NUDE MAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NUDE MAN
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1982年5月 - 6月
VICTOR STUDIO
K.R.S. STUDIO
FREEDOM STUDIO
HITOKUCHIZAKA STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース 高垣健
サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(5週連続、オリコン
  • 1982年度年間3位(オリコン)
  • 1983年度年間25位(オリコン)
サザンオールスターズ 年表
Shout!
(1982年)
NUDE MAN
(1982年)
バラッド '77〜'82
(1982年)
『NUDE MAN』収録のシングル
  1. 匂艶 THE NIGHT CLUB
    リリース: 1982年5月21日
テンプレートを表示

NUDE MAN』(ヌード・マン)は、サザンオールスターズの5枚目のオリジナルアルバムでもあり、本作の10曲目の楽曲名でもある。1982年7月21日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

後にCD化され、1984年6月21日1989年6月25日1998年4月22日2008年12月3日の計4回再発売されている。

解説[編集]

前作『ステレオ太陽族』から約1年ぶりにリリースされた。

本作では、キーボードの国本佳宏が全編に渡りサポート。この時期はライブでもサポートメンバーとして大きく関わっており、本作の歌詞カードや当時のアーティスト写真にもサザンのメンバーに国本が加わる形で写っている。

裸の男が海に飛び込み臀部が露になった、インパクトの強いジャケットである。当時写真の男は桑田佳祐ではないかと言われたが[1]、実際は現地の男性で、2014年6月21日のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で、「カメラマンがインドパキスタンの海岸で撮影した写真の中から選んだ」と桑田が語った。

1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、高田文夫によるライナーノーツが封入されている。

桑田はこのアルバムを「退屈なアルバム」と評しており、「あれはいい曲も入っている、けれどいやなのも二~三曲入っている」と述べている。ただし、「それまでできなかったことですごくやりたいこともできたのは事実」ともしている。また、このアルバムの頃から社会問題、国際問題などをテーマにした曲や反戦歌が制作される事も多くなった[2]

チャート成績[編集]

本作は累計97.1万枚(オリコン調べ)を記録している[3]

受賞[編集]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では7曲目からがB面となっていた。
  1. DJ・コービーの伝説 (3:44)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ
    「コービー」とは、サザンともゆかりの深い小林克也のことで、本人によるDJも収録されている。1980年代後半からトミー・スナイダーに補作詞を頼む前は、桑田は英語については小林に訊いていたという。
  2. 思い出のスター・ダスト (4:10)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    タイトルのスター・ダストとは、横浜の米軍基地近くに実在し、「匂艶THE NIGHT CLUB」のPVの撮影にも使用されたバーの店名である。
  3. 夏をあきらめて (3:41)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生
    後に研ナオコ坂本冬美もカバーしている。
  4. 流れる雲を追いかけて (4:01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    原由子ボーカル曲。
    第二次世界大戦中の満州が舞台となっており、幼い子供を持つ女性の心模様が歌われている。歌唱した原はレコーディングした当時は、愛する人を持つ女性のせつなさと悲しみという部分しか理解できなかったかもしれないといい、後に母親になったことで、子供への愛や戦争への理不尽さへの怒りなどを理解できたような気がしたという[4]
    桑田が満州からの引揚者であった父親・久司の話を聞いて制作した曲で[5]、この曲を聴いた久司は喜んでいたとされている[6]
    久司は満蒙開拓移民として満州鉄道に勤務したのち[7]、引揚後は北九州に移り住み「複雑な知り合い」に世話になった時期を経て[8](桑田自身も本籍地が北九州市若松区(旧若松市)であることを公表している[9][10])、湘南の地方新聞の記者[11]、茅ヶ崎の映画館(大黒館。後に茅ヶ崎国際劇場と改名[12][13])や小田原市の西洋料理店「grill KONOMI」の雇われ支配人[11]、妻の昌子(桑田の母であり、久司とのバー経営の後に平塚市割烹を経営し[14]、1994年2月に60歳の若さで亡くなっている[15])と二人三脚でのバー経営と数々の職業を転々とし、晩年は病気で療養生活を送り、2004年3月6日に77歳で亡くなっている[16][6]
    桑田は久司から満州での話や「品格とは真逆の、人間が究極の状態に追い込まれた時の様子」などの話をよく聞かされていたといい、「戦争なんて悲惨なことはもう二度とやるもんじゃないというのは、ともかく親父から刷り込まれました」と述べている[17]
  5. 匂艶にじいろ THE NIGHT CLUB (4:08)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    15枚目シングル。
  6. 逢いたさ見たさ病める My Mind (3:47)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    松下電器「ザ・サード」CMソング
    イントロは電話のコール音から始まり、その後電話に出ないことに対するため息が収録されている。
  7. PLASTIC SUPER STAR (LIVE IN BETTER DAYS) (3:53)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:新田一郎
    桑田らが参加していた青山学院大学音楽サークル“BETTER DAYS”で演奏されたライブテイク。桑田は、自身の著書の中で「ロックの常套手段を使ってしまった。穴があったら入りたい」との発言をしており、演奏されたのはこのアルバムを引っ提げてのツアーと当時のテレビ番組のみである[2]。なお、観客の歓声も収録されており、この歓声が次曲に被ってしまい、ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のようなメドレーに近くなっている。ちなみに、スタジオでのテイクはない。
  8. Oh! クラウディア (3:28)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎 & 国本佳宏
    メロディアスなバラード曲。
    1989年発売の「女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)」のカップリング曲には『真夏の夜の夢 1988大復活祭』の横浜スタジアム公演の音源が収録されている。
  9. 女流詩人の哀歌 (4:11)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:新田一郎)
    ユニ・チャーム CMソング。
    さらに講談社文庫鈴乃屋雪印「スライスチーズ」CMソングにもそれぞれ採用されている。
  10. NUDE MAN (1:11)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    松下電器「ヘッドフォンステレオ WAY」CMソング。
    歌詞が記載されていない曲。ただし『10ナンバーズ・からっと』のように記号化されているわけではなく、現在公式サイト でも歌詞無しとされている。歌詞は『10ナンバーズ・からっと』の作品やシングル「Ya Ya (あの時代を忘れない)」のイントロに入る女性の声による英語の台詞と同様、通信カラオケなどでは表示される場合がある。内容はロッキード事件比喩したものになっている。
  11. (2:33)
    (作詞・作曲:大森隆志/編曲:サザンオールスターズ
    大森隆志ボーカル曲。
    タイトル通り猫について歌った曲である。
  12. 来いなジャマイカ (3:40)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    日産自動車パルサー」CMソング。
    曲はレゲエ調の曲。歌詞はかなり過激且つ猥雑で、歌詞カードでもところどころ歌詞がカットされている。歌詞中に「マーレイ」や「ジャガー」、「レイ・パーカーJr.」らの名前が揶揄的に使われている。
  13. Just A Little Bit (4:18)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    ジャズナンバー。

