ラチエン通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラチエン通り(ラチエンどおり)は、神奈川県茅ヶ崎市にある茅ヶ崎市道の通称。別名、桜道、郷境。

菱沼海岸付近から望む烏帽子岩
元パシフィックホテル近辺から望む烏帽子岩

概要[編集]

国道1号TOTO研究所の脇)から、国道134号の元パシフィックパーク茅ヶ崎(現・パシフィックガーデン)まで伸びる茅ヶ崎市道(google マップ)。2001年2月に、正式な道路通称名となった。

通りの名は、ドイツの貿易商のルドルフ・ラチエンが、1936年昭和11年)から住んだ邸宅に沿う道であったことに因む。ラチエンがこの道筋に並木を作ったことから桜道とも呼ばれる。

1663年寛文3年)、茅ヶ崎村と小和田村(後の松林村大字小和田)の間に漁業水域争いが起き、翌年、菱沼の手白塚から烏帽子岩を見通した線を村境とし、それぞれの漁場の境ともしたことから、村の境界、つまり郷境とも呼ばれる。

途中には東海道本線の「異人館踏切」があるが、この名はラチエン邸とは関係ない。海岸に向かって行くと、烏帽子岩が正面に見える。周囲の砂防林のために錯覚で大きく見えるので撮影スポットとして有名である。

楽曲[編集]

サザンオールスターズの楽曲で『ラチエン通りのシスター』があり、1979年アルバム10ナンバーズ・からっと』に収録されている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度19分40秒 東経139度25分13.6秒 / 北緯35.32778度 東経139.420444度 / 35.32778; 139.420444