第24回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第24回日本レコード大賞
受賞対象 音楽
開催日 1982年12月31日 (1982-12-31)
会場 帝国劇場
日本の旗 日本
授与者 社団法人 日本作曲家協会
日本レコード大賞制定委員会
日本レコード大賞実行委員会
主催者 高橋圭三
児玉清
竹下景子
最新受賞者 細川たかし北酒場
テレビ/ラジオ放送
放送局 TBSテレビ
放送時間 金曜日18:30 - 20:54[1]
視聴率 31.3%

第24回日本レコード大賞(だい24かいにほんレコードたいしょう)は、1982年昭和57年)12月31日帝国劇場で行われた、24回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第24回の大賞は、細川たかしの「北酒場」に決定した。細川たかしは初の受賞。TBSの『ザ・ベストテン』年間ベストテン1位の楽曲が受賞したのは、第23回(1981年)に続いて2年連続。

「第13回日本歌謡大賞」のグランプリを受賞するなど、大ヒットした岩崎宏美の「聖母たちのララバイ[2]は外国人の作曲作品で審査対象外だったため、ノミネートを見送られた。

1982年は「花の82年組」と称される新人アイドル豊作の年で、中森明菜小泉今日子らは新人賞5組の枠に入れず落選した[3]

視聴率は4P下落し31.3%に落ち込む。

なお、福島県のレコード大賞が福島テレビにネットされるのは、この年が最後となった。

司会[編集]

リポーター[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

金賞[編集]

新人賞[編集]

ゴールデン・アイドル賞[編集]

ベスト・アルバム賞[編集]

'82アルバムベスト10[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

ロング・セラー賞[編集]

ゲストほか[編集]

  • 共に最優秀歌唱賞受賞者の大橋純子を祝福。
  • 岩崎宏美 - 前年の最優秀歌唱賞受賞者。受賞者の大橋純子にブロンズ像と盾とペンダントを授与。
  • なお、第52回よりブロンズ像の授与はなくなり盾のみとなる[4]。ペンダントの授与は、第30回頃よりなくなった。

各賞プレゼンター[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • 番組プロデューサー:斉藤正人・吉田恭爾
  • 演出:五十嵐衞
  • 舞台監督:狩野敬
  • 中継:滝本裕雄
  • 運営プロデューサー:野中杉二・青柳脩・中村寿雄・今里照彦・梅沢汎
  • 技術プロデューサー:佐藤一郎
  • 技術:大野健三・水越俊之
  • 映像:村上敦彦・小山内義紀
  • カラー調整:西沢正捷・九徳正弘
  • 音声:椎木洋次・細谷清
  • 照明:橋本英一・石川勝朗
  • 音響:大鐘信慶
  • 美術:三原康博
  • 美術制作:和田一郎・中嶋美津夫
  • 監修:松原史明
  • 構成:玉井洌・沢口義明
  • 取材:西沢七瀬
  • 音楽・指揮:長洲忠彦
  • 演奏:岡本章生とゲイスターズ・高橋達也と東京ユニオン・ベストアンサンブル・ポップンロールバンド(西城秀樹の当時の専属バンド)EXOTICS(沢田研二の当時の専属バンド)
  • コーラス:フィーリングフリー・ミュージックメン
  • 振付:西条満
  • 踊り:スクールメイツ
  • アシスタント:高橋圭三プロダクション東京アナウンス学院・ゲン企画
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ この年から、30分拡大された。また、同年10月改編でJNNフラッシュニュースが20:54開始となったため、前年までより放送時間が1分短縮された。
  2. ^ 1982年の日本テレビ火曜サスペンス劇場』テーマ曲。
  3. ^ 1983年第25回は中森・小泉も含めた合計7組が「ゴールデン・アイドル賞」を受賞する。
  4. ^ 低視聴率によるスポンサー離れの為、経費削減との噂あり。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]