河井真也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわい しんや
河井 真也
生誕 (1958-12-10) 1958年12月10日(63歳)
日本の旗 日本奈良県奈良市大阪府生まれ)
別名河井信哉
出身校慶應義塾大学法学部卒業
職業映画プロデューサー
活動期間1981年 - 現在
著名な実績私をスキーに連れてって
彼女が水着にきがえたら
波の数だけ抱きしめて
Love Letter
スワロウテイル
らせん
リング
手紙
愛のむきだし』ほか多数
肩書き『函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞』審査員
『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』長編部門審査委員長
『AIYFFアジア国際青少年映画祭』(韓国・中国・日本)審査員・芸術監督
フジテレビジョン社員
親戚河井真奈(実妹)
平林久和(義兄)
公式サイト河井真也 (@kawaishinya) - Twitter
河井真也 (@kawai2850831) - Facebook
映像外部リンク
Trilateral Cooperation Secretariat
(ハングル字幕)日本の映画プロデューサー河井真也トークイベント「人生と愛に関する三色 - 映画で理解する韓中日」 - YouTube

河井 真也(かわい しんや、別名:河井信哉、1958年12月10日 - )は、日本映画プロデューサー大阪府生まれ奈良県奈良市出身。慶應義塾大学法学部卒業。元フジテレビジョン社員でヒットメイカー。『私をスキーに連れてって』『彼女が水着にきがえたら』『波の数だけ抱きしめて』『Love Letter』『スワロウテイル』『らせん』『リング』『手紙』『愛のむきだし』など数々の話題映画をプロデュース。

『函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞』審査員。『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』(2012年)長編部門審査委員長。『AIYFFアジア国際青少年映画祭』(韓国・中国・日本)審査員・芸術監督。

来歴[編集]

大阪府生まれ奈良県奈良市出身。奈良県立奈良高等学校慶應義塾大学法学部を卒業[1]

スタイリスト/ファッション・コーディネーターである河井真奈の実妹、ゲームアナリストの平林久和の義兄。映画俳優映画監督をはじめ、数多くの著名人と交流がある[1]

1981年昭和56年)フジテレビジョンに入社。『南極物語』で製作デスク。『チ・ン・ピ・ラ』『そろばんずく』などで製作補。1987年(昭和62年)『私をスキーに連れてって』でプロデューサーデビューし、ホイチョイムービー3部作『彼女が水着にきがえたら』『波の数だけ抱きしめて』をプロデュース[1]

1987年(昭和62年)12月に邦画と洋画を交互に公開する劇場「シネスイッチ銀座」を設立する。『木村家の人びと』をスタートに『誘惑者』など7本の邦画の製作と『ニュー・シネマ・パラダイス』などの単館ヒット作を送り出す[1]

また、自らの体験談を映画化した『病院へ行こう』『病は気から〜病院へ行こう2』を製作。岩井俊二監督の深夜ドラマを見たのをきっかけに映画の企画を持ちかけ、長編デビュー映画『Love Letter』以後『スワロウテイル』などをプロデュースする[1]

『スワロウテイル』で藤本賞特別賞、『リング』などで日本映画テレビプロデューサー協会プロデューサー賞など多数。

リング』『らせん』などのメジャー作品から、カンヌ国際映画祭コンペティション部門監督賞を受賞したエドワード・ヤン監督の『ヤンヤン 夏の想い出』(日本・台湾・韓国合作)、短編プロジェクトの『Jam Films』シリーズをはじめ、数多くの映画を手がける[1]

他に、日韓共同製作『力道山』ベルリン国際映画祭カリガリ賞・国際批評家連盟賞を受賞した園子温監督の『愛のむきだし』や、ドキュメンタリー映画『SOUL RED 松田優作』などがある[1]

2019年平成31年)フジテレビを退職。同年、(株)日本映画放送転籍[2][1]

『函館港イルミナシオン映画祭』シナリオ大賞審査員(2002年~)[3]、『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』長編部門審査委員長(2012年)[4]、『AIYFFアジア国際青少年映画祭』(韓国・中国・日本)審査員・芸術監督(日本開催/2018年~)[5]を行っている[1]

主なプロデュース作品[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]