うる星やつら いつだってマイ・ダーリン

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うる星やつら > うる星やつら (アニメ) > うる星やつら いつだってマイ・ダーリン
うる星やつら
いつだってマイ・ダーリン
監督 山田勝久
脚本 高屋敷英夫
金春智子
原作 高橋留美子
製作 多賀英典
出演者 古川登志夫
平野文
松井菜桜子
古本新之輔
音楽 小滝満
主題歌 UL-SAYS「BEGIN THE 綺麗」
撮影 山口仁
編集 森田編集室
・松本裕
・髙山智江子
・森田清次
製作会社 キティ・フィルム
マッドハウス
配給 アルゴ・プロジェクト
公開 日本の旗 1991年11月2日
上映時間 77分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 うる星やつら 完結篇
テンプレートを表示

うる星やつら いつだってマイ・ダーリン[注 1]』(うるせいやつら いつだってマイ・ダーリン、英名表記:Urusei Yatsura Always My Darling)は、高橋留美子原作の漫画うる星やつら』のTVアニメ制作10周年を記念して制作された劇場版オリジナル長編アニメーション。1991年11月2日公開。

概要

『うる星やつら』劇場版アニメシリーズ通算第6作となる本作は、『うる星やつら』TVアニメ制作10周年記念として制作されたオリジナル作品である。10周年記念イベント(1991年8月18日に、日本武道館で開催)で先行上映されたのち、同年11月2日に一般公開された。

本作のアニメーション制作は、当時のOVAを手掛けていたマッドハウスが担当している[1]。TVシリーズ(1981年版)の放映が終了してから制作された作品であるため、従来のTVシリーズ、および『うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー』までの劇場版作品とキャラクターデザインが異なる。

2022年現在では『うる星やつら』劇場版アニメの最新作となっており、2008年に『うる星やつら ザ・障害物水泳大会』が制作、公開されるまでは『うる星やつら』最後のアニメ作品となっていた。

あらすじ

いつものように、ガールハントに精を出していたあたる。そこへルピカという宇宙人の美少女が現れた。ルピカはあたるを誘い、あたるは案の定付いて行ってしまう。

ルピカは幼馴染のリオという豆腐屋の少年に好意を抱いていた。リオは、裕福な家庭のルピカと自分とでは身分不相応と思っており、ルピカに近寄らない。業を煮やしたルピカは、神殿星にある「究極の惚れ薬」を求め、リオに飲ませようとしていた。だがこの薬は「宇宙一の煩悩の持ち主」でないと手に入れることができないという代物で、ルピカがあたるを連れて来たのは、この「宇宙一の煩悩の持ち主」である、あたるを利用するためであった。この惚れ薬のことを知ったあたるは、自身のハーレムを作るために利用しようと密かに企んでいた。

一方ラムは、ルピカに連れ去られたあたるを取り返しに、弁天達と共に宇宙へと向かう。

ラム達に救出されたあたるは惚れ薬を持って地球に帰還。しかしあたるはどさくさに紛れてラムに惚れ薬を飲まされ、ラムを見るまいと必死に抵抗する。その最中に現われたルピカをあたるは見てしまい、惚れ薬の効果でルピカの名前を連呼するばかりの状態になってしまった。ラムはあたるがそうなってしまったことに責任を感じ、自分の行動を悔やんで、ほれ薬の入った瓶を割ってしまう。一方ルピカは偽物のほれ薬を持っていってしまったため、リオに飲ませても薬の効き目はなく、振り向いてもらうことができない。ラムは薬の効き目を打ち消す方法を探すため、ほれ薬のことを教えてくれた占い師にその方法を聞く。その占い師によると満月の日にほれ薬が染み込んだ地面から月の滴草が生えてきてその花の蜜を飲ますと元に戻すことができるという。ラムは月の雫の花を手に入れるため、地球へ。ラムは花を手に入れるもリオを惚れさせるために、月の滴草を求めるルピカに奪われてしまう。

