ラムのラブソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラムのラブソング
松谷祐子シングル
リリース
ジャンル J-POPアニメソング
レーベル キャニオン
ゴールドディスク
  • 昭和56年度キャニオンレコード優秀ヒット賞受賞
チャート最高順位
テンプレートを表示

ラムのラブソングは、松谷祐子デビュー曲。1981年10月21日[1]日本シングルレコードとして発売された。 テレビアニメうる星やつら』の主題歌として制作され、同作の第1話から100話までのオープニングに使用され大ヒットした。B面曲は、同作の第1話から42話までエンディングに使用された「宇宙は大ヘンだ!」。

なお、JASRACでは正題が「うる星やつらのテーマ」と登録されているため、一部CDやメディアではこちらで表記されている場合がある。

本稿では、カバー曲などについても併せてここで扱う。

エピソード[編集]

  • 曲中の色っぽい声やくすくす笑いは、松谷祐子が恥ずかしくて出来なかったことから、作曲した小林泉美が声を担当している。
  • PCエンジンCD-ROM2用ソフト『うる星やつら STAY WITH YOU』の主題歌として使用されている。
  • 2000年以降は毎年様々な歌手によりカバーされている。2005年にはオムニバスアルバム『アニソンNo.1』で松谷祐子によりセルフカバーされている。
  • テレビドラマ『WATER BOYS2』のシンクロ曲として使用された。同サウンドトラックにも収録されている。
  • 「うる星やつら」の主題歌は、この後も何度か変わっているが、この曲は人気・知名度ともに圧倒的であり、テレビ等で『うる星やつら』の紹介がされる際は、必ずと言っていいほど、この「ラムのラブソング」がバックで流れる[要出典]
  • 浜崎あゆみ携帯電話着信メロディにしていることでも知られる[要出典]
  • GIGAメロの着メロランキングで、2004年度の年間77位、2005年度の年間70位。
  • カップリング曲の「宇宙は大ヘンだ!」の歌詞は『うる星やつら』に出てくる個性的なキャラクターが巻き起こす非日常な世界観をそのまま歌詞にしたもので、ここでは、それらのキャラクターをヘンとして、そのヘンが集まり、もっとヘンになるという本作の周囲を巻きこむドタバタ世界を的確に表現した歌詞内容である[要出典]
  • ジャレコから発売された業務用アクションゲーム『モモコ120%』ではこの曲がメインBGMとして使用された(その縁か、ファミコンへの移植の際にキャラクターを「うる星やつら」関連に差し替え『うる星やつら ラムのウェディングベル』と改題されている)
  • コナミの音楽ゲーム『pop'n music』でこの曲が版権曲として収録されていた。現在は削除されている。

収録曲[編集]

  1. ラムのラブソング
    作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:小林泉美、歌:松谷祐子
  2. 宇宙は大ヘンだ!
    作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:小林泉美、歌:松谷祐子

misonoによるカバー[編集]

うる星やつらのテーマ -ラムのラブソング-/「ミィ」
misonoシングル
A面 うる星やつらのテーマ -ラムのラブソング-
「ミィ」
リリース
規格 マキシシングル
録音 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 伊藤アキラ
小林泉美
misono
チャート最高順位
misono シングル 年表
end=START/終点〜君の腕の中〜
(2009年)
うる星やつらのテーマ -ラムのラブソング-/「ミィ」
(2009年)
私色/僕らスタイル
(2009年)
テンプレートを表示

うる星やつらのテーマ -ラムのラブソング-/「ミィ」」は、2009年9月23日発売のmisonoの14thシングルである。 9月23日に『カバALBUM』と共に発売された。同アルバムに収録されているメドレー中でも同曲をカバーしているが、アレンジが異なる。『スッキリ!!』のインタビューで「何故この曲をカバーしたのか」と聞かれた所、「姉である倖田來未が「キューティーハニー」をカバーしてブレイクした為、それに便乗してアニメの曲をカバーしたら売れるだろうと思った」と答えている。

2009年10月31日に開催された『ヘキサゴンファミリーコンサート2009』で、ソロでこの曲を披露している。

オリジナルアルバム『Me』には、「「ミィ」」のみが、「「ミィ」 〜Me Ver.〜」として収録された。

収録曲[編集]

CD
  1. うる星やつらのテーマ -ラムのラブソング- [3:00]
  2. 「ミィ」 [4:06]
    • 作詞・作曲:misono / 編曲:藤田顕
  3. うる星やつらのテーマ - ラムのラブソング-(instrumental)
  4. 「ミィ」(instrumental)
DVD
  1. うる星やつらのテーマ - ラムのラブソング- (Video Clip)
  2. misonoと歌おう!アニメドレーI (Video Clip)

その他のカバー[編集]

