勝手にシンドバッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝手にシンドバッド
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『熱い胸さわぎ (#1,#2)』
B面 当って砕けろ
リリース
規格 7インチレコード('78,'03)
8cmCD('88,'98)
12cmCD('03,'05)
デジタル・ダウンロード
録音 1978年4月7日 - 5月
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクター音楽産業
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1978年度年間23位(オリコン)
  • 週間1位(2003年盤・オリコン)[1]
  • 2003年7月度月間2位(2003年盤・オリコン)
  • 2003年度年間23位(2003年盤・オリコン)
  • 週間4位(ザ・ベストテン
  • 1978年度年間23位(ザ・ベストテン)
サザンオールスターズ シングル 年表
勝手にシンドバッド
(1978年)
気分しだいで責めないで
(1978年)

この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜
2000年

勝手にシンドバッド
2003年

涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜
(2003年)
熱い胸さわぎ 収録曲
勝手にシンドバッド
(1)
別れ話は最後に
(2)
テンプレートを表示

勝手にシンドバッド」(かってにシンドバッド)は、サザンオールスターズデビューシングル1978年6月25日発売。発売元はビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント) / Invitation

1988年6月25日CD化、1998年2月11日にも8cmCDとして再発。2003年6月25日にはデビュー25周年の記念として特例のボックスセットを発売、2005年6月25日にも12cmCDで再発され、計4回再発売されている。

解説[編集]

本作のオリジナル盤では、メンバーでドラムス松田弘の名前が“松田ヒロシ”とクレジットされている。再発売盤や、以降の作品ではクレジットが全てが松田弘となっている。

2003年には、リマスタリングを施した通常の12cmマキシシングルによる再発売盤。更には当時のEP盤を限りなく忠実に再現した7インチのアナログ盤も発売されている。さらに初回限定盤はオリジナルデザインのジョギング・シャツ、「シャイなハートのルージュ色」(歌詞のフレーズに由来、低確率で「金」または「銀」もあり)のサンバホイッスル、直後に発売が迫っていた2年半ぶりの新曲「涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜」の告知チラシ[2]、デビュー当時のビクターによる宣伝広告チラシ、桑田直筆の仮歌詞も封入された『勝手にシンドバッド 胸さわぎのスペシャルボックス』としてボックス仕様として発売された。シングル・EP共に限定生産、ボックス仕様も同年のデビュー25周年にちなみ、25万セット限定で発売された。

発売当初はPVが存在していなかったが、2003年の再発時には、プロモーション用に過去のライブ映像を組み合わせたPVが制作された。後2008年の30周年時には、同じく過去のライブ映像を組み合わせた別パターンのPVが制作されたが、こちらには脱退した大森隆志が出演しない編集が施されている。

チャート成績[編集]

2003年に発売した再発売盤はオリコン週間ランキングで1位を記録した。オリジナル盤の最高位3位を更新し、オリジナルシングル発売から約25年を経てオリコンチャート1位を記録するという前人未到の快挙を成し遂げ、オリジナル盤と再発盤を合わせて、累計80.6万枚(オリコン調べ)を売り上げた[1][3]

オリコンのシングルTOP10獲得週間数では、本作が13週獲得しており、自身の中では「いとしのエリー」「TSUNAMI」に次いで3番目に長い[4]

受賞[編集]

収録曲[編集]

