CONFUSION (大沢誉志幸のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CONFUSION
大沢誉志幸スタジオ・アルバム
リリース
録音 アルファスタジオ
パワー・ステーション
ジャンル ロック
ポップス
時間
レーベル EPICソニー
プロデュース 木崎賢治小林和之
大沢誉志幸 年表
SCOOP
1984年
CONFUSION
(1984年)
Frenzy
1984年
『CONFUSION』収録のシングル
  1. その気×××(mistake)
    リリース: 1984年4月1日
  2. そして僕は途方に暮れる
    リリース: 1984年9月21日
テンプレートを表示

CONFUSION』(コンフュージョン)は、大沢誉志幸の3作目のスタジオ・アルバム1984年(昭和59年)7月10日EPICソニーよりLPレコード盤及びカセット・テープでリリース(CDは同年8月1日に後発)された。ヒット曲の「そして僕は、途方に暮れる」が収録されている。1993年(平成5年)にはデジタルリマスター盤CDで再リリースされた。現行盤は2013年(平成25年)にソニー・ミュージックダイレクトよりリリースのBlu-spec CD2となっている。

解説[編集]

録音はアルファスタジオと、ニューヨークパワー・ステーション・スタジオで行われた。なお、当時大沢がレコード作りにニューヨークに行っている時、所属事務所から連絡が来て、「今、渡辺プロダクションでは全力挙げて吉川晃司に金を掛けているので、海の物とも山の物とも分からない奴に金を掛けていられない。帰ってきなさい」と言われ、突然レコーディングが打ち切られたという[1]。その後、大沢が自身の資金を投じて、大沢単独でレコーディング作業を済ませた。

演奏は、トニー・レヴィンベース)、ミッキー・カリードラムス)、エイドリアン・ブリューエディ・マーティンG. E. スミスギター)、ジェリー・ゴンザレスパーカッション)、トミー・マンデル富樫春生キーボード)、レニー・ピケット矢口博康サックス)、松武秀樹シンセサイザー・プログラマー)などが担当している。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 備考
1 1984年7月10日 EPICソニー LPCT 28・3H-132 (LP)
28・6H-112 (CT)
2 1984年8月1日 EPICソニー CD 35・8H-22
3 1993年10月1日 EPICソニー CD ESCB 1459 1993年デジタルリマスター仕様
4 2013年4月10日 ソニー・ミュージックダイレクト Blu-spec CD2 MHCL 30024 名盤復刻版
2013年デジタルリマスター仕様

収録曲[編集]

  1. CONFUSION (3分44秒)
    作詞・作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    • 今作のリリースから数年間行われた'80年代のコンサートで、冒頭に歌われることが多かった曲である。
    • 2008年(平成20年)には、デビュー25周年を記念したアルバム『Season's greetings〜春〜』に、「CONFUSION(25th ver.)」(編曲:URU)として、ジャズアレンジされて収録された。
  2. そして僕は、途方に暮れる (4分55秒)
    作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    • シングル盤とは若干異なるアレンジになっている。アルバム版がオリジナルバージョン。ベスト・アルバムFrenzy』にもこのバージョンが収録されている。
  3. 雨のタップダンス (3分36秒)
    作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  4. Free wayまで泣くのはやめろ (3分41秒)
    作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    • 初回CD版の背面ジャケットの曲目には、理由は不明だが「Free wayまで泣くのは」と表記されている。
    • シングル「そして僕は途方に暮れる」のB面曲。
  5. その気×××(mistake) (4分30秒)
    作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    • シングル盤とは若干異なるアルバムバージョン。ベスト・アルバム『Frenzy』にもこのバージョンが収録されている。
  6. Living Inside (3分34秒)
    作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  7. 彼女の向こう側 (4分25秒)
    作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  8. ダーリン小指を立てないで (3分57秒)
    作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  9. BROKEN HEART (5分02秒)
    作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  10. ウーレイ (3分44秒)
    作詞・作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「大沢誉志幸20000字インタヴュー」(聞き手:渋谷陽一)『ロッキング・オン・ジャパン ロッキング・オン』VOL.8(1988年1月増刊号に掲載)

参考資料[編集]