secret base 〜君がくれたもの〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
secret base 〜君がくれたもの〜
ZONEシングル
初出アルバム『Z
B面 新・僕はマグマ
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックレコーズ
作詞・作曲 町田紀彦 (#1)
ZONE (#2 作詞)
森香 (#2 作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 2001年度年間22位(オリコン)
  • 登場回数30回(オリコン)
  • ZONE シングル 年表
    大爆発 NO.1
    (2001年)
    secret base 〜君がくれたもの〜
    (2001年)
    世界のほんの片隅から
    (2001年)
    Z 収録曲
    ボクの側に…
    (5)
    secret base 〜君がくれたもの〜
    (6)
    オレンジの夕日
    (7)
    テンプレートを表示

    secret base 〜君がくれたもの〜」(シークレット ベース 〜きみがくれたもの〜)は、ZONEの楽曲。町田紀彦が作詞・作曲を手掛けた。ZONEの3枚目のシングルとして2001年8月8日ソニー・ミュージックレコーズから発売された。発売から長い時期が過ぎてから記録的な回数にわたってカバーされている曲でもある。

    概要[編集]

    井上真央が出演のドラマ『キッズ・ウォー3(およびファイナル)』の主題歌。70万枚のヒットを飛ばしたZONEの代表曲の一つで、出荷枚数では100万枚を突破している[2]

    日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングでは2002年度の年間8位[3]を獲得した。

    2001年及び2003年の『NHK紅白歌合戦』で披露された。また、2005年4月1日日本武道館での解散コンサートのラストを飾った曲でもある。

    シングルヴァージョンでは演奏がフェードアウトで終わるが、翌年発売のアルバム『Z』では演奏がフェードアウトせず最後まで収録されている。

    ZONEは2005年の日本武道館公演を最後に解散したが、この曲の歌詞中にある「10年後の8月」の言葉通り[注 1]、この曲の発売から10年後の2011年8月に1か月間限定で再結成し、同年8月14日と15日に東京赤坂BLITZで復活ライブを行った[注 2]。 また、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のエンディングでカバーされたこと(詳細後述)が縁で、同作品の舞台となった埼玉県秩父市秩父ミューズパーク野外ステージにおいて、同年8月27日に開催された『東日本大震災復興チャリティコンサート IN 秩父 ZONE 〜10年後の8月に最高の思い出を〜』(秩父商工会議所主催)に出演した。

    基本的な楽器構成[編集]

    プロモーション・ビデオ[編集]

    ZONEのTAKAYO、MIYU、MAIKO、MIZUHOとスタジオ・ランタイム出身で、後にBON'Zに加入したJINとSYUNYAの6名が出演している。内容自体は曲の歌詞に合わせ、親友が突然転校することになり、親友の乗ったバスを見送る…という内容である[注 3]。撮影は北海道千歳市内で行われ、親友の乗ったバスは千歳相互バス(神奈川中央交通からの譲受車)が使用された。

    シングル解説[編集]

    タイトル曲である「secret base 〜君がくれたもの〜」と、カップリング曲の「新・僕はマグマ」および両曲のいわゆるカラオケ版が収録されている。

    収録曲[編集]

    (全編曲:虎じろう

    1. secret base 〜君がくれたもの〜 [4:55]
      作詞・作曲:町田紀彦
    2. 新・僕はマグマ [3:24]
      作詞:ZONE、作曲:森香
    3. secret base 〜君がくれたもの〜 (Backing Tracks
    4. 新・僕はマグマ (Backing Tracks)

    収録アルバム[編集]

    同曲をカバーしたアーティスト[編集]

