未来の想い出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
未来の想い出
ジャンル SF漫画ループもの
青年漫画
漫画
作者 藤子・F・不二雄
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミック
レーベル ビッグコミックススペシャル
発表号 1991年6月10日号 - 1991年8月25日号
巻数 全1巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

未来の想い出』(みらいのおもいで)は、藤子・F・不二雄による日本漫画。1992年に森田芳光監督・脚本のもと、『未来の想い出 Last Christmas』として映画化されている。

概要[編集]

1991年小学館ビッグコミック』に連載された。藤子・F・不二雄の漫画としては、短編や連作シリーズを除けば最後の作品となった。

人生に後悔している漫画家が「記憶を持ったまま人生を何度もやり直す」というループもので、時代を1971年から1991年の20年間に設定している[注釈 1]。漫画家の奮闘記を基本軸に、漫画家仲間との交流や女優志望の劇団研究生との真剣交際が盛り込まれている。

主人公の風貌が藤子・F・不二雄自身に似ていること[注釈 2]、主人公の駆け出し時代に漫画家仲間と共に住んでいた西日荘がトキワ荘に酷似していることなど、時代や年齢がやや異なるものの、自伝的要素も存在する[要出典]

ループものはケン・グリムウッドの『リプレイ』や木内一雅渡辺潤の『代紋TAKE2』との類似性を指摘する意見もあるが[誰によって?]、この点については主人公の台詞として「古いね。ファウスト以来、手あかのついた題材じゃないか」と言及されており、そもそもの着想はそこからきているものと推察できる。

なお、藤子・F・不二雄の代表作『ドラえもん』にも、同様の効果を持つ道具「人生やりなおし機」「タマシイム・マシン」が登場する[要出典]

2003年メディコム・トイから、納戸理人と、漫画に登場する「ざしきボーイ」のフィギュアが発売された。

あらすじ[編集]

かつての人気漫画家・納戸理人は、作家人生のすべてをかけて執筆した連載漫画「時空戦記」を打ち切られ、落ち目になりつつあった。日常に希望を抱けず、惰性で生命を維持しているかのような年月が長く長く続いていた。そんなある日、納戸は参加した出版社のゴルフコンペでホールインワンを出し、驚きのあまり気を失ってしまう。

登場キャラクター[編集]

納戸 理人(なんど りひと)
本作の主人公。漫画家。山梨県出身。1948年4月1日生まれ。高校時代にアマチュアとして読切漫画を投稿しながら、プロの漫画家を目指して上京していた。駆け出し時代は漫画家仲間に揉まれながら、漫画『ざしきボーイ』をヒットさせて自作が次々にアニメ化される人気漫画家になるも、その立場に溺れて流行の波をつかみそこね、後に落ちぶれてしまった。ブームとなった劇画は不得意で、生活ギャグ漫画を得意としているが、ギャグが理屈っぽいと言われている。ループのカラクリに気づき『未来の想い出』を持ち越すことに成功するが、人生をやり直す際、運命(神)に逆らうごとに頭痛(警告)が起こる。
水谷 晶子
女優志望の劇団「未来座」研究生。北海道函館市出身。納戸のヌードモデルのバイトをしている。納戸の最愛の人。納戸が人生をやり直す前は、父が経営する会社倒産による一家崩壊にまきこまれ、命を落とすことになる。彼女の死の運命の回避こそが、過去に帰還した納戸による「新たなる人生」の最終目標となる。
郷 カオリ
漫画家。大阪府出身。納戸の駆け出し時代の漫画家グループの一人。不動産会社を経営している実家の親のすねかじりで生活しながら、読切漫画ではなく、未発表の大長編少女漫画『ファラオ五千年のたたり』の売り込みに漫画家人生をかけている。人生をやり直す前は納戸の妻。『ドラえもん』第2期2作「王かんコレクション」にモブキャラとして登場している。
沢井 登
漫画家。納戸が上京する前からのペンフレンドで、納戸のかけだし時代の漫画家グループのリーダー的存在。面倒見がよく、納戸の相談に乗っている。地味ながら人間描写が確かで、泣かせがうまい漫画で人気を出している。
小金井 英光
漫画家。北海道出身。納戸の駆け出し時代の漫画家グループの一人。大学留年の中で漫画家志望で上京した。大人向け漫画を志している。大学生のファンがおり、批評家が注目する漫画で人気を出している。郷カオリと同じく「王かんコレクション」にモブキャラとして登場している。
東山 岩男
漫画家。納戸の駆け出し時代の漫画家グループの一人。漫画家グループの中で最初に連載を持つが、すぐ打ち切りに遭う。ナンセンスに徹したギャグ漫画で人気を出している。
大学館の編集者
漫画雑誌の編集者。原稿をボツにされて落ち込む駆け出し漫画家の納戸を「ボツ原稿の山こそ最良の師」と励ましている。納戸の出世漫画『ざしきボーイ』を連載漫画化するも、人気漫画家になった納戸のマンネリ化した際には「漫画をパターン化せずに、いつまでも悩みながらかいて欲しかった」と嘆き、納戸を激怒させて担当を外れる。納戸の多忙にまぎれて関係が修復されることはなく、そのまま落ちぶれていく納戸を見捨てる形となった。そのため新しい人生では納戸は彼との関係を心から大事にし、人気漫画家となってからも彼の発言を謙虚に受け止めることとなる。
大学館の若手編集者
先輩編集者の後を受けて納戸を担当した編集者。人気絶頂だった納戸のワガママと時間のルーズさに悩まされ、彼に骨髄の恨みを抱く。後に矢吾団平を見出し、納戸が落としかけていた原稿に見切りをつけ、強制的に落とす形で彼をデビューさせ、さらには超人気漫画家へと育てる。その意味では後の納戸の凋落のきっかけを作った編集者でもある。
矢吾 団平
漫画家。納戸のアシスタント。後に漫画『やぶれハッポー』を大ヒットさせて、人気漫画家となる。
ノラ公
西日荘に住みついたノラ猫。ノミがついている。のちに交通事故に巻き込まれて死亡する。
青年
水谷のアパートの隣室に住んでいるネクラ青年。実は過激派の一員だった。『未来の想い出』を持つ前の納戸の人生では、ただ関わりを持たずに、すれ違うだけの存在だった。

