世に万葉の花が咲くなり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世に万葉の花が咲くなり
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1991年10月 - 1992年8月
VICTOR STUDIO
猫に小判STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース 小林武史
サザンオールスターズ
チャート最高順位
  • 週間1位(4週連続、オリコン[1]
  • 1992年度年間7位(オリコン)
  • 歴代アルバム売上97位(オリコン)
ゴールドディスク
サザンオールスターズ 年表
稲村ジェーン
1990年
世に万葉の花が咲くなり
(1992年)
HAPPY!
1995年
『世に万葉の花が咲くなり』収録のシングル
  1. シュラバ★ラ★バンバ
    リリース: 1992年7月18日
  2. 涙のキッス
    リリース: 1992年7月18日
テンプレートを表示

世に万葉の花が咲くなり』(よにまんようのはながさくなり)は、サザンオールスターズの11枚目のオリジナル・アルバム1992年9月26日発売。発売元はタイシタレーベル

後に1998年5月22日2008年12月3日の計2回再発売されている。

解説[編集]

公式にはサザンオールスターズ名義のオリジナルアルバムとなっている前作『稲村ジェーン』は、同名映画サウンドトラックであり、既発曲も収録されているため厳密には『Southern All Stars』以来約2年8ヶ月ぶりのオリジナルアルバムとなる。

収録曲数は16曲。「亀が泳ぐ街」が収録されていることもあり、桑田佳祐は製作中に『ミュージック・スクエア』内で「今回は2枚組になるかも」と話していたが、結果的に収録時間は72分(当時の12cmCDの収録時間は74分まで)ギリギリ1枚に収められた。収録曲は16曲となり、2枚組の『KAMAKURA』は除き、オリジナルアルバムとしては当時サザン最多の曲数であった。規格がLPからCDへ変わり、業界の流れがそうなったことも影響している。しかし、現物としてのLP盤が存在しないにもかかわらず、1998年の再発時の初回プレスでは、LPジャケットを模した紙ジャケットで発売された。これは実際にLP版が存在していたそれまでのアルバムが、すべてそのような再発形態になったことに合わせたものである。初回プレスには、それに加え小林武史によるライナーノーツが封入されている。

1988年辺りからシングル作品を中心にアレンジャーとして参加していた小林武史が本格的に参加。編曲にもほぼ全般で加わっている。編曲者のクレジットでも、『Southern All Stars』まで“サザンオールスターズ & 小林武史”であったのが、“小林武史 & サザンオールスターズ”と小林が先導した名義になっている。また、小林にはインストゥルメンタル作成でのクレジットもついており、曲によってはイントロや、間奏のメロディ作成も担当したことが分かる。

途中ベース関口和之が休養に入りレコーディングに参加していない為か、敢えてベースにシンセベースを利用した曲が多く、ドラムが打ち込みになっている曲が存在する等、デジタル音が多くなっているのが本アルバムの特徴である。また、ベースは桑田が原曲作りに使用したり、小林が演奏した曲もあり、関口復帰後の楽曲でも桑田がベースを演奏した曲が存在する。B'z松本孝弘は、本作を自身の中で好きなアルバムとして挙げている。

タイトルの長さから「世に万」「万葉」などと略されることもあるが、桑田のラジオ番組桑田佳祐のやさしい夜遊び』の中では、本作を「よさく」と略したことがある。無論北島三郎の代表曲「与作」を捩ったものである。また、仮タイトルは「万葉集」の予定であったが、後のことを考え、現在のタイトルに落ち着いたといわれる。

CDラベルは雑誌の切抜きを散りばめたようになっているが、これは実際に桑田が一晩かけて新聞や雑誌等の文字を切り抜き製作したもの。当時サザンは北京でのライブが決定しており、ファンクラブ「SAS応援団」の会員へ向けて、切り抜き文字を用いた招待状を送っていた。その招待状の最後の一節がそのままアルバムタイトルとなり、切り抜き文字がCDラベル・歌詞カードにも使用された。招待状の全文は以下の通り。 『秋の民族大移動へご招待 日中の 歴史の交流は数あれど わらわの世代は音楽で 未来に微笑む顔と顔 北京ダックをご一緒に 世に万葉の花が咲くなり 平成の詩人』

ジャケットにはタイトルおよびアーティスト名はなく赤地にさまざまな色の絵の具を垂らした風変わりなものである。

ちなみに本作の再発盤では、サポートメンバーの菅坡雅彦の名前が“菅坂雅彦”と誤ってクレジットされている。またリマスタリング盤では、帯においては14曲目の「ホリデイ ~スリラー「魔の休日」より」が「ホリディ ~スリラー「魔の休日」より」と若干曲名表記が異なっているが、歌詞カードではオリジナル通りの表記となっている。