上記のmisono以外にも、多数のアーティストなどによってカバーされている。また、ピアノやオルゴール演奏のみといったボーカル無しのバージョンもあるが割愛する。

1982年
1983年
  • 華娃 - 鄭錦富の作詞による広東語のカバー。曲名は「山T女福星」。香港の亜洲電視で放映された「うる星やつら」の広東語版(タイトル「我是山T女福星」)の主題歌。小人国製作中心の企画アルバム『醒目仔時間歌曲精選』『1986卡通穿梭30首』に収録。
1984年
  • MIO - カバーアルバム『MIO アニメベストセレクション 〜エルガイムより〜』に収録。
1986年
  • 平野文 - アルバム『Fumiのラムソング』でカバー。
1997年
  • DJ TAKAWO & SET - オムニバスアルバム『アニテクノ THE COMPLETE BEST』でメドレー曲の内の1曲でカバー。
  • 嘉門達夫 - シングル「アニメ替え唄スーパーメドレー」で替え歌として歌われている。
  • TWO-B-FREE - アルバム『ANIGROOVE』でカバー。
1998年
  • アニメタルレディー - アルバム『アニメタル・レディー・マラソン』でメドレー曲の内の1曲でカバー。
2000年
  • KAKO - オムニバスアルバム『アニパラ』でカバーした。『アニパラBEST & MORE』(2001年)にも収録されている。
2001年
  • Gemini - シングル「沖のニシン/ラムのラブソング」でカバー。テレビ東京系『大調査!!なるほど日本人』エンディングテーマ。
  • MA-U - オムニバスアルバム『ユーロ・美少女伝説』でカバー。
2002年
  • HEAVY HITTER♂ - アルバム『アニメどパンク甲子園』でカバー(タイトルは「うる星やつらのテーマ」になっている)。
  • Kaco - アーケードゲーム『pop'n music7』からのカバー、サントラ『pop'n music 7 AC CS pop'n music 5』に収録されている。
2003年
  • KENETEK - オムニバスアルバム『アニメTRANCE』でカバー。
2004年
2005年
  • エイプリルズ - スプリットシングル「Orangenoise shortcut/エイプリルズ」でカバー。
  • 夏川純 - アルバム『姫TRANCE アニメPARTY』でカバー。
  • maruyama kumi - オムニバスアルバム『アニメSPEED(ノンストップ・メガ・ミックス)』でカバー。CCCDだったため、2008年に通常のCDのものが発売された。
  • 宮城舞 - オムニバスアルバム『GALソン アニメ TRANCE PARTY』でカバー。
  • 松谷祐子 - オムニバスアルバム『アニソンNO.1』で本人によるセルフカバー。
  • MUH〜 - アルバム『ビタミン☆MUH〜』でカバー。
  • 森口博子 - NHK-BS『アニメ主題歌大全集』で代理出演でカバーしている。メディア化はされていない。
2006年
  • 北出菜奈 - カヴァーミニアルバム『Cutie Bunny 〜菜奈的ロック大作戦 コードネームはC.B.R.〜』及びアルバム『I scream』に収録。『I scream』収録版はオリジナルと雰囲気の違うアレンジが施されている。
  • 小坂りゆ - 音楽配信限定で発売。
  • 高野健一 - ミニアルバム『YES.』でカバー。
  • 中澤優子 - シングル「ジェニーはご機嫌ななめ」でカバー。石丸電気限定で発売された。
2007年
  • 伊瀬茉莉也 - オムニバスアルバム『百歌声爛-女性声優編』でメドレー曲の内の1曲でカバー。
  • 後藤今日香(後藤叶圭) - オムニバスアルバム『Anime Covers Collection Vol.2 -美少女アニメ編-』でカバー。
  • 斉藤沙也香 - オムニバスアルバム『GALトラ アニメPARTY』でカバー。
  • 下田麻美 (双海亜美・真美) - アルバム『THE IDOLM@STER YOUR SONG』でカバー。通販のみ。一般販売としては『MASTER ARTIST 06』に再録された。
  • 鈴木まりえ - シングル「アニソンカバーシリーズ ラムのラブソング」でカバー。
  • ぷちでぃーば(林奈々子武石あゆみ岩本小百合、妻鹿綾) - アルバム『ぷちでぃーばのミッションリターンズCD「狼なんか怖くない」』でカバー。
  • 松来未祐 - オムニバスアルバム『百歌声爛-女性声優編』でメドレー曲の内の1曲でカバー。
  • マキ凛花と服部正太郎- オムニバスアルバム『BOSSANIMATION』でカバー。
  • 真殿光昭 - オムニバスアルバム『百歌声爛-男性声優編』でメドレー曲の内の1曲でカバー。
  • 桃井はるこ - アルバム『ファミソン8BIT』でカバー。
  • 山本梓 - シングル「あず☆トラ〜うる星やつら ラムのラブソング」でカバー。c/wに「宇宙は大ヘンだ!」を収録。
  • LONNY feat ☆あいるり★ - オムニバスアルバム『P-TRANCE vol.2』でカバー。
2008年
  • I'iwi - アルバム『ANIME HOUSE 01』でカバー。
  • 岩男潤子 - アルバム『ANIME ON BOSSA』でカバー。
  • カバーソング・ドールズ - アルバム『カバドル・アニソン COVER SONG DOLLS 3』でカバー。音楽配信のみ。
