海のYeah!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海のYeah!!
サザンオールスターズベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1998年7月度月間1位(オリコン)
  • 1998年8月度月間3位(オリコン)
  • 1998年度年間6位(オリコン)
  • 2000年度年間60位(オリコン)
  • 2003年度年間98位(オリコン)
  • 1位(iTunes Store[1]
  • 2008年度年間98位(Billboard JAPAN[2]
  • 2015年度年間31位(レコチョク[3]
  • 2016年度年間66位(レコチョク)[4]
ゴールドディスク
サザンオールスターズ 年表
Young Love
1996年
海のYeah!!
(1998年)
さくら
(1998年)
テンプレートを表示

海のYeah!!』(うみのイェー)は、サザンオールスターズベスト・アルバム。ちょうどデビュー20周年となる1998年6月25日に発売。発売元はタイシタレーベル

解説[編集]

デビュー20周年を記念して発売したベストアルバム。バラードベストや完全限定生産盤を除けば、サザンオールスターズの純粋なベストアルバムは現在のところ本作のみとなっている。

このアルバムの発売目的は、同年に行われた静岡県渚園での大規模野外コンサート『スーパーライブ in 渚園 モロ出し祭り 〜過剰サービスに鰻はネットリ父ウットリ〜』を楽しんでもらうためのアルバムといった位置づけであり、20年間でのヒット曲や人気の高い曲が選出されている。

ジャケットは、10ccのアルバム「愛ゆえに」のパロディである。

タイトルは「海の家」を捩ったもの。初回盤は特殊クリアスリップケース、デジパック仕様。通常盤は一般的なプラスチックケースであり歌詞カードのサイズも異なるが、収録内容など外装以外は同一。

太陽は罪な奴」「恋のジャック・ナイフ」はシングル版とアルバム版では異なるが、前者はシングル盤、後者は『Young Love』収録バージョンが使用されている。ちなみにこのアルバムのラストには、一昨年ライブで演奏された「平和の琉歌」が収録されている。この曲は沖縄でのライブ『ザ・ガールズ万座ビーチ』で演奏されたものだが、ライブビデオの特典CDにのみ音源が収録されているため、今作で初めて正式にCD化となった。

なお、本作のカセット盤がDISC1と2で別々に発売されている(海賊版ではない)。アミューズビクタータイシタマークも刻印されているが、発売元はビクターでは無くユニバーサルミュージックである。カセット盤ではCD盤には無い撮りおろしの写真や、ディスコグラフィーなども歌詞カードに付録されている。なお、こちらのカセット盤は、中国を拠点とした発売方式であり、勿論公式には除かれている。歌詞カードは通常盤をそのまま使っており、日本語である。

また、このアルバムのCMには当時まだ無名だった「パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ」(パパイヤ鈴木は当時本名の鈴木寛の名義)が出演しており[6]、彼らは同年の渚園での野外コンサートにも出演した。コンサートに出演した模様は同年発売のビデオDVD『1998 スーパーライブ in 渚園』に収録され、このCMは2004年発売のPV集『ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)』に収録されている。

2017年9月時点でTSUTAYAにおいて累計328万回以上がレンタルされ、同時点でTSUTAYAにおけるベスト盤のレンタル回数では歴代5位である[7]

チャート成績[編集]

1998年7月6日付のオリコンチャートで初週100.4万枚を売り上げて、発売1週間で100万枚を突破した。2002年7月29日付の同チャートで累計売上枚数が300万枚を突破し[8]、現在は累計348.9万枚(2013年現在・オリコン調べ)を売り上げ[9]、サザンとしては2015年現在でシングルアルバム含め自身最高のセールスとなっている。

シングル「TSUNAMI」が大ヒットした2000年、サザンが活動を再開した2003年などは特に高い売上を記録した。現在でもロングヒットを続け『バラッド3 〜the album of LOVE〜』とともに売上を伸ばし続けている。また、サザン無期限活動停止が発表された2008年5月19日を集計期間に含む2008年6月2日付のオリコンチャートでは再び『バラッド3』とともにトップ100内に返り咲いた[10]。オリコンチャートに登場した作品で、初動が100万枚以上でチャート登場週数が100週を超えた作品はこの作品が初で、2枚組以上の作品としては現在日本最大の売上である[11]

オリコンによる本作の登場回数は466回である[12]

受賞[編集]

収録曲[編集]

  • DISC1はSEA SIDE、DISC2はSUNNY SIDEとされているが、基本的に発売順であるため特に意味は無い。
  • 収録曲は各作品で説明しているため、ここでは説明を省略する。タイトル表記は基本的にオリジナル収録時のものに従った。
  • ☆は“稲村オーケストラ”名義であるもの。

DISC-1 〜SEA SIDE〜[編集]

