10ナンバーズ・からっと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
10ナンバーズ・からっと
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1979年1月21日 - 3月11日
VICTOR STUDIO
ONKIO HAUS
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース 高垣健
Burning Publishers
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1979年度年間3位(オリコン)
サザンオールスターズ 年表
熱い胸さわぎ
1978年
10ナンバーズ・からっと
(1979年)
ベスト・オブ・サザンオールスターズ
(1979年)
『10ナンバーズ・からっと』収録のシングル
  1. 気分しだいで責めないで
    リリース: 1978年11月25日
  2. いとしのエリー
    リリース: 1979年3月25日
  3. 思い過ごしも恋のうち
    リリース: 1979年7月25日
テンプレートを表示

10ナンバーズ・からっと』(テン・ナンバーズ・からっと、TENナンバーズ・からっととも表記)は、サザンオールスターズの2枚目のオリジナルアルバム1979年4月5日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

後にCD化され、1984年6月21日1989年6月25日1998年4月22日2008年12月3日の計4回再発されている。

制作[編集]

本作の歌詞カードには何曲か歌詞が正しく載っておらず「☆◎♂」などの記号で埋められている作品がある。同バンドはオケを録り終えてから歌詞を考えるという順番で楽曲を作っているが、当時はとにかく忙しく締め切りに間に合わなかった結果、シングルになった以外の曲は桑田佳祐の下書き段階のものをそのまま掲載し、全く歌詞ができていなかった3曲は記号になった。1998年の再発盤でその3曲以外は極力直しているが、記号のものは原版をそのまま写し、 公式サイトでも未だに正しい歌詞は公表されていない。ただし歌詞集「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」や中国でリリースされた企画盤アルバム(海賊版ではなく公式に発売されたもの)では記載されているものもある。第一興商の通信カラオケDAMなどでは歌唱時に歌詞が表示されるが、曲の終了時に“本社聞き取りによるオリジナルです”などと表示される。

本作製作当時は休み無く朝から晩までテレビ出演に忙殺され、深夜になってようやく作曲・レコーディング作業に入る状態であった為、ノイローゼ状態に陥り、満足の行く曲作りや編曲が出来なかったとされることから、桑田自身は「駄作」と酷評しており、リリース当時のテレビ番組でも同様のことを連呼している。また、多忙・ノイローゼと相まってか、ジャケットの写真は桑田がスタッフとケンカをした直後で、場が非常に険悪な雰囲気のまま撮影したらしく、桑田自身もこのジャケットは怒った状態で写っている事を振り返っている。

リリース[編集]

同バンドの初期の楽曲はバーニングが権利を持っており、本作もプロデュースはバーニングプロダクションによるものである。

1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、シャララカンパニー佐藤輝夫によるライナーノーツが封入されている。

受賞[編集]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では6曲目からがB面となっていた。
  • タイトルの後ろに※の表示がされているものは、上記の通り歌詞が記号となっているもの。
  1. お願いD.J. (4:04)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎
    間奏中にはDJのウルフマン・ジャックの物まねをした桑田の語りが収録されている。
  2. 奥歯を食いしばれ (4:23) ※
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    パーカッションが前面に打ち出された曲である。
  3. ラチエン通りのシスター (4:07)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    神奈川県茅ヶ崎市にある「ラチエン通り」から楽曲のタイトルはつけられた。桑田がかつて交際していた小中学生時代の同級生をモデルに書かれた曲であり、曰く相手と盛り上がって、その人と結婚しようとして書いたという[1]
    ライブ演奏は1980年に行われた『ニャー! ニャー! ニャー!』(7月の田園コロシアム公演)、『ゆく年・くる年コンサート』、『おっぱいなんてプー』、『茅ヶ崎ライブ』、『真夏の大感謝祭』、『灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!』など。また、『ニャー! ニャー! ニャー!』(田園コロシアム公演)では、ビートルズの曲を絡めたアレンジバージョンで演奏された。
    2004年に発売した「愛と欲望の日々」にはカップリング曲としてディファ有明で行われたファンクラブ限定の『海の日ライブ』で演奏された音源が収録されている。
  4. 思い過ごしも恋のうち (4:38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:新田一郎)
    4枚目シングルとしてシングルカットされた。
    シングルバージョンは本アルバム収録バージョンとコーラスやホーンセクションアレンジが違い、この後のコンピレーション版などにはこのアルバムバージョンで収録されている。
  5. アブダ・カ・ダブラ (TYPE 1) (2:51)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    この曲のラストには飛行機の飛行音が収録されており、この音がTYPE 2に、ひいてはB面に繋がるようになっている。
  6. アブダ・カ・ダブラ (TYPE 2) (2:50) ※
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    この2曲の別歌詞バージョンがメンバー全員が出演した「日清焼そばU.F.O.」のCMソングになっている。
    ちなみにTYPE 3はシングル「いとしのエリー」にのみ収録されているためTYPE 3が一番先に世に出ていることになる。歌詞はTYPE 1、3ともに同じであるが、前曲からのつながりのためイントロとアウトロが別テイクになっている。
  7. 気分しだいで責めないで (3:34)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:新田一郎)
    2枚目シングル。
    イントロをはじめアレンジはかなり違ったものになっており、別テイクによる新録になっている。この後のコンピレーション版などは全て本作でのアルバムバージョンが収録されている。
  8. Let It Boogie (4:04)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:兼崎ドンペイ)
    LION「ザクトライオン」CMソング。
  9. ブルースへようこそ (3:59) ※
    (作詞・作曲・編曲:サザンオールスターズ)
    思い過ごしも恋のうち」のカップリング曲としてシングルカット。
  10. いとしのエリー (4:25)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:新田一郎)
    3枚目シングル。

参加ミュージシャン[編集]

Special Guests[編集]

  • ラチエン通りのシスター
  • アブダ・カ・ダブラ (TYPE 1)
    • 薗田憲一&ディキシー・キングス - ホーン
  • アブダ・カ・ダブラ (TYPE 2)
    • 薗田憲一&ディキシー・キングス - ホーン

再発売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桑田佳祐『ブルー・ノート・スケール』P83 - 85、ロッキン・オン、1987年

外部リンク[編集]