小滝みつる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小滝みつる
Mitsuru Kotaki Profeel Photo.jpg
2015年6月17日club asia
基本情報
出生名 小滝満
生誕 1959年7月15日
出身地 日本の旗 日本 岡山県
職業 ミュージシャン
担当楽器 シンセサイザー
共同作業者 シネマ
戸川純とヤプーズなど

小滝みつる(こたきみつる、1959年昭和34年)7月15日[1] - )は、日本のミュージシャンキーボーディスト、サウンド・プロデューサー、作曲家。旧表記は小滝 満(読み同じ)。

略歴[編集]

1959年、岡山県に生まれる[1]。3歳の頃よりピアノを学び、中学生頃からラジオで聞いた「ピンク・フロイド」、「T・レックス」、「ノイ!」、「カン」などのプログレロックに影響を受ける[1]。大学在学中にバンド「シネマ」を結成し、1980年(昭和55年)にムーンライダース鈴木慶一プロデュースアルバム『MOTION PICTURES』により、シネマのメンバーとしてCBSソニーからデビューした[1][2]

1985年(昭和60年)頃、「戸川純とヤプーズ」にキーボーディスト及び作曲者として参加する[1]。以降は大沢誉志幸のバンドでソングプロデューサー等を務めたり、知人の依頼でアングラ演劇のBGMを担当、キティレコードでは富樫明生のプロデュースも務めた[1]。これらの縁により音楽ディレクターから声がかかり、1991年(平成3年)に劇場公開された『うる星やつら いつだってマイ・ダーリン』の劇伴音楽(サウンド・トラック)を担当した[1][2]。他に作品制作に関与したものとして、「メトロファルス」、「eX」、「宙也&De-LUX」、「LOVE DYNAMITES(w.いまみちともたか)」、小泉今日子泉谷しげる松田優作久宝留理子夏木マリ、「沢田研二&EXOTICS」、「筋肉少女帯」、本木雅弘、「DEAD-END」、「黒夢」、金子マリ森園勝敏などが挙げられる[2]

1988年(昭和63年)、バンドとDJMCの融合による新たな表現スタイルを目指した「ECSTASY BOYS」に入り、1994年(平成6年)にマーク・カミンズ英語版のプロデュースで“HOLY SPIRIT DANCE”が世界的に販売された[2]。後には「NOMBRES」、「TRUMA」、「頭脳警察」などに参加したほか、2014年(平成26年)からは「サニー久保田とオールド・ラッキー・ボーイズ」に参加している[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『うる星やつら コンプリート・ミュージック・ボックス ブックレット』梅崎正行、池上隆之、キティレコード、1994年12月1日、7頁。
  2. ^ a b c d e 小滝みつる”. サニー久保田とオールド・ラッキー・ボーイズ. Luck.co.LTD. 2021年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]