  1. 勝手にシンドバッド
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:斉藤ノブ & サザンオールスターズ 管編曲:Horn Spectrum
    1978年発売の1枚目シングル。
  2. いとしのエリー
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:新田一郎
    1979年発売の3枚目シングル。
  3. C調言葉に御用心
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:新田一郎)
    1979年発売の5枚目シングル。
  4. 栞(しおり)のテーマ
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    1981年発売の13枚目シングル。
  5. いなせなロコモーション
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    1980年発売の8枚目シングル。
  6. 夏をあきらめて
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生
    1982年発売の5枚目アルバム『NUDE MAN』収録曲。
  7. チャコの海岸物語
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生)
    1982年発売の14枚目シングル。
  8. 匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生)
    1982年発売の15枚目シングル。
  9. 鎌倉物語
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:大谷幸
    1985年発売の8枚目アルバム『KAMAKURA』収録曲。
  10. Bye Bye My Love (U are the one)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & リアル・フィッシュ)
    1985年発売の22枚目シングル。
  11. ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:新田一郎)
    1984年発売の20枚目シングル。

  12. (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎)
    1984年発売の7枚目アルバム『人気者で行こう』収録曲。
  13. みんなのうた
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 小林武史
    1988年発売の24枚目シングル。
  14. 希望の轍
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & 小林武史)
    1990年発売の10枚目アルバム『稲村ジェーン』収録曲。
  15. 忘れられた Big Wave
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 門倉聡
    1990年発売の9枚目アルバム『Southern All Stars』収録曲。

DISC-2 〜SUNNY SIDE〜[編集]

  1. 真夏の果実
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 小林武史)
    1990年発売の28枚目シングル。
  2. YOU
    (作詞・作曲:桑田佳祐 英語補作詞:Tommy Snyder 編曲:サザンオールスターズ)
    1990年発売の9枚目アルバム『Southern All Stars』収録曲。
  3. シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
    (作詞・作曲:桑田佳祐 英語補作詞:Tommy Snyder  編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    1992年発売の30枚目シングル。
  4. 涙のキッス
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    1992年発売の31枚目シングル。
  5. さよならベイビー
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 門倉聡)
    1989年発売の26枚目シングル。
  6. エロティカ・セブン EROTICA SEVEN
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 編曲補:片山敦夫)
    1993年発売の32枚目シングル。
  7. 素敵なバーディー (NO NO BIRDY)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 編曲補:片山敦夫)
    1993年発売の33枚目シングル。
  8. そんなヒロシに騙されて
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    1983年発売の6枚目アルバム『綺麗』収録曲。
  9. マンピーのG★SPOT
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    1995年発売の35枚目シングル。
  10. あなただけを 〜Summer Heartbreak〜
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:山本拓夫 & サザンオールスターズ)
    1995年発売の36枚目シングル。
  11. Moon Light Lover
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:山本拓夫 & サザンオールスターズ)
    1996年発売の12枚目アルバム『Young Love』収録曲。
  12. 太陽は罪な奴
    (作詞・作曲:桑田佳祐 英語補作詞:Tommy Snyder 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:中西俊博 & サザンオールスターズ)
    1996年発売の38枚目シングル。シングルバージョンはアルバム初収録。
  13. 恋のジャック・ナイフ
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    1996年発売の37枚目シングル「愛の言霊 〜Spiritual Message〜」カップリング曲。12thアルバム『Young Love』に収録されているバージョン。
  14. 愛の言霊 〜Spiritual Message〜
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ SAX SOLI編曲:山本拓夫)
    1996年発売の37枚目シングル。
  15. 平和の琉歌
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    本作唯一の新曲。ライブビデオ『平和の琉歌 〜Stadium Tour 1996 "ザ・ガールズ万座ビーチ" in 沖縄〜』の特典シングルとして発表されていたために、正式にはこれが初CD化となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サザンオールスターズ、iTunes Storeチャート100位中47曲を占める! BIGLOBEニュース 2014年12月18日閲覧
  2. ^ ビルボード・ジャパン 2008年 年間ランキング 2015年3月13日閲覧。
  3. ^ 2015年度年間 アルバムランキングトップ100 レコチョク 2015年12月8日閲覧
  4. ^ 2016年年間アルバムランキング レコチョク 2016年12月8日閲覧
  5. ^ 2003年10月度ゴールド認定作品 日本レコード協会 2015年10月22日閲覧
  6. ^ ユーミンと仕事し体重倍増…パパイヤ鈴木“暴飲暴食”秘話 日刊ゲンダイ 2016年10月31日閲覧
  7. ^ TSUTAYA_TAMADEのツイート (910692749078290432)
  8. ^ コブクロベスト盤が300万枚突破、サザン『海のYeah!!』以来7年10ヶ月ぶり~ボーカルグループ史上初~ オリコン 2016年1月7日閲覧
  9. ^ 【オリコン】サザン『海のYeah!!』が3年ぶりTOP100 復活発表で再浮上オリコンスタイル・2015年4月8日閲覧
  10. ^ サザンの名盤続々上昇~『海のYeah!!』が3年9ヶ月ぶりのTOP50入り オリコン 2016年1月7日閲覧
  11. ^ 【オリコン】桑田佳祐、ソロ・アーティストとして史上2人目の5作連続1位!2015年6月23日閲覧。
  12. ^ 海のYeah!! オリコンスタイル 2017年10月8日閲覧
  13. ^ 第13回日本ゴールドディスク大賞 日本ゴールドディスク大賞 2017年3月2日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]