卒業 (ZONEの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
卒業
ZONEシングル
初出アルバム『E 〜Complete A side Singles〜
B面 アルバム
リリース
規格 シングル
録音 2003年
ジャンル J-POP
レーベル ソニー・ミュージックレコーズ
作詞・作曲 町田紀彦
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 登場回数8回(オリコン)
ZONE シングル 年表
僕の手紙
(2003年)
卒業
(2004年)
太陽のKiss
(2004年)
テンプレートを表示

卒業」(そつぎょう)は、2004年にリリースされたZONEの12枚目のシングル

解説[編集]

TAKAYOがZONEを脱退しTOMOKAを迎え入れてから最初のシングル。キャッチコピーは「POWERFUL! POP! CUTE! 新世紀ZONE始動!!」で、前半のコピーは新生ZONEのキャッチコピーとしてしばらく使う事となる。レコーディングはTAKAYOが脱退する前から行われていた。2曲とも卒業シーズンに合わせた内容の卒業ソングとなっている。2006年に行われたオリコンの『定番の卒業ソング』ユーザーアンケート・ランキングによると16位であった[1]

初回盤と通常盤がリリースされ、特典として2004年度プロフィールカード型カレンダーが付き、初回盤では5種類のうち1種、通常盤では別絵柄1種類のみが付いてきた。

収録曲[編集]

  1. 卒業
    作詞・作曲: 町田紀彦, 編曲: ha-j
    メインボーカルはTOMOKAMIYU。ポップな曲調で、卒業式の当日を舞台とした歌詞となっている。新生ZONEお披露目として2004年2月3日に、サンシャインシティ噴水広場にて行われた、『卒業』購入者限定の無料ライヴと握手会では、この曲でお披露目を行った。
    3枚目のアルバムN』にも収録されているが、アルバムバージョンの方はイントロ前に学校での喧騒やチャイムの音が挿入されている点で異なる。
    PVの制作はオフィスクレッシェンドが担当。『ZONE CLIPS 03 〜2005卒業〜』と『ZONE BEST MEMORIAL CLIPS』に収録されている。
  2. アルバム
    作詞・作曲: 町田紀彦, 編曲: 石塚知生
    ボーカルはTOMOKA以外の3人が行なっている。
  3. 卒業 (backing track)
  4. アルバム (backing track)

収録アルバム[編集]

補足[編集]

  • 同時期(1月28日)には同タイトルのシングル『卒業』を安倍麻美もリリースした[1]。安倍麻美とZONEとのランキング争いではZONEに軍配が上がった。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 勿論ZONEとは別の曲である。
  2. ^ 安倍麻美の『卒業』のセールスは最高18位(オリコン)。

外部リンク[編集]