PINK (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PINK
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1983年 - 1989年
レーベル EPIC SONY
(1984年 - 1985年)
MOON RECORDS
(1985年 - 1989年)
事務所 渡辺プロダクションヒップランド
メンバー 福岡ユタカボーカル
岡野ハジメベース
矢壁アツノブドラム
ホッピー神山キーボード
渋谷ヒデヒロギター
逆井オサムギター
スティーブ衛藤パーカッション

PINK(ピンク)は日本ロックバンド1983年結成、1989年凍結[1]

来歴[編集]

ビブラトーンズに在籍した福岡ユタカ矢壁アツノブホッピー神山を中心として前身バンドおPINK兄弟が結成される[1]

当初メンバーは流動的だったが、やがて三人に加え、東京ブラボー岡野ハジメ爆風銃スティーブ衛藤[2]ショコラータ渋谷ヒデヒロというメンバーが固まり、1983年にPINKとしてデビューした[1]。その音楽性は「無国籍サウンド」と形容された[1]

1986年には、『アドリブ』誌で「'85年ベスト・レコード日本のポップ・ソング部門」第1位(同率首位3組)となった[3]。同年にはイギリスのRIMEレコードからEPをリリースしている[1]

3rdアルバム『PSYCHO-DELICIOUS』までは福岡がほとんどの作曲を担当していたが、4thアルバム『CYBER』からは岡野やホッピーも作曲を行うようになり、スティーブの脱退を経て、5th『RED & BLUE』ではほとんど各自のソロのような状態になり、その後まもなく活動を「凍結」した[1]

メンバー[編集]

人名 パート(ライブ) パート(レコーディング) 備考
福岡ユタカ ボーカル
ギター
ボーカル
キーボード
作詞
作曲
岡野ハジメ ベース ベース
キーボード
ボーカル(4thアルバム以降)
作詞
作曲
矢壁アツノブ ドラム ドラム
作曲
ホッピー神山 キーボード キーボード
ボーカル(4thアルバム以降)
作詞
作曲
渋谷ヒデヒロ ギター ギター
作詞
1987年脱退
スティーブ衛藤 パーカッション パーカッション
コーラス
1988年脱退
逆井オサム ギター ギター
作曲
1988年加入

サポートメンバー[編集]

レコーディングに参加したミュージシャン[編集]

エピソード[編集]

  • 福岡ユタカは「エンちゃん」、矢壁アツノブは「カメちゃん」と呼ばれていた[1][4]
  • 矢壁アツノブは学生時代王様と「ハートブレイカーズ」というバンドを結成していた。
  • サザンオールスターズのアルバム『人気者で行こう』に収録された「開きっ放しのマシュルーム」はPINKを聴いて感動した桑田佳祐が彼らにリスペクトした曲。
  • ショコラータ(岡野ハジメ、渋谷ヒデヒロが在籍)はPINKの兄弟バンドと福岡ユタカ談。
  • 過去アップルコンピュータ(現アップル)のホームページ上でTHE BOOM宮沢和史が「PINKのファンでコピーしていた」と語っていた。
  • ホッピー神山の「ホッピー」の由来はノンアルコール飲料の「ホッピー」。
  • 大沢誉志幸のシンガー活動最後のライブでPINKのメンバーが集結。
  • 「NAKED CHILD」のベースは左手にタオル巻いて演奏。
  • TRAカセットマガジンに「Young Genius」の原型 (歌詞が違う。時間が短い。4ch録音) が収録されている。
  • 「TRAVELLER」で夜のヒットスタジオDXに出演した際、「キョンキョンのファンです」と発言。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

オリジナルアルバム[編集]

ベストアルバム[編集]

BOXセット[編集]

  • PINK BOX(2013年5月22日) - オリジナルアルバム全5枚、リミックスアルバム「FINAL MIX」、未発表音源「TRAVELLER」[5] を収録し、デジタルリマスタリングを施した7枚組。

プロモーションCD[編集]

  • PLEASURE(未発売)