収録書籍[編集]

映画[編集]

未来の想い出 Last Christmas
Future Memories: Last Christmas
監督 森田芳光
脚本 森田芳光
原作 藤子・F・不二雄
『未来の想い出』
製作 鈴木光
出演者 清水美砂
工藤静香(W主演)
音楽 加古隆
主題歌 ワム!ラスト・クリスマス
撮影 前田米造
編集 川島章正
製作会社 光和インターナショナル
藤子・F・不二雄プロ
配給 東宝
公開 日本の旗 1992年8月29日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

未来の想い出 Last Christmas』として映画化され、1992年8月29日東宝系で公開された。主人公は女性に変えられている。タイトルに加えられ主題歌にもなった「ラスト・クリスマス」を始め、1980年代ソニー・ミュージックレーベルズの楽曲が挿入されている。

特撮描写は夜景のシーンなどに使われているのみであるが[1]、監督も気に入っており、特技監督の樋口真嗣は若いスタッフ編成で満足できるものができたことで、後の『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年)を製作するに至る自信を得られたと述べている[2]

映画あらすじ[編集]

ふとした事で未来の記憶を持ったまま再び過去に戻ってしまい、人生をやり直そうとする主人公・納戸遊子が、同じように未来の記憶を持ったまま過去の時代へと戻ってきてしまった友人・金江銀子と共に、2人で人生をやり直して行こうという、友情あり、恋愛ありの感動物語。1回目の人生で思い通りにならなかったことを、2回目の人生でやり直そうとするが、またも思い通りに行かず、3回目の人生をやり直す。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

逸話[編集]

映画内の漫画原稿[編集]

主人公「納戸遊子」は作内における「最初の人生」では売れない漫画家である。しかし、生まれ変わった「2回目の人生」において「未来のヒット作の想い出」を使い、売れっ子漫画家に転身する。そのため劇中には、何枚にも及ぶ漫画原稿が登場するが、それを実際に執筆したのは、原作者である藤子・F・不二雄のアシスタントや、当時小学館新人コミック大賞の児童部門(藤子不二雄賞)などを受賞した新人漫画家であった。スタッフ名のエンドロールには「漫画作画指導」のスタッフとして紹介されている。メンバーは以下の通り。

出演漫画家[編集]

映画に関しては、藤子・F・不二雄自身が、2人の主人公に道を示す占い師として出演したことで話題になった。他にも藤子のつてにより、トキワ荘メンバーを中心とした巨匠漫画家が数名出演している。メンバーは以下の通り。

納戸の受賞パーティーに呼ばれた同僚および先輩漫画家

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 年代は主人公本人の発言によるが、その前の話では「ざしきボーイ」の第一巻発売を昭和44年(1969年)12月としていたり、同年の東大安田講堂事件をテレビで見ていたりなど、1968年 - 1969年頃の描写もある。
  2. ^ より正確に言えば、藤子・F・不二雄が常より使用していた自画像のデザインをほぼそのまま利用している

出典[編集]

  1. ^ 石井博士ほか 1997, p. 351.
  2. ^ 石井博士ほか 1997, p. 392, 特撮監督インタビュー - 樋口真嗣.

参考文献[編集]

  • 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年ISBN 4766927060

外部リンク[編集]