そろばんずく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
そろばんずく
監督 森田芳光
脚本 森田芳光
製作 日枝久
亀淵昭信
秦野嘉王
出演者 石橋貴明
木梨憲武
安田成美
小林薫
名取裕子
音楽 梅林茂
主題歌 とんねるず
寝た子も起きる子守唄
撮影 前田米造
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 日本の旗 1986年8月23日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
そろばんずく
とんねるず映画ビデオ
リリース
レーベル ビクター音楽産業
とんねるず 年表
気分は盆と正月
1986年
そろばんずく
(1986年)
とんねるずの手打ちライブ
1989年
テンプレートを表示
そろばんずく
とんねるず映画DVD
リリース
レーベル ポニーキャニオン
テンプレートを表示

そろばんずく』は、1986年8月23日に公開された日本映画広告代理店を舞台としたコメディ映画

概要[編集]

業界を二分する広告代理店、「ト社」と「ラ社」の熾烈な戦いを描くコメディー。脚本・監督は森田芳光、主演・主題歌はとんねるず石橋貴明木梨憲武。配給は東宝。併映作品はおニャン子クラブ主演の『おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!』で、10代のファン層が厚いとんねるずとおニャン子というタッグ(いずれも『夕やけニャンニャン』の出演者)であったが、どちらも批評的にも興行的にも失敗に終わる。

監督の森田は、とんねるずの2人にアドリブを一切禁止した。森田によると、映画というのは主人公の人生の断片であって、この映画は石橋や木梨の物語ではなく彼らが演じる春日野や時津風の物語であり、2人がアドリブをやって地が出てしまうと映画を見ている人はシラケてしまう。登場人物の性格を踏まえたうえでアドリブが出てくればいいが、映画初のとんねるずには無理だと思ったからアドリブはやめてくれと言ったという[1]

なお、この映画の共演がきっかけで木梨憲武安田成美が出会い、結婚に至っている。

1986年11月21日ビクター音楽産業からビデオが発売された。2002年3月20日にはポニーキャニオンからDVDが発売された。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サウンドトラックアルバム[編集]

  • 1986年8月21日にはサウンドトラックアルバムが発売された。
  • 01のみ歌はト社の春日野と時津風、以降02 - 10はとんねるず。

収録曲[編集]

  1. こわいものみたさ
  2. ビジネス ミュージック
  3. アメノドのテーマ
  4. お子様チャイナ
  5. あなどれない行進曲
  6. ラ社訓練ラ・ラ・ラ
  7. 愛のテーマ
  8. お見合いディスコBGM
  9. 赤ランプの祈り
  10. 寝た子も起きる子守唄

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『森田芳光組』キネマ旬報社、2003年

外部リンク[編集]