青年の主張 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青年の主張
とんねるずシングル
B面 銀河の交番 (Studio Version)
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル J-POP
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 秋元康
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
とんねるず シングル 年表
一気!
1984年
青年の主張
1985年
雨の西麻布
1985年
テンプレートを表示

青年の主張』(せいねんのしゅちょう)は、日本お笑いコンビであるとんねるずの4枚目のシングル

1985年4月21日発売。

解説[編集]

  • 歌の部分はサビの部分のみで、大部分が勢いのあるロック調の曲をバックにしての「NHK青年の主張全国コンクール」を想わせる台詞で構成されている。1コーラス目がイシバシタカアキさん(石橋貴明)の主張『乾布摩擦のすすめ』、2コーラス目がキナシノリタケ子さん(木梨憲武)の主張『アイドルの追っかけをやってよかったこと』である。
  • メロディ、リズムの一部はディープ・パープルハイウェイ・スターのオマージュ。アルバム『仏滅そだち』に収録された「New Version」では、石橋の台詞でハイウェイ・スターに似ていることに言及、「シャレとして」パクリではない、と否定している。

収録曲[編集]

  1. 青年の主張
  2. 銀河の交番 (Studio Version)
    • 作詞:秋元康/作曲:松尾一彦/編曲:見岳章
    • アルバム「成増」からのシングルカット。基本アレンジは両方とも同じだが、アルバムでは擬似ライヴ仕立てになっているのに対して、こちらは観客の歓声やとんねるずの観客への煽りがない、歌詞の一部ががアルバムと異なっている、演奏より先にボーカルだけ最後にフェードアウトする等の違いがある。