そんなヒロシに騙されて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
そんなヒロシに騙されて
サザンオールスターズ楽曲
収録アルバム 綺麗
リリース 1983年7月5日
規格 LP
CD
デジタル・ダウンロード
録音 1983年4月 - 6月
ジャンル ロック
時間 3分08秒
レーベル タイシタレーベル
作詞者 桑田佳祐
作曲者 桑田佳祐
プロデュース 高垣健
サザンオールスターズ

綺麗収録順

ALLSTARS' JUNGO
(5)
そんなヒロシに騙されて
(6)
NEVER FALL IN LOVE AGAIN
(7)

そんなヒロシに騙されて」(そんなヒロシにだまされて)は、1983年に発表されたサザンオールスターズの楽曲。作詞・作曲は桑田佳祐原由子がボーカルを担当した。アルバム『綺麗』に収録された。

高田みづえジューシィ・フルーツがカヴァーし、両者のシングルが同年8月21日に同時にリリースされた。

収録アルバム[編集]

高田みづえのシングル[編集]

そんなヒロシに騙されて
高田みづえシングル
B面 アメジスト
リリース
ジャンル ポップス
レーベル ユニオンレコード
(テイチク)
作詞・作曲 桑田佳祐
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン[1]
  • 1983年度年間45位(オリコン)[1]
  • 4位(ザ・ベストテン[1]
  • 1983年度年間32位(ザ・ベストテン)[1]
  • 4位(ザ・トップテン
  • 高田みづえ シングル 年表
    蒼いパリッシュ
    (1983年)
    そんなヒロシに騙されて
    (1983年)
    秋冬
    (1984年)
    テンプレートを表示

    高田みづえ版は、1983年8月21日テイチク(現・テイチクエンタテインメント)から21枚目のシングルとして発売された。

    高田はこの曲で1980年の「私はピアノ」以来、7作ぶりにオリコンTOP10入りを果たし、最高位は6位まで上昇した。また、シングル売上も30万枚を超える記録となり、「私はピアノ」「硝子坂」に次ぐ3番目のヒット曲となる。TBS系「ザ・ベストテン」でも、「私はピアノ」以来3年ぶりに10位以内にランクされた。なお、高田のオリコンTOP10入り及び「ザ・ベストテン」のランクインは同曲が最後となった。さらに日本テレビ系「ザ・トップテン」では、高田自身唯一10位内に入った楽曲である。

    高田は当曲で1983年末の『第34回NHK紅白歌合戦』へ、4年連続通算6回目の出場を果たした。

    高田みづえ版シングルの収録曲[編集]

    1. そんなヒロシに騙されて
      作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:若草恵
    2. アメジスト
      作詞:秋元康、作曲:松宮恭子、編曲:若草恵

    ジューシィ・フルーツのシングル[編集]

    そんなヒロシに騙されて
    ジューシィ・フルーツシングル
    B面 メビウス・ラヴ
    リリース
    ジャンル J-POP
    レーベル BLOW UP
    (日本コロムビア)
    作詞・作曲 桑田佳祐
    チャート最高順位
    ジューシィ・フルーツ シングル 年表
    夢見るシェルター人形
    (1983年)
    そんなヒロシに騙されて
    (1983年)
    Boys be アンビシャス
    (1983年)
    テンプレートを表示

    ジューシィ・フルーツ版は、1983年8月21日日本コロムビア(BLOW UPレーベル)から11枚目のシングルとして発売された。

    サザン版・高田版とやや異なり、グループ・サウンズを意識したアレンジとなっている(ジャケットもメンバーがGSチックに身を包んでいる)。この曲で『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)の「ひょうきんベストテン」に出演した時は、フラワーダンシングチームをバックに苦笑しながら演奏していた(1983年10月8日放送分)。

    オリコン最高位は44位を記録した。

    ジューシィ・フルーツ版シングルの収録曲[編集]

    1. そんなヒロシに騙されて
      作詞・作曲:桑田佳祐、編曲:ジューシィ・フルーツ9
    2. メビウス・ラヴ
      作詞:神田ヒロミ、作曲:奥野敦子、編曲:茂木由多加

    その他のカバー[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    外部リンク[編集]