完食しており、周囲の者には落ち着きを取り戻したように見えたという。しかし午後6時30分頃、留守番の女性に「咳がでるから病院に行く」と言って出かけ、午後7時10分頃、川崎が住んでいた目黒区駒場のマンション7階から飛び降り、帰らぬ人となる[6]

午後7時14分頃マンションの前に人が倒れていると通報されるが、救急車が来た時には既に心肺停止状態であった。搬送された新宿の東京医科大学病院で、午後7時59分に死亡が確認された。自宅を出た時間から推測すると、真っ直ぐ自殺現場に向かったものと思われる。当初は事故としても調べられたが、すぐに自殺と断定される。飛び降りたマンションの共同廊下には、揃えられた靴と免許証やカード、そして現金約10万円が入ったシャネルの財布が置かれていた。2階のエントランスに1度落下したらしく、2階部分には、落下痕と飛び降りた際にかけていたと思われるサングラスがあった。目撃者であるマンション1階のコンビニ店員の証言によると、可愛は青と白のストライプのシャツを着ており、自殺したとは思えないほど安らかな顔をしていたという。当時は遺書が見つかっていなかったこともあり様々な憶測を呼んだが、父親宛のメモを残していたことが2014年4月11日に判明した[6]

遺体が安置された東京医科大学病院には、川上麻衣子、岡本かおり、など、多くの友人が駆けつけ付き添っていた。通夜でも渡辺美奈代渡辺めぐみなど、多くの友人が駆けつけ「もっと相談に乗っていれば良かった」「もっと頻繁に気持ちを確かめ合えば、こんなことには…」と口々に漏らし、涙に濡れた。また通夜には生き別れになっていた母親も参列し、可愛が亡くなった後、再会を果たしている。告別式では2年半ほど前に撮られた写真が遺影として使われた。父親が「人生で一番むなしい日」、所属事務所社長が「彼女が思っているよりもずっと彼女は愛されていた」と語っている。告別式の様子を放送したワイドショーでは芸能リポーターが「私の立場で言っていいのかは分かりませんが、もうそっとしてあげたいですね」と言っており、可愛の人柄が偲ばれるものであった。所属事務所は、可愛がベテラン女優との収録で、ベテラン女優がトチったのを、監督が可愛のせいにしてしかりつけたことがあったと回想していた。

亡くなった翌日の5月10日に、可愛は都内の自動車販売会社を経営する実業家と正式に婚約し、2ヵ月後に結婚する予定であったことが判明する。当初は可愛の誕生日である7月9日に入籍するつもりだったが、その日が仏滅だったため、七夕の7月7日に籍を入れる予定だった。棺には挙式で着用する予定だった白いウェディングドレスがかけられた。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • セーラー服色情飼育(フィルムワーカーズ/にっかつ配給 1982年11月19日 併映作品「受験慰安婦」「恥辱の部屋」※1987年再公開時改題「可愛かずみ 制服色情飼育」)
  • “BLOW THE NIGHT!”夜をぶっとばせ(フィルムワーカーズ/ジョイパックフィルム配給 1983年3月19日)
  • ヘッドフォン・ララバイ
  • さよなら、こんにちわ
  • 一杯のかけそば
  • 望郷(1993年)
  • 難波金融伝・ミナミの帝王劇場版III
  • 難波金融伝・ミナミの帝王劇場版IV
  • 難波金融伝・ミナミの帝王劇場版V
  • 難波金融伝・ミナミの帝王劇場版VI

舞台演劇[編集]

ビデオシネマ[編集]

  • 探偵神津恭介の殺人推理6
  • 女猫〜美しき復讐者〜
  • 平成恋愛大図鑑・日本一パンツを脱がない男
  • らーめん屋物語
  • けん玉
  • 銀玉命!銀次郎3
  • ミナミの帝王

歌番組[編集]

  • 週刊ポップマガジン(テレビ東京)MC

バラエティ[編集]

(フジテレビONE,TWOで放送されたもの)

  1. 76 1983/4/16 (ひょうきん族、初登場)「2分の1の神話」先生と再会
  2. 78 5/7  「2分の1の神話 」ファンの前でライブ
  3. 86 7/9 「トワイライト」風邪をおしてコンサート
  4. 88 8/13 「タケちゃんマン」初出演
  5. 92 9/17 連続ドラマ「ふぞろいの竹輪たち」
  6. 93 9/24 「禁句」フラワーダンサーズと花畑で歌う
  7. 96 10/15 「禁句」明菜の恋人選び
  8. 98 10/29 「禁句」動物ショー
  9. 102 11/26 「禁句」銭湯から衛星中継
  10. 10512/17 「ひょうきん歌謡大賞」
  11. 10612/24 「北ウィング」スケート場から衛星中継
  1. 110 1984/1/21 「北ウィング」水上演芸大会
  2. 112 2/4 「北ウィング」コンピューター占い&初懺悔
  3. 114 2/18 「北ウィング」歌謡ドラマ「スチュワーです物語」
  4. 117 3/10 「タケちゃんマン」
  5. 119 3/24 チェッカーズと共演&懺悔
  6. 121 4/7 「タケちゃんマン」
  7. 122 4/14 「オールナイトひょうきん族」&「TAKEチャンマン」
  8. 124 4/28 「オールナイトひょうきん族」&歌謡ドラマ「サザン・ウインド」
  9. 125 5/5 「TAKECHANマン」芸者役
  10. 126 05/12 「ひょうきんベストテン」歌謡ドラマ「サザン・ウインドPART2」、懺悔2回目
  11. 131 6/30 「ひょうきんベストテン」歌謡ドラマ「サザン・ウィンド(明菜の恐怖体験)」&スイカ懺悔
  12. 133 7/14「ひょうきんベストテン」歌謡ドラマ「娘よ」(片岡鶴太郎と共演)、「TAKEちゃんマン」