参加ミュージシャン[編集]

再発売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サザンオールスターズ バイオグラフィー 1982年 sas-fan.net 2016年7月16日閲覧。
  2. ^ a b 『ただの歌詩じゃねえかこんなもん』P182、新潮社、1984年
  3. ^ 【オリコン】サザンオールスターズ 売上別TOP10&主な記録2015年1月22日閲覧
  4. ^ 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』88頁、朝日新聞出版、2013年
  5. ^ 原由子、硬軟自在に30年 ベスト盤「ハラッド」,朝日新聞デジタル, 2010年6月28日
  6. ^ a b 《速報》サザン桑田の父、死去 テレビ朝日
  7. ^ TOKYO FM桑田佳祐のやさしい夜遊び」2012年10月27日放送分より。
  8. ^ TOKYO FM桑田佳祐のやさしい夜遊び」2018年7月28日放送分より。
  9. ^ “【エンタがビタミン♪】桑田佳祐 “人生で影響を受けた人物”や意外な“本籍地”明かす(1/2)”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). (2017年8月24日). http://japan.techinsight.jp/2017/08/maki08231947.html 2017年8月25日閲覧。 
  10. ^ “【エンタがビタミン♪】桑田佳祐 “人生で影響を受けた人物”や意外な“本籍地”明かす(2/2)”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). (2017年8月24日). http://japan.techinsight.jp/2017/08/maki08231947.html/2 2017年8月25日閲覧。 
  11. ^ a b About us | grill KONOMI | グリル木の実
  12. ^ みなみマート(茅ヶ崎駅前分譲)建替 46年の歴史に幕タウンニュース
  13. ^ 桑田佳祐「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」(1984年、新潮社、P11)
  14. ^ 平凡 1979年6月号内の記事「本誌独占! 桑田佳祐の母親・実家を大公開! 我が家のスターが帰って来る日・・・」より。
  15. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P55、新潮社、2012年
  16. ^ アテネに届け…こちらサザンは初の五輪応援歌!サンスポ
  17. ^ SWITCH Vol.33 No.4 Southern All Stars [我が名はサザン] p26より。

外部リンク[編集]

  • NUDE MAN - SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE