雨の西麻布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨の西麻布
とんねるずシングル
B面 僕は鳥になりたい
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル 歌謡曲ムード歌謡
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 秋元康見岳章
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
とんねるず シングル 年表
青年の主張
(1985年)
雨の西麻布
(1985年)
歌謡曲
1986年
テンプレートを表示

雨の西麻布」(あめのにしあざぶ)は、とんねるずの5枚目のシングル1985年9月5日発売。1993年9月22日8cmCDで再発売。

概要[編集]

秋元曰く、「雨の新宿」等々、有名な街であればそういった曲はいくらでもあったため、あまり有名ではない街で名付けたかった。石橋によると、作詞された当初の曲名は「雨の亀戸」だったが、自身は亀戸に行ったことがなかったため、霞町(現在の西麻布一丁目と三丁目の一部)への変更を申し出、最終的に西麻布に変更された[1]

イントロや曲中の石橋と木梨の語りにあるように、本作を秋元康から貰った際、2人は『紅白歌合戦』という大舞台に立つことを本気で目指し始める。

とんねるずは6年後の1991年末に「情けねえ」のヒットで、念願の紅白出場を果たしている(第42回NHK紅白歌合戦を参照)。「紅白を」「狙います」とはしていたものの、当時のマスコミからは、NHKに歌手として出演するのに不可欠な「NHKのオーディションに未だ合格していない」との指摘がなされていた。石橋が後年語ったところでは、2人がNHKのオーディションを受けようとした際、当初は売り出し中だった「やぶさかでない」を歌おうと考えたが、懇意になっていた美空ひばりに相談したところ、「『雨の西麻布』の方がいい」というアドバイスがあった。それを受け本作を歌ってオーディションを通過した。2人はバラエティを中心に積極的にNHKのテレビ番組にも出演、そして前述通り紅白歌合戦への出場を果たした。

曲の最後に「双子のリリーズ」と入れているのは、演歌(とセリフの中でも称しているが実際はムード歌謡)を真面目に歌うとんねるずにスタッフの惜しい気持ちから「お笑い性を少しだけ出そう」ということで、このフレーズを言わせたという逸話を、秋元が「とんねるずのオールナイトニッポン」で語っている。

内山田洋とクール・ファイブがコーラスで参加している。「雨の西麻布」の累計売上は40万枚[2]

2009年9月11日放送の「おもいッきりDON!」に出演したザ・リリーズ自身は、とんねるずが「雨の西麻布」のレコーディングの際、同じスタジオビクター青山スタジオ)に、アニメ『ワンダービートS』の主題歌「瞳はコスモス」(1986年4月発売)をレコーディングするために居合わせていた事を明らかにした。

とんねるずのビクター楽曲にはアルバム収録する際に別ヴァージョンを収録させることがあり、この「雨の西麻布」も2種類のヴァージョンが存在する。「自歌自賛 ザ・ベスト・オブとんねるず」にオリジナル・ヴァージョンとして収録されているものは、演奏する楽器の異なるヴァージョン。

1985年12月16日にはカセットテープのみの企画で、「雨の西麻布~にっぽんの心」が発売された。雨の西麻布:(とんねるず)、その後の西麻布(ボブ&トメ)、双子の西麻布(リリーズ)、一気!(とんねるず)、Chadawa:(とんねるず)、雨の西麻布(カラオケ)以上、6曲入。

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

  1. 雨の西麻布
  2. 僕は鳥になりたい

再発盤[編集]

  1. 雨の西麻布
  2. 歌謡曲

受賞ほか[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “石橋貴明「いかに秋元康がふざけてるか」とんねるずの大ヒット曲の裏話告白”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年3月24日). https://thetv.jp/news/detail/228113/ 2020年3月25日閲覧。 
  2. ^ 世相風俗観察会(編)『現代風俗史年表 昭和20年(1945)→昭和60年(1985)』河出書房新社、1986年、370頁。ISBN 4-309-24089-5

外部リンク[編集]