    アーティスト 収録先 発売日 備考
    莫文蔚 アルバム『[i]』 2002年4月19日 「Alive(我的自由式)」として収録
    たかはし智秋今井麻美 アルバム『THE IDOLM@STER RADIO TOP×TOP! 2007年5月30日
    Friends シングル『ニセモノ 2008年11月5日 テレビアニメ『今日の5の2』エンディングテーマ
    茉奈 佳奈 アルバム『ふたりうた 2009年1月14日
    Love シングル『First Love 〜ラブレター〜』 2009年8月26日
    SCANDAL アルバム『R-GIRL's ROCK! 2010年11月17日 同年4月21日に着うたでも配信している
    本間芽衣子(茅野愛衣
    安城鳴子(戸松遥[注 4]
    鶴見知利子(早見沙織
    シングル『secret base 〜君がくれたもの〜』 2011年4月27日 詳細は下記参照
    井上和彦 アルバム『Iyashion〜癒し音〜』 2012年2月14日
    流田Project アルバム『流田PPP 2012年8月8日
    カスタマイZ シングル『ハレ晴レユカイ』 2012年10月24日
    吉川友 アルバム『ボカリスト? 2012年11月7日
    さくらまや アルバム『まや☆カラ カラオケクイーンさくらまやと歌おう!!』 2012年12月5日
    May J. アルバム『Summer Ballad Covers 2013年6月19日
    ダイアナ・ガーネット アルバム『COVER☆GIRL 2013年11月27日
    福原香織RAB アルバム『売れたい!』 2014年2月19日
    吉岡亜衣加 アルバム『泣けるアニソン 〜with you〜』 2015年2月11日
    Flower アルバム『花時計 2015年3月4日
    Silent Siren シングル『八月の夜
    アルバム『S
    2015年8月5日
    2016年3月2日
    フジテレビ系ドラマ
    あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』主題歌[4]
    Pastel*Palettes
    [丸山彩(前島亜美)]
    アルバム
    バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクション Vol.1
    2018年6月27日 ゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』初期収録曲
    ロボ子さん アルバム『IMAGINATION vol.1』[5] 2019年4月24日 2019年3月1日先行配信
    ClariS アルバム『SUMMER TRACKS -夏のうた- 2019年8月14日
    和島あみ アルバム『じわソン 〜声優の卵が選んだ“泣けるアニソン”を、和島あみが歌ってみた〜 2020年1月17日

    本間芽衣子、安城鳴子、鶴見知利子のシングル[編集]

    secret base 〜君がくれたもの〜
    本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織シングル
    初出アルバム『ZONEトリビュート〜君がくれたもの〜
    A面 secret base 〜君がくれたもの〜 (10 years after Ver.)
    B面 secret base 〜君がくれたもの〜 (Memento mori Ver.)
    リリース
    規格 マキシシングル
    録音 2011年
    日本の旗 日本
    ジャンル J-POP
    アニメソング
    キャラクターソング
    時間
    レーベル アニプレックス
    作詞・作曲 町田紀彦
    ゴールドディスク
    チャート最高順位
  • 週間10位オリコン
  • 2011年4月・5月度月間32位(オリコン)
  • 2011年6月度月間49位(オリコン)
  • 2011年度年間150位(オリコン)
  • 登場回数22回(オリコン)
  • 46位Billboard JAPAN HOT 100
  • 5位(Billboard Hot Animation)
  • 9位サウンドスキャン
  • 10位CDTV
  • 登場回数7回(CDTV)
  • 2011年度年間12位着うたフル超!アニメロ[7]
  • 2011年度年間20位着うた・アニメロミックス)[8]
  • 2011年度年間10位(着うた・アニメロ★うた)[9]
  • 本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織) シングル 年表
    secret base 〜君がくれたもの〜
    (2011年)
    -
    ZONEトリビュート〜君がくれたもの〜 収録曲
    GOOD DAYS
    (10)
    secret base 〜君がくれたもの〜 (10 years after Ver.)
    (11)
    テンプレートを表示

