クロール (大沢誉志幸の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クロール
大沢誉志幸シングル
初出アルバム『LIFE
B面 Time passes slowly
リリース
規格 シングル
録音 1986年5月22、23、24日
恵比寿「Factory」
ジャンル ポップス
時間
レーベル EPICソニー
作詞・作曲 銀色夏生、大沢誉志幸
プロデュース 大沢誉志幸
木崎賢治小林和之
チャート最高順位
大沢誉志幸 シングル 年表
恋にjust can't wait
(1985年)
クロール
(1986年)
ゴーゴーヘブン
(1987年)
テンプレートを表示

クロール」は、大沢誉志幸の8枚目のシングル。1986年(昭和61年)5月21日EPICソニーよりレコード盤でリリースされた。

解説[編集]

同年発売のアルバム『LIFE』(CD盤)からの先行シングル曲。サビのオクターブが後半に何度か転調する曲である。シングル版とアルバム版は若干異なる。さらに、2011年(平成23年)には新たにアレンジを変えたセルフカバーがアルバム『水月鏡花』に収録された。

また、当時アサヒ飲料三ツ矢サイダー』のCMに起用されていた曲である。CMには富田靖子が出演しており、砂浜で帽子を追うものと、自転車で疾走するものと2パターンあった。大沢自身のテレビ出演は、リリース同年の6月11日にフジテレビの『夜のヒットスタジオ』でおこなわれた。

収録曲[編集]

  1. クロール(6分06秒)
    LPレコード盤のアルバム『LIFE』には未収録。
  2. Time passes slowly (4分05秒)
    LPレコード盤のアルバム『LIFE』には未収録。訳題は「時はのどかに流れてゆく」。

バージョン[編集]

  • シングルバージョン (6分06秒) - 編曲:ホッピー神山
    • 「クロール」シングル
    • THE LEGEND
    • 『TraXX -Yoshiyuki Ohsawa Single Collection-』
  • アルバムバージョン (6分09秒) - 編曲:ホッピー神山
  • 水月鏡花版セルフカバーバージョン (5分54秒) - 編曲:大澤誉志幸
    • 『水月鏡花』

参考資料[編集]