その気×××(mistake)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
その気×××(mistake)
大沢誉志幸シングル
初出アルバム『CONFUSION
B面 CAB DRIVER
リリース
規格 シングル
録音 パワー・ステーション
ジャンル ポップファンク
時間
レーベル EPICソニー
作詞・作曲 銀色夏生、大沢誉志幸
プロデュース 木崎賢治小林和之
チャート最高順位
大沢誉志幸 シングル 年表
ハートブレイク・ノイローゼ
(1984年)
その気×××(mistake)
(1984年)
そして僕は途方に暮れる
(1984年)
テンプレートを表示

その気×××(mistake)」(そのきミステイク)は、大沢誉志幸の4枚目のシングル。1984年(昭和59年)4月1日EPICソニーよりレコード盤でリリースされた。

解説[編集]

同年発売のアルバム『CONFUSION』からの先行シングル曲。ただしシングル版とアルバム版は若干異なる。さらに、2008年(平成20年)にはデビュー25周年を記念して、新たな2種類のアレンジでセルフカバーされ、アルバム『Season's greetings II 〜夕凪〜』に収録された。

また、資生堂の1984サマー・キャンペーン・イメージソングとして、ファンデーション・サンフレアのCMに起用された。CMのキャッチフレーズは、「この夏、その気。サンフレアで夏を遊ぶ」で、イメージ・モデルはセリナだった。この楽曲のヒットにより、大沢はテレビに初出演し、リリース同年の6月18日にフジテレビ系『夜のヒットスタジオ』で、生パフォーマンスを披露した。なお、同日には来日していたガゼボも出演していた。

収録曲[編集]

  1. その気×××(mistake) (4分16秒)
  2. CAB DRIVER (5分01秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    アルバム『SCOOP』に収録されている楽曲。

バージョン[編集]

「その気×××(mistake)」にはいくつかのバージョンが存在し、各アルバム・シングルに収録されている。

  • シングルバージョン (4分16秒) - 編曲:大村雅朗
    • 「その気×××(mistake)」シングル
    • 『TraXX -Yoshiyuki Ohsawa Single Collection-』
  • アルバムバージョン (4分30秒) - 編曲:大村雅朗
  • 25th ver.(セルフカバー) (4分15秒) - 編曲:大澤誉志幸、村田陽一ホーン・アレンジ)
    • 『Season's greetings II 〜夕凪〜』
  • Acoustic ver.(セルフカバー) (4分28秒) - 編曲:大澤誉志幸
    • 『Season's greetings II 〜夕凪〜』

参考資料[編集]

外部リンク[編集]