島津冴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しまづ さえこ
島津 冴子
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本神奈川県伊勢原市
生年月日 (1959-09-08) 1959年9月8日(59歳)
血液型 A型
身長 162 cm
職業 女優声優ナレーター
事務所 フリー
配偶者 あり
活動
活動期間 1980年 -
デビュー作 三日月ナナ(『タイムパトロール隊オタスケマン』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

島津 冴子(しまづ さえこ、1959年9月8日 - )は、日本女優声優ナレーターである。プロダクション・エムスリーを経て、フリー神奈川県伊勢原市出身。文化学院文学部演劇科卒。既婚。身長162cm。 血液型A型星座おとめ座

経歴[編集]

父が長男で、しかも最初の子供だったので、とても大切に育てられたものの身体が弱く、幼稚園には半分ほどしか通えず、小学校中学校高等学校も家から通える地元の近所にあるところへ通っていた。

デビュー作は1980年の『タイムパトロール隊オタスケマン』(三日月ナナ役)(初期は水島裕と共演することが多かった)。

1990年代にかけて、サンライズ系ロボットアニメでのヒロイン・恋敵・妖艶な悪女や変態キャラと大半の作品に出演しており、芸域を広げた。

戦闘メカ ザブングル』から『機動戦士ガンダムΖΖ』まで、富野由悠季総監督の作品の常連出演者だった。

高橋留美子作品への出演も多く、『うる星やつら』(三宅しのぶ役)を筆頭に、『めぞん一刻』(黒木小夜子役)や『らんま1/2』(九能小太刀役)などの長期シリーズに数多く登場。

1982年からは田中真弓と共に、ラジオ番組『アニメトピア』の2代目パーソナリティを約1年半担当。番組は下ネタを多用するなど汚れ系に徹する田中と、主には清純派的な立場として語りつつも、時折田中に便乗する島津の掛け合いを演じた。

京成3700形電車北総開発鉄道7300形電車の乗車促進アナウンスを担当している。

現在の主体はナレーション業である。

エピソード[編集]

業界に入った時にはまだ高校生だったので、初めての時は怖くて「お母さんと事務所に行った」と90年代のラジオ番組で語った。神谷明とは『うる星やつら』で共演して以降、恋人役、幼馴染役、夫婦役などで共演することが非常に多い。

ゲーム好きで、出演する作品がシリーズ物である場合はその過去作品をまずプレイし、作品の魅力や世界観を把握した上でプレイ時に感じ得た感覚を収録にフィードバックし、発売後にもプレイすることで役の最終チェックをするという。『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』収録時に陶山章央と共演した際に初対面の陶山に以前から島津の出演作を見ていてファンだと言われ、セリフ収録時には『サクラ大戦シリーズ』では先輩に当たる陶山にフォローしてもらったという。

『機動戦士Ζガンダム』、『うる星やつら』、『らんま1/2』、『アイドル天使ようこそようこ』などで共演した先輩声優の鈴置洋孝が大好きだったと語っている。「アニメトピア」の番組内で「あこがれのプラムリバー」という話がしばしば取り上げられ、当時の番組関係者だった人とのエピソードが、同番組の本の中で紹介されている(「食事をして、送ってもらうだけのデートは、もういや!」と、島津本人が激怒したというエピソードも載っている)。

地元の伊勢原市で行われる太田道灌まつりで、島津がファンだったオパールパーカッションとの共演を果たしたことが、「アニメトピア」の番組内で本人の口から語られている。演劇に熱中していた学生時代、同級生の男子学生や近隣の大学の男子学生から憧れのマドンナ的な存在であった。

『Ζガンダム』での声優変更[編集]

島津は1985年から1986年にかけて放送されたテレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』にフォウ・ムラサメ役で出演していた。同作は2005年に『機動戦士Ζガンダム A New Translation』として劇場アニメ化されたが、劇場アニメ化にあたりテレビ版から20名以上に上る大幅な声優の変更が行われ、その中で島津もフォウ役から外れた(劇場版ではゆかながフォウ役を引き継いだ)。

このことについて島津の公認ファンサイトにて島津の手記が公開された。手記では「総監督、音響監督両名の許可を取っての公開」と前置きした上で、音響監督藤野貞義が島津と連絡がとれなかったためにオーディションを受けられなかったことなど、細かい経緯の説明がなされた[1][2]

手記の中で「フォウは冴子にしかできない」「予め残すオリジナルキャストが決まっていて、その中にフォウも入っていた」と発言していたとされる総監督富野由悠季だったが[3]、後に「『Ζ』を新訳にするにあたり、復刻映画にするつもりは全くなく、主人公カミーユ・ビダン役の飛田展男でさえオーディションで改めて選び直した」「当初はアムロやシャアも含めたキャスティングの総入れ替えも検討していた」「ファースト以来のキャラクターとのバランスを考え懐かし映画にしないためフォウやサラには若い声が必要だった」とする、前述の島津の手記とは異なる内容の説明が富野自身から語られた[4]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1997年

