ボディ・スペシャルII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『原由子 with サザンオールスターズ (#1,#2)』
B面 ボディ・スペシャル I (BODY SPECIAL)
リリース
規格 7インチレコード('83)
8cmCD('88,'98)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1983年1月
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1)
原由子 (#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 1983年5月度月間10位(オリコン)
  • 1983年度年間37位(オリコン)
  • 週間16位(2005年盤・オリコン)
  • 週間7位(ザ・ベストテン
  • 1983年度年間37位(ザ・ベストテン)
サザンオールスターズ シングル 年表
Ya Ya (あの時代を忘れない)
1982年) 
ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)
(1983年)
EMANON
(1983年)
テンプレートを表示

ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)」(ボディー・スペシャル・ツー)は、サザンオールスターズの17枚目のシングル1983年3月5日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

1988年6月25日CD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計3回再発売されている。

解説[編集]

本作のジャケットは女性上半身ヌード)をそのまま載せたかなり過激なものであった。発売当初、TBSの『ザ・ベストテン』で、ジャケット写真を見て、黒柳徹子が唖然となった。のちに日本テレビ系の音楽番組速報!歌の大辞テン』では、放送時間が夜8時という関係上、ジャケットの乳房の部分に薄いぼかしをかけて放送された。

ヒット作品でありながら、収録されたアルバムが現在全て廃盤となっていたため、2005年の再発時には最も売れた作品で、オリコンで16位という22年前の作品の再発盤だが、ヒットを記録した。

本作はサザンの作品では最後となるビクター音楽産業(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からの発売であり、次作からは現在までサザン専用のレーベルタイシタレーベルからの発売となっている。

本作の正式なタイトルは英題の『BODY SPECIAL』も入ったものとなるが、公式でも省略されることがあるため、ここでは省略する。

歌番組においてはメンバー全員が戦闘服を身に纏い歌っていた。

収録曲[編集]

  1. ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎
    現在ではライブの定番曲であり、「勝手にシンドバッド」や「マンピーのG★SPOT」と同じくライブの最も盛り上がる部分に演奏されることが多く、桑田が客席に煽るため、演奏時間も長くなる。その中でステージの縁に水を入れた紙コップを並べ、それを客席に向かってぶちまけるというパフォーマンスも行われる(屋外のライブの場合、ホースで水をまくというものもある)。歌詞の内容もジャケット同様エロティックなものである。2番冒頭の歌詞には放送禁止用語英語とのダブルミーニングでぼかした歌詞が登場するが、その部分の歌詞自体は『Man Call』となっているため、特に放送自粛の処置が取られることはない。
    サウンド面では、原由子の奏でるオルガンが前面に押し出され、ソロ演奏こそないものの曲全体に渡って強烈な存在感を放っている。ライブではサビの部分で爆発する特殊効果演出が恒例となっており、間奏が長くとられることが多い。ちなみに、2014年12月28日の横浜アリーナ公演では安倍晋三首相が来場しており、桑田曰く、爆発時にテロと勘違いしたのか、SPが立って安倍を守ろうとしたという出来事が起きたという[1]
  2. ボディ・スペシャル I (BODY SPECIAL)
    (作詞・作曲:原由子 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎)
    サザンが三宅裕司小倉久寛らと出演したコントバラエティ番組『サザンの勝手にナイト あ!う○こついてる』オープニングテーマ。
    インスト曲であり、原由子作曲。「ボディ・スペシャル“II”」が先にできていたので、タイトルが「ボディ・スペシャルI」になったと言う。歌詞カードに歌詞の記載はないもののシングル盤にはなぜか作詞・原由子のクレジットもある。A面同様オリジナルアルバム未収録であり、こちらはシングル盤にのみ収録。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TOKYO FM桑田佳祐のやさしい夜遊び」2015年1月3日放送分より

外部リンク[編集]