ウォーキングwithダイナソー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォーキングwithダイナソー
Walking with Dinosaurs
監督 ニール・ナイチンゲール
バリー・クック
脚本 ジョン・コーリー
製作 マイク・デヴリン
ルーク・ヘザリントン
アマンダ・ヒル
ディーパック・ナヤル
製作総指揮 マーカス・アーサー
スチュアート・フォード
マイルズ・ケトリー
ザーレイ・ナルバンディアン
デイヴィッド・ニクセイ
出演者 ジョン・レグイザモ
ジャスティン・ロング
スカイラー・ストーン
ティヤ・シルカー
音楽 ポール・レナード=モーガン
撮影 ジョン・ブルックス
編集 ジョン・カーノチャン
製作会社 BBCアース
BBCワールドワイド
IMグローバル
リライアンス・エンターテインメント
エヴァーグリーン・フィルムズ
アニマル・ロジック
配給 20世紀フォックス
公開 日本の旗2013年12月20日
アメリカ合衆国の旗2013年12月20日
上映時間 88分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
テンプレートを表示

ウォーキングwithダイナソー』(Walking with Dinosaurs)は、2013年イギリスアメリカ合衆国オーストラリア合作の恐竜ドキュメンタリードラマ映画。英国放送協会のテレビドキュメンタリー作品『ウォーキングwithダイナソー~驚異の恐竜王国』を基に製作された作品である。

概要[編集]

本作は、現在から約7000万年前の白亜紀末期のアラスカを舞台にしており、最新の研究と科学的検証に基づき、恐竜達の過酷な生存競争をリアルに描いた作品である。白亜紀末期のアラスカは、現代よりも気候が温暖で、生物が生息するのに適した環境だったとされ、本作の劇中にはパキリノサウルスゴルゴサウルスをはじめとした様々な恐竜や古生物が登場する。また本作は3D形式で上映され、映画『アバター』でも使用された3D技術(ジェームズ・キャメロン率いるキャメロン・ペース・グループが本作に提供している)を用いている他、CGの恐竜などの視覚効果を、オーストラリアの視覚効果制作スタジオであるアニマル・ロジックが手掛けている。

ストーリー[編集]

今から約7000万年前のアラスカ。そこは様々な生物が暮らす楽園であると同時に、厳しい弱肉強食のルールによって支配された世界でもあった。主人公であるパキリノサウルスの子供パッチは、体が小さいが故に、いつも上の兄弟達からのけ者にされる辛い日々を送っていた。ある日、冬の訪れと共に食料となる植物が減ってきたのを機に、パッチ達パキリノサウルスの群れは住み慣れた土地を離れ、食料が豊富な南の温暖地を目指して、大移動を始める。獰猛な肉食恐竜達の襲撃、巨大な植物食恐竜達との合流、突然の自然災害、いつ終わるとも知れぬ長い旅路、そして群れのリーダーである父の死。様々な困難を乗り越え、幼い子供だったパッチはたくましく成長するが、やがて群れの間で、新たなリーダーの座をかけた争いが起き、パッチの兄スカウラーがリーダーとなる。しかし、独善的なスカウラーによって群れが溺れ死ぬ危険に晒される事態が発生する。パッチの機転で群れは救われるものの、スカウラーの怒りを買ったパッチはスカウラーとの戦いの末に敗北して群れを追放される。全てを諦めかけたパッチだったが、愛するジュニパーを守るために群れに戻る。ところが、そこでまたもやスカウラーの判断ミスで群れがゴルゴサウルスに襲われ、リーダーであるスカウラーは自ら盾となって群れを逃がそうとするが、パッチは群れを率いてゴルゴサウルスを追い払い、スカウラーを救い出す。こうしてパッチが新たなリーダーとなって群れを率いることになり、後にジュニパーとの間に子をもうける。

本作で登場する恐竜および生物[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]