ガラス越しに消えた夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガラス越しに消えた夏
鈴木雅之シングル
初出アルバム『mother of pearl
B面 輝きと呼べなくて
リリース
規格 EP
ジャンル J-POP
レーベル EPICソニー
作詞・作曲 作詞:松本一起
作曲:大沢誉志幸
プロデュース 大沢誉志幸
チャート最高順位
鈴木雅之 シングル 年表
レディ・エキセントリック
ラッツ&スター
1985年
ガラス越しに消えた夏
1986年
ふたりの焦燥
(1986年)
テンプレートを表示

ガラス越しに消えた夏」(ガラスごしにきえたなつ)は、1986年(昭和61年)2月26日に発売された鈴木雅之ソロで1枚目のシングル

解説[編集]

1stアルバム『mother of pearl』と同時発売された。大沢誉志幸作曲・プロデュース。ギター演奏は布袋寅泰。作曲者・大沢自身も、のち1994年(平成6年)10月21日にカバーし、シングルとしてリリースした(「ガラス越しに消えた夏〔ストリングスバージョン〕」)。

「ガラス越しに消えた夏」はベスト・アルバム『MARTINI[1]にも収録されたほか、カラオケ・バージョンが、『MARTINI』[1]と同日発売のオリジナル・カラオケ・アルバム『MARTINI Instrumental Collection[2]に収録された。鈴木雅之の楽曲の中でも別テイクや別ミックス、リメイクが特に多い。

日清食品カップヌードルキャンペーンソングに起用され、現在はカップヌードルCMソングを集めたアルバムにも収録されている。また、小杉産業「'86ジャンセン」のCMソングにも起用された。

本作にて1991年(平成3年)、『紅白歌合戦』に初出場した。

収録曲[編集]

  1. ガラス越しに消えた夏
    作詞:松本一起、作曲:大沢誉志幸、編曲:ホッピー神山
  2. 輝きと呼べなくて
    作詞:柳川英巳、作曲:鈴木雅之・大沢誉志幸、編曲:ホッピー神山

カバー[編集]

大澤誉志幸による歌唱盤[編集]

ガラス越しに消えた夏
大沢誉志幸シングル
初出アルバム『I.D Y BEST COLLECTION
B面 プライベートホテル
リリース
規格 シングル
ジャンル バラード
時間
レーベル EPICソニー
作詞・作曲 松本一起、大沢誉志幸
プロデュース 大沢誉志幸
大沢誉志幸 シングル 年表
1/2の神話
(1994年)
ガラス越しに消えた夏
(1994年)
愛する能力(ちから)〜明日へ、未来へ〜
(1995年)
テンプレートを表示

鈴木雅之に楽曲提供した「ガラス越しに消えた夏」をセルフカバーした大沢誉志幸の24枚目のシングル。1994年(平成6年)10月21日EPICソニーよりリリースされた。ただしこのシングルバージョンは、同年7月21日に先行リリースされたアルバム『Collage』収録のアルバムバージョンとはアレンジが異なる。また、2008年(平成20年)に別バージョンも作られた。

大沢のEPICでのシングルリリースは本作が最後である。

収録曲[編集]

  1. ガラス越しに消えた夏 (4分41秒)
  2. プライベートホテル (5分59秒)
    • 作詞:安藤秀樹/作曲:大沢誉志幸/編曲:大沢誉志幸
      こちらも鈴木雅之に楽曲提供したもののセルフカバー。

バージョン[編集]

  • シングル・ストリングスバージョン (4分41秒) - 編曲:服部克久 
    • I.D Y BEST COLLECTION』(1998年)に収録。
    • 『TraXX -Yoshiyuki Ohsawa Single Collection-』(2010年)に収録。
  • アコースティックバージョン (5分27秒) - 編曲:大沢誉志幸
    • 『Collage』(1994年)に収録。
  • 夕凪バージョン (6分00秒) - 編曲:URU/ストリングスアレンジ:弦一徹
    • 『Season's greetings II ~夕凪~』(2008年)に収録。

脚注[編集]

  1. ^ a b 1991年6月1日発売 Epic/Sony Records CD:ESCB-1145
  2. ^ 1991年6月1日発売 Epic/Sony Records CD:ESCB-1149