奥飛騨慕情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「奥飛慕情」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
奥飛騨慕情
竜鉄也シングル
B面 せせらぎの宿
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル トリオレコード
作詞・作曲 竜鉄也
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン[1]
  • 1981年度年間2位(オリコン)[1]
  • 1982年度年間99位(オリコン)[1]
竜鉄也 シングル 年表
奥飛騨慕情
(1980年)
紬の女
1981年
ミュージックビデオ
「奥飛騨慕情」 - YouTube
テンプレートを表示

奥飛騨慕情」(おくひだぼじょう)は竜鉄也の楽曲で、演歌歌手としてのデビューシングルである。1980年6月25日に発売。

解説[編集]

1972年に飛騨地方の温泉街で歌う仕事が入り、15日間滞在した際に書かれた。同年に自家盤で発売されたが、当時のプレス枚数は2000枚だった[2]

郡上八幡のスナックで歌っていたところ、作詞家の喜多條忠の目に留まり、1980年にトリオレコードから発売された。有線放送から徐々に注目されるようになり、発売から6ヶ月経ってオリコンのトップ10に初登場した[1]。1981年に第14回日本有線大賞を受賞し、同年の『第32回NHK紅白歌合戦』にも自身唯一の出場を果たした。1981年オリコン年間シングル売上ランキングでは寺尾聰の『ルビーの指環』に次いで2位となった。

オリコンチャート集計による累計売り上げ枚数は約150万枚。ただし、そのほかにも300万枚以上[3]、250万枚[4]、370万枚[5]という記録も。

奥飛騨温泉郷新平湯温泉に歌碑が建てられている[6]

収録曲[編集]

  1. 奥飛騨慕情 (4:31)
    • 作詞・作曲:竜鉄也
  2. せせらぎの宿 (4:24)

カバー[編集]

  • 美空ひばり - アルバム『裏町酒場』(1982年7月21日発売)
  • 石川さゆり - アルバム『こころの流行歌』(2011年11月16日発売)
  • 氷川きよし - アルバム『氷川きよし・演歌名曲コレクション16〜櫻〜』(2012年6月23日発売)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d オリコンランキング情報サービス「you大樹」
  2. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手(下)』現代教養文庫、1997年、140-141頁。ISBN 4390116029
  3. ^ 「あの人は今こうしている 竜鉄也(73)」『日刊ゲンダイ』2009年1月27日掲載
  4. ^ 竜鉄也さん、奥飛騨に死す…74歳デイリースポーツ、2010年12月29日。
  5. ^ 竜鉄也さん死去 盲目の歌手「奥飛騨慕情」中日新聞、2010年12月29日朝刊。
  6. ^ 新平湯温泉バス停 一新!

関連項目[編集]