登場人物

ゲストキャラクター

『うる星』本編では珍しかったアラビアンナイト風のデザインで統一されている。

ルピカ
声 - 松井菜桜子
自称「大宇宙の姫君」で、ある星の女王(星名は不明)。年齢は17歳。幼なじみのリオに恋心を抱いていたが、彼は一介の豆腐屋に過ぎず、ルピカ自身は気にしていないがリオがそのことを気にして、ルピカに近づこうとしない。業を煮やしたルピカは、神殿星にある「究極の惚れ薬」を利用しようとする。しかしそれは「宇宙一の煩悩の持ち主」の力がなければ取ることができない。そこで、コンピューターによって選ばれたあたるを誘拐し、惚れ薬を手に入れるのだが、救出に来たラム、弁天の妨害にあい、惚れ薬もあたるに持っていかれてしまう。その後、地球で誤ってラムに惚れ薬を飲まされてしまったあたると最初に目が合い、しつこくあたるに追い回されることになるが、無事惚れ薬を持って逃走。しかしそれはラムがあたるを罠にかけるために作った偽物で、リオに飲ませたものの効果はなく、再び地球に向かうが、本物の惚れ薬は自分がやってしまった事を悔やんだラムにより叩き壊された後だった。惚れ薬がしみ込んだ地面から一晩だけ生えてくる「月の滴草」の蜜を飲めば、あたるは元に戻る。しかしリオに飲ませればリオはルピカに夢中になる。ルピカはラムから月の滴草を奪うが、弁天、お雪によりリオが人質にとられる。最後はラムが月の滴草をあたるに飲ませ元に戻し、リオはルピカに想いを伝えて結ばれ、母星に帰っていく。気の強い女性で、常にバズーカを所持しており、事あるごとに乱射する。そのことからラムにバズーカ娘と呼ばれていた。
リオ
声 - 古本新之輔
ルピカの幼なじみ。小さい頃からよく一緒に遊んでいたルピカに好意を抱かれ、彼自身もルピカのことが好きだったが、豆腐屋と女王ではあまりに身分の差が大きく、悩んでいた。地球でルピカとラムが壮絶な空中戦を繰り広げた時には弁天、おユキに人質に取られ、ルピカに「好きだ」と言うように脅される。その後ルピカが空中から転落した際には、弁天らによって拘束されていた荒縄を引きちぎってルピカを助けに行き、目が覚めた後に地上でルピカにプロポーズした。
隊長
声 - 田の中勇
長くルピカの城に仕える。背は小さいが他の隊員と共にルピカの手助けをする。ルピカがなぜ惚れ薬を手に入れようとしていたか最後になってやっとわかり、他の隊員から「さすが隊長だ」と尊敬されていた。ルピカの婿探しにも何かと手を焼く(彼が用意したお見合い写真の中に、プリムと結婚しているはずの地底のプリンスの写真があった)。


スタッフ

主題歌

「BEGIN THE 綺麗」
作詞 - 松井五郎 / 作曲・編曲 - 羽田一郎 / 歌 - UL-SAYS(from T.P.D
米光美保篠原涼子穴井夕子の3人によるT.P.Dのグループ内ユニットである。

サウンドトラック

CDのみ発売。

CD
発売日 タイトル 規格品番 発売元(レーベル) 備考
1991年10月25日 うる星やつら いつだって マイ・ダーリン オリジナルサウンドトラック[2] KTCR-1128 KITTY RECORDS
1991年12月21日 完全収録版『うる星やつら いつだってマイ・ダーリン』 オリジナルサウンドトラック ドラマ篇[3] KTCR-1148 CD2枚組
KTCR-1149

映像ソフト化 

LD

LD(レーザーディスク)は1998年6月17日に発売[4]

DVD

Blu-ray

2015年6月24日発売の「劇場版『うる星やつら』Blu-ray BOX」(規格品番:-1000544742)に収録されている[7][8]

同時上映作品

らんま1/2 中国寝崑崙大決戦! 掟やぶりの激闘篇!!
高橋留美子原作のアニメ『らんま1/2』の劇場版アニメシリーズ第1作目。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 実際の映像でのタイトル表記は『うる星やつら いつだって・マイ・ダーリン』であるが、本記事での表記はすべて記事名で統一する。

出典

  1. ^ 「うる星やつら いつだって・マイ・ダーリン」”. www.madhouse.co.jp. マッドハウス. 2022年12月10日閲覧。
  2. ^ 「うる星やつら~いつだって・マイ・ダーリン」オリジナル・サウンドトラック - CDJournal”. artist.cdjournal.com. 音楽出版社. 2022年12月10日閲覧。
  3. ^ 「うる星やつら~いつだって・マイ・ダーリン」オリジナル・サウンドトラック・ドラマ編 - CDJournal”. artist.cdjournal.com. 音楽出版社. 2022年12月10日閲覧。
  4. ^ 【LD】劇場版 うる星やつら いつだってマイ・ダーリン 映画データベース”. allcinema. 2022年12月10日閲覧。
  5. ^ 劇場版 うる星やつら~いつだって・マイ・ダーリン (DVD)”. artist.cdjournal.com. 音楽出版社. 2022年12月10日閲覧。
  6. ^ 劇場版 うる星やつら~いつだって・マイ・ダーリン(ハイビジョン・ニューマスター版DVD)”. artist.cdjournal.com. 音楽出版社. 2022年12月10日閲覧。
  7. ^ 劇場版 うる星やつら Blu-ray BOX〈初回限定生産版・6枚組〉”. artist.cdjournal.com. 音楽出版社. 2022年12月10日閲覧。
  8. ^ 『うる星やつら』 待ちに待った劇場版・OVA BD-BOXが2015年発売決定”. アニメ!アニメ! (2014年11月14日). 2022年12月10日閲覧。

外部リンク