プロデューサーの小林武史が同作品の紙ジャケット発売時にライナーノーツを掲載しており、「非常にクオリティの高いアルバム」と評価しつつ、その中で特に未だ新鮮さを失わない曲に「HAIR」「ブリブリボーダーライン」「亀が泳ぐ街」の3曲を挙げている。

アルバムリリース直後に行われた全国ツアー『歌う日本シリーズ19921993』の際に会場で販売されたパンフレットには、16曲をイメージした、16人のイラストレーターによる16枚のイラストと共に、桑田による曲の解説も記載された。

亀田誠治はこの頃からの桑田の作風を仏教用語や熟語などのフレーズが登場するようになったと指摘し、「“純和風“になっていった」と評している[2]

チャート成績[編集]

本作は4週連続1位を記録し、累計179.4万枚(オリコン調べ)を売り上げて[3]日本レコード協会からはダブルミリオンの認定を受け、オリコン集計でもオリジナルアルバムとしては3作連続ミリオンセラーを記録した。

受賞[編集]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。
  1. BOON BOON BOON 〜 OUR LOVE [MEDLEY](4:01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ
    メドレー楽曲。歌詞の内容はオペラ用語やフランス語イタリア語などを基にし、日本語との言葉遊びでアレンジしたものである。男女の肉欲がテーマで、歌詞にあるコブラとは、男性器を指した桑田考案の隠語
  2. GUITAR MAN'S RAG (君に奏でるギター)(4:53)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    タイトル中の「RAG」とはラグタイムのこと。ギターを女性の体に例え、時に激しく、時に優しく奏でる事がテーマ。
  3. せつない胸に風が吹いてた(4:23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    TBS特別番組39時間テレビ』テーマ曲。
    学生時代、音楽サークルの大勢の仲間達が、「もう遊んでいられない」「所詮は憧れ。音楽なんかで食っていけるわけがない」と、就職活動などでバンドから次々と離れていった時の寂しさを唄った曲で、桑田作の楽曲としては数少ない友人へ向けた歌詞になっている。そのため、アップテンポではあるがバラードベストアルバムバラッド3 〜the album of LOVE〜』にも収録された。
  4. シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA(5:00)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    同年発売の30枚目のシングル。
  5. 慕情(3:38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ/弦編曲:桑野聖
    「失恋」をテーマとしたスローテンポのバラード。『バラッド3』にも収録、『HAPPY!』の最終曲でもある。今作で初めて使われた歌詞「慕情」は、「無情」と共にその後の作品にも度々登場している。桑田は、サビが浮かんだときは「神が降りてきた」と思ったという。Bank Band沿志奏逢3でカバーしている。
  6. ニッポンのヒール(3:51)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    歌い方、歌詞ともにボブ・ディランを強く意識したもので、社会を風刺した曲。
  7. ポカンポカンと雨が降る (レイニー ナイト イン ブルー)(3:42)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    原由子ボーカル曲。
  8. HAIR(4:54)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    3連リズムのバラード。イントロ無しのアコースティックギターの伴奏のみで始まるが、中盤からはストリングスブラス等が加わっていく。歌詞中には「〜にて塗るらん」などアルバムタイトルのように古典を思わせる表現がある。『バラッド3』にも収録された。桑田は作曲を基本的にギター、稀にピアノで行うが、本曲はベースで作ったとの事。
  9. 君だけに夢をもう一度(4:56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    30枚目のシングル「シュラバ★ラ★バンバ」のカップリング曲
  10. DING DONG (僕だけのアイドル)(4:02)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    女に対する男の「支配欲」を唄ったロリータ・コンプレックスがテーマ。アルバムリリース後のツアー以降、長い間演奏されていなかったが、2004年の年越しライブ『暮れのサナカ』では1曲目として久々に演奏された。
  11. 涙のキッス(4:44)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    「シュラバ★ラ★バンバ」と同発の31枚目のシングル。
  12. ブリブリボーダーライン(3:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ/管編曲:村田陽一
    語感重視の歌詞で、ところどころに性に関する隠語が隠されている。ライブでは比較的よく演奏され、サビでは「みんなのうた」同様、観客が両手を左右に振るのが定番であるが、2000年代に入ってからはライブで披露されることが少ない。
  13. 亀が泳ぐ街(7:04)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ/管編曲:山本拓夫
    歌詞は昭和30年代の、高度経済成長の真っ只中にある東京の情景を、ノスタルジックにでは無くかなり生々しい表現で唄っている。ビートルズの「ヤー・ブルース」(ジョン・レノン曲)を桑田は大変気に入っており、その和風オマージュともとれる(コード進行や雰囲気が似ている)。
    演奏時間は7分4秒(リマスターエディションより)にも及び、当時サザンオールスターズの楽曲では最長であった。曲調はローテンポであり、あまり重宝される曲ではなかった。桑田がインタビューの中で「ライブでこの曲が始まると客が一斉にトイレに行く」などと語っている。しかし桑田や小林は気に入っている曲であり、限定盤ベストアルバムHAPPY!』収録時に桑田は「この曲を再生時にスキップできないように加工したかった」と冗談を交えてその思いを語っている。
  14. ホリデイ ~スリラー「魔の休日」より(4:00)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    31枚目のシングル「涙のキッス」のカップリング曲。
  15. IF I EVER HEAR YOU KNOCKING ON MY DOOR(4:40)
    (作詞:Tommy Snyder/作曲:桑田佳祐/編曲:小林武史 & 桑田佳祐)
    全英語詞曲で、サザンでは初のトミー・スナイダー単独の作詞曲。「忘れられた Big Wave」と同様のア・カペラ曲で、桑田の声を8人分重ねた多重録音で編集されている。基本的にア・カペラ曲であるが、曲の後部にはコンガの演奏、最後の部分での音のSEが入って次曲に繋いでいる。
    全英語詞なのは、本作を表現するには日本語では表現できない、しっくり来ないからとのこと。
  16. CHRISTMAS TIME FOREVER(4:20)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/英語補作詞:Tommy Snyder/編曲:小林武史 & サザンオールスターズ)
    丸井「'92 ○|のクリスマス;」キャンペーンソング。
    1980年のシングル「シャ・ラ・ラ」以来となるクリスマスソング。翌年発売のシングル「クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)」が純粋なクリスマスソングであるのに対し、この曲は世界の平和を願うことを歌ったクリスマスソングとなっている。そのため、コンセプトとしてはジョン・レノン&オノ・ヨーコの『Happy Xmas (War Is Over)』に近いものである。また、間奏では合唱として“少年少女合唱団みずうみ”が参加している。