    2011年4月27日アニプレックスから発売されたキャラクターソングで、VOCALOID等を手掛ける音楽集団「estlabo」によりアレンジされている。テレビアニメあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のエンディングテーマになっており、同アニメでヒロイン3人を演じる茅野愛衣、戸松遥、早見沙織の3人が歌っている。初回限定盤には2種類のノンクレジットエンディングとトレーラー、SPOTを収録したDVDが同梱されている。また、通常盤のジャケットでは、原曲でZONEのメンバーの夕日を眺めている様子が本間芽衣子、安城鳴子、鶴見知利子のイラストにより再現されている。

    2011年5月9日付のオリコンチャートで10位を獲得。キャラクターソングによるカバーシングルとしては異例となるオリコントップ10入りを果たした[10]。 その後も、2018年6月付で有料音楽配信売上25万ダウンロード以上(プラチナ)に到達した[11]

    2019年3月1日には、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」において企画賞(2010年 - 2019年)に選出された[12]

    収録曲[編集]

    (全作詞・作曲:町田紀彦)

    1. secret base 〜君がくれたもの〜 (10 years after Ver.) [5:52]
      編曲:とく (estlabo)
    2. secret base 〜君がくれたもの〜 (Memento mori Ver.) [4:40]
      編曲:古川本輔 (estlabo)
    3. secret base 〜君がくれたもの〜 (10 years after Ver.)(Off Vocal Version)
    4. secret base 〜君がくれたもの〜 (Memento mori Ver.)(Off Vocal Version)

    収録アルバム[編集]

    曲名 収録アルバム 発売日
    secret base 〜君がくれたもの〜 (10 years after Ver.) ZONEトリビュート〜君がくれたもの〜 2011年8月10日

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 実際にはメンバー全員その事には気づいていなかった。
    2. ^ ただし、このライブにおいて年内いっぱいまでチャリティー・イベントを中心に活動を続けることが発表された。(その後無期限延長となり、2013年4月まで活動した。)
    3. ^ これは、作詞作曲者の町田紀彦自身の少年時代の実体験に基づく。
    4. ^ 戸松遥は、2009年8月30日に行われた、自身が所属する声優ユニットスフィアのイベント『Shake X Sphere 〜夏の夜の夢〜』内にて、同ユニットとしてもこの曲をカバーしている。

    出典[編集]

    1. ^ 日本レコード協会 ダウンロード認定 (2019年8月)
    2. ^ TAKAYOは大みそか紅白でZONEを「卒業」、SANSPO.COM、2003年12月10日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
    3. ^ 2003年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2003年。
    4. ^ サイサイ、実写版『あの花』主題歌でZONE名曲カバー”. ORICON (2015年7月4日). 2015年7月6日閲覧。
    5. ^ VTuberコンピレーションアルバム「IMAGINATION vol.1」3月1日(金)0時より配信開始決定!〜4月24日(水)に数量限定CDの発売も決定し順次予約受付開始!〜”. RK Music (2019年2月14日). 2019年2月21日閲覧。
    6. ^ 日本レコード協会 ダウンロード認定 (2018年6月)
    7. ^ 着うたフル/2011年/年間ダウンロードランキング/超!アニメロ”. 超!アニメロ (2011年12月9日). 2011年12月31日22:52閲覧。
    8. ^ 着うた/2011年/年間ダウンロードランキング/アニメロミックス”. アニメロミックス (2011年12月9日). 2011年12月31日22:52閲覧。
    9. ^ 着うた/2011年/年間ダウンロードランキング/アニメロ★うた”. アニメロ★うた (2011年12月9日). 2011年12月31日22:52閲覧。
    10. ^ “異例ヒット!声優3人、ZONE名曲カバー”. サンケイスポーツ. (2011年5月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/110504/gnj1105040504005-n1.htm 2011年5月7日閲覧。 
    11. ^ 6月度有料音楽配信認定〜宇多田ヒカル「First Love」、WANIMA「やってみよう」がダブル・プラチナ認定”. ORICON (2018年7月20日). 2018年7月21日閲覧。
    12. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。

    外部リンク[編集]