LINDBERG V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
LINDBERG V
LINDBERGスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル PUBLIC IMAGE RECORDS
プロデュース 月光恵亮
Joey Carbone
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1992年度年間16位(オリコン)
LINDBERG 年表
EXTRA FLIGHT
1991年) 
LINDBERG V
1992年
FLIGHT RECORDER 1989-1992 -little wing-
(1992年)
『LINDBERG V』収録のシングル
  1. 恋をしようよ Yeah! Yeah!
    リリース: 1992年4月22日
  2. Magical Dreamer
    リリース: 1992年11月13日
テンプレートを表示

LINDBERG V』(リンドバーグ・ファイブ)は、日本ロックバンドであるLINDBERGの5枚目のオリジナルアルバム

1992年5月22日発売。発売元は徳間ジャパンのPUBLIC IMAGE RECORDSレーベル。

解説[編集]

5枚目のオリジナルアルバムで、ロサンゼルスで初の海外レコーディングが施され、ブックレットにはその模様の写真が多数収録されている。このアルバム以降、作詞は全曲渡瀬マキが担当することになる。

平川、川添、小柳の3人は、ロスでのスタジオや楽器の音が、これまでと違うことに感動していたが、渡瀬はロスでの生活でのストレスなどの影響により、声が出なくなるなど、レコーディングが大変だったことを語っている[1]

オリコンチャートでは、3週連続の1位を獲得[2]。初回限定は箱入り仕様で、青、赤、白と3色の色違いが存在した。

収録曲[編集]

  1. 赤い自転車
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 平川達也
  2. Magical Dreamer
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 平川達也
    12枚目のシングル曲。後にこのバージョンより以前にレコーディングしていたバージョンがシングルカットとなった。NHK連続アニメ 「ヤダモン」オープニング曲。
  3. Bye Bye WILD JET BOY
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 川添智久
  4. 風のない春の午後
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 川添智久
  5. 青いかけら
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 平川達也
  6. 気まぐれYoung Lovers
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 小柳昌法
  7. 恋をしようよ Yeah! Yeah!
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 川添智久
    10枚目のシングル曲。コカ・コーラCF曲。この曲で、同年末に初の紅白歌合戦の出場を果たした。
  8. INNOCENT SKY
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 小柳昌法
  9. この空にちかって
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 小柳昌法
    12枚目のシングルのC/W曲。後にこのバージョンより以前にレコーディングしていたバージョンがシングルカットとなった。NHK連続アニメ「ヤダモン」エンディング曲
  10. フォトグラフ
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 平川達也
  11. Over The Top
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 小柳昌法
    ミズノCMソング。柔道谷亮子(当時:田村亮子)は、バルセロナオリンピックの大会でこの曲を応援歌にしていた。
  12. 日曜日はドライブ日和り
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 川添智久
    • 作詞: 渡瀬マキ 作曲: 平川達也
    1分58秒と、非常に短い曲。

脚注[編集]

  1. ^ 『月刊カドカワ 1993年10月号 -総力特集 リンドバーグ 真実のエネルギー-』「メンバー全員によるリンドバーグ全アルバム解説 -LINDBERG V-」(P72)より
  2. ^ 1992年6月1日-6月15日付のチャートより