  1. 勝手にシンドバッド
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:斉藤ノブ & サザンオールスターズ 管編曲:Horn Spectrum
    アサヒ三ツ矢サイダーCMソング。また、日本テレビドラマおとなの夏休み』第1話の主題歌。
    アルバム『海のYeah!!』のCMソングにも使用されている[6]
    発売以降しばらくはバンドとしてこの曲のイメージからの脱皮や仕事の忙しさに苦悩することとなる。この後一時ノイローゼ気味になった事は桑田自身も語っている。
    歌詞には茅ヶ崎江ノ島湘南が登場し、この事からも「サザン=湘南」というイメージを一般に与える事となるが、桑田は戦略的に歌詞に加えた訳ではなく、身近にある地名を歌詞に入れただけだったので、湘南のイメージが付く事は本人達にとっても予期せぬ事であった。
    タイトルは、当時のヒット曲沢田研二の「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」を「2つくっつけただけ」[7]のもので、人気番組『8時だョ!全員集合』の「少年少女合唱団」コーナーで、1977〜78年頃の志村けんのネタの1つ『勝手にシンドバッド』(上記2曲を無理やり1曲にして両方の振り付けを踊るがだんだん無茶苦茶になっていくというギャグ)を拝借した事に由来している[8][9]
    TBSバラエティ番組水曜日のダウンタウン』で企画として「曲タイトルをサビに使うアーティストランキング」を発表し、また曲中にタイトルがまったく出てこない曲として、この歌が紹介された[10]
    イントロなしでいきなり「ラララ…」から始まる歌い出しだが、この「ラララ」は後から付け足されたもので、曲制作の段階では含まれていない部分だった。また、この部分について桑田は、スティービー・ワンダーの「Another Star」を意識したと述べている[11]。イントロには、完成盤の1番終了後の間奏に重なって聴こえるドラムのフィルが使われていたが斉藤ノブの「無い方がいい」というアドバイスでカットとなった。また、テンポも発表されたものよりもゆっくりで、「ザ・ピーナッツの『恋のバカンス』のような曲調をイメージして作った」と桑田が発言している。ここまで曲が変わったのは斉藤ノブのアレンジのためである、とメンバーの原由子は語っている。また、当時の世界の趨勢はセックス・ピストルズの登場によるパンク・ロックの台頭が顕著であり、少なからずその影響がうかがえる。
    歌詞の「胸騒ぎの腰つき」については当時のディレクターから「意味が分からない」と指摘され、「胸騒ぎ残しつつ」や「胸騒ぎのアカツキ」といった意味の通りそうな言葉を提案されたものの桑田が「絶対大丈夫だから」と説得しそのまま使われたという逸話がある[12]
    早口言葉で何を歌っているのか分からない歌詞に、当時の石本美由起日本作詩家協会会長が「日本語の良さを無視した内容」とヤリ玉に挙げ「こんなに詞が乱れて先行きどうなるのか?」と心配し、それまでテレビ放送していなかった『日本作詩大賞』をNHK総合で放送し(第11回)、世間に歌謡詞の見本を示そうとした[13]
    桑田と親交のある小林克也はこの曲の歌詞を「ひとつの小説と同じような動きになっている」と評しており、「スーッと車が近づいてきて、<砂まじりの茅ヶ崎>から始まって、パッと自分の心の景色が見えてくる。それって、ちょっと「トンネルを抜けると雪国であった」っていう、川端康成の『雪国』みたいじゃないですか」「<胸さわぎの腰つき>っていうのは、小説だったら何ページにもわたって描写するところを、たったひと言で描写しているような気がして。彼の歌詞を見ていると、少ない言葉で、いろんなものが、すごく活き活きと描かれているんですよね」「突然<今何時>って言葉が出てくるけど、あれは映画や小説で、カットがパッと変わって、突然アップになったり、回想シーンになったりするような感じに近い。あの曲は、3分とか4分という短い時間のなかに、そういうものが、すごくたくさん入っているような気がするんだよね」と述べている[14]
    TVBGMなどで使われることも多い。
    ライブではデビュー以来様々なアレンジで演奏されており、アレンジは年々長尺になって観客とのコールやレスポンス、桑田のハンドマイクでの怒涛の煽りがかつては恒例であった。近年では、桑田もギターを弾き、スタンドマイクで唄いほぼオリジナルのまま演奏されているが、観客とのコールやレスポンスは健在である。なお、桑田はファンから寄せられた楽曲のエピソードとして自身の憧れの存在であるジョン・レノンが軽井沢でこの曲をたまたま聴いた際に「ハッピー」と感想を述べたと教えられたと語っている。
    いわゆる「夏うた」としても有名であり、2014年7月25日に放送した「ミュージックステーション3時間スペシャル 日本の夏うた 昭和vs平成BEST30」では、昭和部門で1位を獲得した。2009年にも同番組で同じ企画を放送しており、その時のランキングも1位を獲得している。
    1990年には、嘉門タツオ(当時・達夫。芸名の名付け親は桑田である)がこの楽曲をカヴァーし、「勝手にシンドバッド」としてシングル発売された。しかし、実際の内容はセリフが大半であり、作品化を嘉門が桑田に直談判した際も、桑田は難色を示しながらしぶしぶ承諾したという。また、パロディ曲として、タモリの「勝手にダイドコロ」(LP『タモリ3』収録)や所ジョージの「勝手に千葉でシンドバッド」(アルバム『コヨーテの夜』収録)がある。
  2. 当って砕けろ
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:Horn Spectrum)
    タイトルは公式にも「当たって砕けろ」と表記されることがあるが、こちらが正式なものである。曲終盤に登場する「Wanted!」のフレーズは当時流行していたピンク・レディーの同曲からとったものである。
  3. 勝手にシンドバッド (Instrumental)
    (作曲:桑田佳祐 編曲:斉藤ノブ & サザンオールスターズ 管編曲:Horn Spectrum)
    2003年盤のみ収録。サザンの楽曲が所謂カラオケ・バージョンとしてインストゥルメンタルで収録されるのは1979年カラオケアルバム『オリジナル・カラオケ・ベスト・12』以来であり、シングル盤としては唯一である。ちなみにEP盤は収録時間やオリジナルを再現するという前提であるため、収録されていない。

参加ミュージシャン[編集]

サポートミュージシャン

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 購買運動花開いた!「世界に一つだけの花」異例12年ぶり3位 スポニチアネックス 2016年1月26日配信・閲覧
  2. ^ 宣伝告知では全4曲収録とされており、「OH! FRESH!! 〜ドクダミ・スパークのテーマ〜」は収録が決定していたにも拘らずシークレットトラックになっていた。
  3. ^ サザンオールスターズ 売上別TOP10&主な記録オリコンスタイル 2015年2月18日閲覧
  4. ^ サザン、百恵超え! シングルのTOP10獲得週数記録を更新! オリコンスタイル 2015年10月20日閲覧。
  5. ^ 第11回日本有線大賞 日本有線大賞 2015年12月5日閲覧
  6. ^ ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)のブックレット「海のYeah!!」テレビCMより。2016年2月7日閲覧
  7. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』134頁、集英社文庫、1991年
  8. ^ 桑田佳祐、『Mステ』で作詞について語る「人様の歌詞って見たことなかった。でも……」 2ページ目リアルサウンド 2016年6月18日閲覧。
  9. ^ 1番ソングSHOW』(日本テレビ)2013年8月7日放送分。
  10. ^ SKE48とあのグループが同率1位!曲のタイトルとサビが同じアーティストランキング、意外な結果とは? イータレントバンク 2016年2月26日閲覧
  11. ^ TOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」1999年4月24日放送分より
  12. ^ 桑田佳祐「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」(1984年、新潮社、p24)
  13. ^ 永井晶子 『イエスタディ '60'S~'80'S―音楽記者の取材ノートから―』 CBS・ソニー出版1989年、182頁。ISBN 978-4789704472
  14. ^ 小林克也だから語れる、ソロ活動30周年を迎えた桑田佳祐の魅力cinra.net

関連項目[編集]

外部リンク[編集]