クイズ実力日本一決定戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クイズ実力日本一決定戦
ジャンル 特別番組 クイズ番組
出演者 みのもんたほか
放送
放送局 日本テレビ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年 - 1983年
放送時間 19:30 - 20:54
放送分 86分
回数 3
テンプレートを表示

クイズ実力日本一決定戦は、1981年1983年にかけて不定期に放送されたクイズ番組

内容[編集]

人気クイズ番組の優勝経験者が一堂に会し、“クイズ実力日本一”の座を競い合うTV史上初の番組。
100問のペーパーテストによる選考が第一チェックポイントで、そこで選抜された10人が本選に進む。
○×クイズでふるい落とされてゆき、5人に絞られてからは早押しクイズで決着をつける。

輝け!!クイズ日本一・TV史上初!全国クイズチャンピオン大集合[編集]

この番組が作られる3年前の3月16日木曜スペシャル内で「輝け!!クイズ日本一・TV史上初!全国クイズチャンピオン大集合」という似たような趣旨の番組が放送された。

 各番組のチャンピオンの中から選ばれた100人の精鋭が、4つの形式で様々な問題に挑戦して、最終的に1対1の対決を行った。ヘッドホンを装着し、カプセル内でクイズ対決する「カプセルクイズ」によるもので、これはのちに放送される「史上最強のクイズ王決定戦」の“カプセルクイズ”の原型にもなっている。賞金総額百万円。優勝者は小山鎮男(囲碁棋士)だった[1]。この番組が所謂プロトタイプとなった。

 参加チャンピオンの出身クイズ番組は、『アップダウンクイズ』、『ベルトクイズQ&Q』、『クイズ世界をあなたに』、『クイズタイムショック』、『パネルクイズ アタック25』、『クイズグランプリ』ほか。

司会/土居まさる

第1回[編集]

1981年「クイズ実力日本一決定戦 君は生き残れるか?110分の1」

司会/みのもんた相原友子 出題/田中布佐子

第2回[編集]

1982年3月13日 土曜トップスペシャル「輝け!!第2回クイズ実力日本一決定戦!!」

 この回では各種のクイズ番組優勝者や成績優秀者を105人に減らし、前回大会の2-6位入賞者の5人を加えた計110人による大会。優勝賞品は自動車だった。

司会/みのもんた、相原友子

第3回[編集]

1983年3月19日 土曜トップスペシャル「輝け!!第3回クイズ実力日本一決定戦!!」

道蔦岳史が大逆転の末、日本一になった。

司会/みのもんた、相原友子

関連項目[編集]

脚注[編集]