ライブ[編集]

  • 1983年
    • ツバキ・ハウス
    • LIVE−INN
    • パルコ・パート3 etc.
  • 1985年
  • 1986年
    • "RADICAL CHIC CIRCUIT"
      1. 3月29日(土) 東京・中野サンプラザ
      2. 4月8日(火)京都会館第2ホール
      3. 4月10日(木)広島県民文化センター
      4. 4月11日(金)熊本郵便貯金会館
      5. 4月12日(土)福岡・都久志会館
      6. 4月15日(火)名古屋市芸術創造センター
      7. 4月16日(水)金沢・金沢市文化ホール
      8. 4月18日(金)新潟・新潟県民会館小ホール
      9. 4月21日(月)札幌・札幌道新ホール
      10. 4月23日(水)仙台・仙台電力ホール
      11. 5月1日(木)高知県民グリーンホール
      12. 5月3日(土)大阪・厚生年金会館中ホール
    • "ANN CALL" at 日比谷野音に参加。近田春夫と共演。(6月8日
    • LIVE at 亜細亜大 (6月29日
    • "The 3rd Summer Exciting" at 後楽園ホール(Opening Act. ちわきまゆみ 7月26日
    • "POP HILL" at 石川県森林公園に参加 (8月3日
    • PSYCHO−DELICIOUS ACT-0(LONDON・BUSBY’S 10月7日
    • イギリスのTV、ラジオのためのGIG(at 渋谷エピキュラス 10月17日
    • LIVE at 名古屋市立大学 (11月3日
    • LIVE at 明治大学 (11月4日
    • PSYCHO-DELICIOUS ACT-I(大阪厚生年金会館ホール 12月18日・渋谷公会堂 12月21日
  • 1987年
    • PSYCHO-DELICIOUS ACT-II(大阪厚生年金会館ホール 他 2月24日 - 4月5日
    • LIVE at 光ヶ丘IMAホール 2ND SYNDOROME(5月27日
    • LIVE "PINK STICK" at INK STICK(9月16日
    • PSYCHO-DELICIOUS ACT-III(大阪厚生年金会館ホール 他 10月30日 - 12月21日
  • 1988年
    • PSYCHO-DELICIOUS ACT THE FINAL(渋谷公会堂 11月5日・大阪MODA HALL 11月7日 11月8日
      1. MOONSTRUCK PARTY
      2. DANCE AWAY
      3. ILLUSION
      4. YOUNG GENIUS
      5. ZEAN ZEAN
      6. SOLAR ECLIPSE
      7. SOUL FLIGHT
      8. 人体星月夜 II
      9. SHADOW PARADISE
      10. PRIVATE STORY
      11. CLIMB,BABY CLIMB
      12. 二人の楽園
      13. FOREVER AND EVER
      14. DON'T STOP PASSENGERS
      15. SCANNER
      16. HIKARI−NO−KO
      17. ELECTRIC MESSAGE
      • ENCORE
      1. TOKYO JOY
      2. ヒネモス
      3. 青い羊の夢
      4. 砂の雫
      5. YOUNG GENIUS (大阪のみ?)

関連グループ[編集]

PINK結成前のメンバー在籍グループ[編集]

PINK凍結後のメンバー在籍グループ[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『PINK BOX 所収ブックレット』、ワーナーミュージック・ジャパン、2013、EAN 4943674138609
  2. ^ ホッピー神山もビブラトーンズの前に爆風銃に参加している
  3. ^ 『ADLiB』1986年1月号、スイングジャーナル社。
  4. ^ ビブラトーンズ在籍中の両者の名義が「土肥座円陣」、「やかべカメオ」だったことにちなむ。
  5. ^ DAYDREAM TRACKS」に未発表のReflections、水の都、Solar Eclipse(ライヴ版)、Don't Stop Passengers(シングル版、初CD化)、Doctor-D Rock(リミックス、未発表)、Traveller(リミックス、初CD化)を追加。

関連項目[編集]