1998年

1999年

2000年

  • 週刊ストーリーランド(山岸栄子)

2001年

  • 週刊ストーリーランド(女医)

2003年

  • 名探偵コナン(雨城瑠璃)

2004年

OVA[編集]

1985年

1986年

1987年

1988年

  • 宇宙の戦士(クレア伍長)
  • うる星やつら 怒れシャーベット(三宅しのぶ
  • うる星やつら 渚のフィアンセ(三宅しのぶ
  • レイナ剣狼伝説(マイラ)

1989年

  • アーシアン(あや)
  • うる星やつら 月に吠える (三宅しのぶ
  • うる星やつら ヤギさんとチーズ(三宅しのぶ
  • うる星やつら ハートをつかめ(三宅しのぶ

1990年

1992年

1993年

1995年

1997年

  • 神秘の世界エルハザード2(ミーズ・ミシュタル)

1998年

  • 万能文化猫娘DASH(夏目晶子

2003年

2004年

2010年

劇場アニメ[編集]

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1991年

1997年

2004年

ゲーム[編集]

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1997年

1998年

1999年

  • SDガンダム GGENERATION-ZERO(フォウ・ムラサメ)

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2008年

2011年

2012年

  • 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇(ラグ・ウラロ)

2013年

2014年

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

1982年

  • ふたりの部屋 『気分はだぼだぼソース』日本の異様な結婚式について

1985年

ドラマCD[編集]

1993年

1994年

1996年

  • 創竜伝(レディL / パトリシア・セシル・ランズデール)

2002年

2005年

舞台[編集]

  • サクラ大戦歌謡ショウ「巴里花組特別ミニライブショウ (2001年8月13日・東京厚生年金会館)」(グリシーヌ・ブルーメール)
  • サクラ大戦ディナーショー (グリシーヌ・ブルーメール)
  • サクラ大戦武道館ライブ〜帝都・巴里・紐育〜 (2007年5月13日・日本武道館) [グリシーヌ・ブルーメール]
  • サクラ大戦巴里花組ライブ2009〜燃え上がれ自由の翼〜 (2009年12月26日 - 27日・青山劇場) [グリシーヌ・ブルーメール]
  • サクラ大戦巴里花組&紐育星組ライブ2010〜可憐な花々 煌く星々〜 (2010年12月10日 - 12日・青山劇場) [グリシーヌ・ブルーメール]
  • サクラ大戦武道館ライブ2〜帝都・巴里・紐育〜 (2011年10月7日・日本武道館) [グリシーヌ・ブルーメール]
  • サクラ大戦巴里花組ライブ2012〜レビュウ・モン・パリ〜 (2012年12月26日 - 29日・青山劇場) [グリシーヌ・ブルーメール]
  • サクラ大戦巴里花組ショウ2014〜ケセラセラ・パリ〜 (2014年2月13日 - 16日・天王洲 銀河劇場) [グリシーヌ・ブルーメール]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

その他[編集]

CD[編集]

  • スネークマンショー死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!」(1981年10月21日)
  • Velvet Moon(1993年6月21日)
  • あすか120% BURNING Fest Special Plus(1996年8月25日)
  • 御旗のもとに/花の巴里(2001年4月11日)
  • サクラ大戦3 ヴォーカルコレクシオン 巴里歌謡全集(2001年5月30日)
  • クリスマス巴里/天使の瞳(2005年12月7日)

出典[編集]

  1. ^ Saeko Shimazu Official Web Site 'Angel Voice' -Four/Zeta-”. Angel Voice. 2006年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月8日閲覧。
  2. ^ Saeko Shimazu Official Web Site 'Angel Voice' -Four/Zeta-”. Angel Voice. 2006年1月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月8日閲覧。
  3. ^ Saeko Shimazu Official Web Site 'Angel Voice' -Four/Zeta-”. Angel Voice. 2006年1月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月8日閲覧。
  4. ^ ΖガンダムII”. 機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-. 2013年2月8日閲覧。
  5. ^ うる星やつら”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月9日閲覧。
  6. ^ ゴールドライタン”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  7. ^ “ドン・ドラキュラ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/45.html 2016年5月3日閲覧。 
  8. ^ “大自然の魔獣バギ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/60.html 2016年5月3日閲覧。 
  9. ^ 機動戦士Ζガンダム”. メディア芸術データベース. 2016年11月23日閲覧。
  10. ^ うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー”. メディア芸術データベース. 2016年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]