参加ミュージシャン[編集]

BOON BOON BOON 〜 OUR LOVE [MEDLEY]
GUITAR MAN'S RAG (君に奏でるギター)
  • 佐橋佳幸 - ギター
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
せつない胸に風が吹いてた
  • 佐橋佳幸 - ギター
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
慕情
ニッポンのヒール
  • 小倉博和 - ギター
  • 八木のぶお - ハーモニカ
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
ポカンポカンと雨が降る (レイニー ナイト イン ブルー)
  • 小倉博和 - ギター
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
HAIR
  • 根岸孝旨 - ベース
  • 山本拓夫 - バリトン & テノール・サクソフォーン、フルート
  • 荒木敏男 - トランペット
  • 村田陽一 - トロンボーン、ユーフォニアム
  • 桑野聖 - ヴァイオリン
  • 庭田薫 - ヴァイオリン
  • 大久保祐子 - ヴァイオリン
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
君だけに夢をもう一度
DING DONG (僕だけのアイドル)
  • 佐橋佳幸 - ギター
  • 包国充 - テノール・サクソフォーン
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
涙のキッス
ブリブリボーダーライン
  • 山本拓夫 - バリトン & テノール・サクソフォーン、フルート
  • エリック宮城 - トランペット
  • 菅坡雅彦 - トランペット
  • 村田陽一 - ユーフォニアム
  • 竹野昌邦 - テノール・サクソフォーン
  • 佐藤潔 - チューバ
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
亀が泳ぐ街
  • 荒木敏男 - トランペット
  • 村田陽一 - ユーフォニアム
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション
ホリデイ ~スリラー「魔の休日」より
  • 角谷仁宣 - コンピュータ・オペレーション
CHRISTMAS TIME FOREVER
  • 小倉博和 - ギター
  • 少年少女合唱団みずうみ - コーラス
  • 角谷仁宣 - コンピュータ & シンセサイザー・オペレーション

再発売[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【オリコン】桑田佳祐、ソロ25年初のアルバムV3 オリコンスタイル 2015年7月18日閲覧。
  2. ^ 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」P94より。 角川書店 2011年。
  3. ^ サザンオールスターズ 売上別TOP10&主な記録 オリコン 2015年1月22日閲覧

外部リンク[編集]