ラジオ番組[編集]

声優(吹替)[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル c/w 規格品番
CBS・ソニー
1st 1984年5月1日 春感ムスメ
作詞:岡田冨美子
作曲:水谷竜緒
編曲:水谷竜緒
星の歌を聴きながら
作詞:岡田冨美子
作曲:かまやつひろし
編曲:水谷竜緒
07SH-1497
2nd 1984年10月21日 TOKYOふられ小町
作詞:岡田冨美子
作曲:水谷公生
編曲:水谷公生
星の歌を聴きながら
作詞:岡田冨美子
作曲:水谷公生
編曲:水谷公生
07SH-1568
3rd 1985年4月4日 仔猫の決心
作詞:魚住勉
作曲:水谷公生
編曲:水谷公生
メディテーション・別れ
作詞:魚住勉
作曲:水谷公生
編曲:水谷公生
07SH-1621
4th 1985年8月25日 星屑のシネマ
作詞:岡田冨美子
作曲:水谷公生
編曲:水谷公生
遠い約束
作詞:内藤綾子
作曲:水谷公生
編曲:水谷公生
07SH-1674

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 フォーマット 規格品番
CBSソニー
1st 1984年7月21日 天使のデザート
Side A
  1. 小麦色 喰べましょう
  2. バイバイ・ラブ
  3. これきり哀話
  4. 春感ムスメ
  5. ガラスの夏にララバイ
Side B
  1. 5分の1だけ浮気して
  2. きっとワルツが踊れるわ
  3. なのにあいつ
  4. 星の歌を聴きながら
  5. ヨコハマ愛哀デート
LP 28AH-1755
2nd 1985年4月21日 メディテーション
Side A
  1. バイバイバイ、ライライライ
  2. 涙草紙
  3. モンローチックにI love you
  4. うぬぼれ
  5. TOKYOふられ小町
Side B
  1. 仔猫の決心
  2. 似たものどうし
  3. 夢の楽園
  4. 恋はネコ科
  5. メディテーション・別れ
LP 28AH-1849

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲 フォーマット 規格品番
Sony Music Direct / オーダーメイドファクトリー
1st 2010年12月27日 オール・ソングス・コレクション
Disc 1「天使のデザート+1」
  1. 小麦色喰べましょう
  2. バイバイ・ラブ
  3. これきり哀話
  4. 春感ムスメ
  5. ガラスの夏にララバイ
  6. 5分の1だけ浮気して
  7. きっとワルツが踊れるわ
  8. なのにあいつ
  9. 星の歌を聴きながら
  10. ヨコハマ愛哀デート
  11. 悪女志願
Disc.2「メディテーション+2」
  1. バイバイバイ、ライライライ
  2. 涙草紙
  3. モンローチックに I love you
  4. うぬぼれ
  5. TOKYOふられ小町
  6. 仔猫の決心
  7. 似たものどうし
  8. 夢の楽園
  9. 恋はネコ科
  10. メディテーション・別れ
  11. 星屑のシネマ
  12. 遠い約束
CD DYCL-303/4

映像作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲 フォーマット 規格品番
CBSソニー
1st 1984年9月21日 天使のデザート
  1. 小麦色喰べましょう
  2. 5分の1だけ浮気して
  3. これきり哀話
  4. ガラスの夏にララバイ
  5. 星の歌を聴きながら
  6. なのにあいつ
  7. 春感ムスメ
VHS 68ZM-3007
βマックス 68QM-3007
LD 58LM-27
2nd 1985年5月22日 ストレンジ・パラダイス
  1. モンローチックにI love you
  2. 仔猫の決心
  3. うぬぼれ
  4. バイバイバイ・ライライライ
  5. 涙草紙
  6. 悪女志願
  7. TOKYOふられ小町
VHS 68ZM-3023
LD 68LM-45

イメージビデオ[編集]

発売日 タイトル フォーマット 規格品番 発売元
1st 1988年 私の中の遊女たち VHS PSV-020 パワースポーツ
2008年8月29日 DVD GIL-19

写真集[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 明星 1985年1月号 p.138、週刊文春 1997年5月22日号 p.30 - 34 など。
  2. ^ a b c d e f g 明星 1985年1月号 p.138
  3. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=148311
  4. ^ 曽根中生監督で大化けしヒット作となった。「ロマンポルノと実録やくざ映画」樋口尚文著,P.285。平凡社
  5. ^ a b “K-POPの真打「T-ARA」を日本で仕掛ける、吉田秀彦と事務所社長の過去”. (2011年7月24日). http://www.menscyzo.com/2011/07/post_2816.html 
  6. ^ a b 可愛かずみさん、生前に父へのメモ残す”. 日刊スポーツ (2014年4月11日). 2014年4月13日閲覧。