ヤン・スギョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤン・スギョン
出生名 梁秀敬
生誕

(1965-09-23) 1965年9月23日(53歳)[1]

[注釈 1]
出身地 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市
学歴 ソウル芸術大学
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
活動期間 1988年 - 1999年、2016年 -
レーベル 東芝EMI/EAST WORLD、
Oscar Ent.(2016年〜)
梁 秀敬
各種表記
ハングル 양수경
漢字 梁 秀敬
発音: ヤン・スギョン
英語表記: Yang Soo-kyung
テンプレートを表示

ヤン・スギョン(漢表示:梁 秀敬朝鮮語: 양수경1965年9月23日 - ) は韓国出身の女性歌手である。

来歴[編集]

1988年に韓国でデビュー。

1990年代初頭に日本進出を果たし、テレビドラマの主題歌となった「愛されてセレナーデ」がヒットした。

1998年に所属事務所イェダンエンターテインメント(現バナナカルチャー)の社長であるピョン・デユン朝鮮語版と結婚し、1999年のアルバム「후애」(後愛)を最後に歌手活動を停止した。

2013年6月4日、夫ピョン・デユンが自殺[2][注釈 2]

2016年7月6日、17年ぶりにオスカー Ent朝鮮語版から新曲「사랑바보」(愛のバカ)を発表し、歌手活動を再開した。

ディスコグラフィー(日本)[編集]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 戸籍、実際の生誕日、日本と韓国の芸能活動用プロフィールがそれぞれ異なる。
  2. ^ 一時期噂が流れたが、夫の死後、会社の経営には参加していない。[1] 위클리오늘

外部リンク[編集]