  • #9(スージーキュウ)- オムニバスアルバム『ベストヒット・スカニメーション』でカバー。音楽配信のみだったが『ザ・ベスト・オブ・SKAバー』でCDに収録された。
  • 響聖羅&一条つかさ - アルバム『キャバトラ』でカバー。
  • 田中こころ - オムニバスアルバム『ピコ萌え!Future8bitシリーズ3 8bitで未来旅行』でカバー。
  • DOMINO88 - オムニバスアルバム『僕らのアニソン!〜ロックでトリビュート〜』でカバー。『アニソマニア』にも収録されている。
  • 名塚佳織 - オムニバスアルバム『百歌声爛-女性声優編II』でメドレー曲の内の1曲でカバー。
  • 瑞田茉莉 - アルバム『シンクロニシティ』でカバー。音楽配信のみ。
2009年
  • アニパンク - アルバム『序』でカバー。
  • スコット・マーフィー - カバーアルバム『GUILTY PLEASURES LOVE』でカバー。
  • GASATSUMA - オムニバスアルバム『パチ☆ダンスコレクション 壱ノ舞』でカバー。配信のみ。
  • ジ・エミグランツ - アルバム『アニメ・ラヴァーズ』でカバー。
  • 腹八分 - アルバム『腹八分目のアニソン act 2』でカバー。
  • 平井堅 - 2008年12月24日に行われたライブで歌われ、DVD『Ken Hirai Films Vol.11 Ken's Bar 10th Anniversary』に収録されている。CD化はされていない。
2010年
  • AYAMI - アルバム『あやとり』でカバー。
  • うさ - オムニバスアルバム『アニメイティーズ -Anime Hits in 80's Disco Style』でカバー。
  • en-Ray - サントリー烏龍茶』のCMで中国語でカバー。2016年現在、CD化されていない。
  • 加護亜依 × Mr.Hardgroove(Public Enemy)- オムニバスアルバム『キラキラ魔女ッ娘Cluv』でカバー。
  • 金田朋子 - パチンコ『CR花札物語』の大当りラウンド中使用曲としてカバー。CD化されていない。(タイトルは「うる星やつらのテーマ」になっている)
  • クレモンティーヌ - アルバム~Bossa Du Anime~の中でボサノヴァ風にアレンジし、フランス語でカバー。後に空耳アワーのネタにもされた。
  • 後藤邑子 - カバーアルバム『ごとそん』に収録。
  • 琴葉マリア - アルバム『葉』でカバー。
  • Starving Trancer feat.CAMRY - オムニバスアルバム『EXIT TRANCE PRESENTS R25 SPEED アニメトランス BEST5』でカバー。
  • 島本須美 - アルバム『sings her LEGENDS』でカバー。
  • 田村ゆかり - ライブ『LOVE LIVE *Princess a la mode*』でカバー。映像メディアでのみソフト化され、CD化はされていない。
  • Dr.Production feat. RIN - オムニバスアルバム『キッズレゲエ』でカバー。
2011年
  • Earth Project - カバーアルバム『JAPAN HITSONG NONSTOP EUROBEAT JANIME』に収録。
  • 如月くるみ - カバーアルバム『Sweet Princess』に収録。
  • うら☆りお萩原うらら、坂本莉央) - カバーアルバム『あにあに!』に収録。
  • KANAN - カバーアルバム『Eropop Anime』に収録。
  • 木村ハルヨ - アルバム『二胡ヲタ 萌え編』でカバー。
  • チラ見セーズ - カバーアルバム『チラミ音楽MAX VOL.2 VOCAL TRANCE』に収録。音楽配信のみ。
  • ドリフトエンジェルス高橋千咲姫立花サキ、熊乃あい、彩世めい) - シングル「I'm your Angel」でカバー。
  • 早見沙織 (高嶺愛花) - カバーアルバム『歌う♪ラブプラス』に収録。
  • 平野凛 - カバーアルバム『大家好!!〜中国語でアニソンカバー〜』に収録。中国語でカバーされている。
  • Naomile - J-POP HOUSEアレンジ・カバーアルバム『SWEETS HOUSE COOKIE』に収録。
  • nenelulu - カバーアルバム『アニソん。ダンスん。〜80's 神曲を元気に歌ってみた〜』に収録。
  • LISP - アルバム『Light In a Small Prism』でカバー。
2012年
  • Orange Caramel - シングル『LIPSTICK/ラムのラブソング』でカバー。CDが4種類あり、内2種にPVとメイキングが収録されたDVDが付いたもの、DVDの無いカラオケが収録されたものがある。
  • Circuit A - カバーアルバム『電脳トランス 回路A JANIME』に収録。音楽配信のみ。
  • Circuit B - カバーアルバム『電脳トランス 回路B JANIME』に収録。音楽配信のみ。
  • 豊口めぐみ - オムニバスアルバム『新・百歌声爛II-女性声優編-』でメドレー曲の内の1曲でカバー。
  • ボーイ・ミーツ・ガール(尾上文、今井忍) - カバーアルバム『アニメBOSSA 〜カフェが似合うアニメSONGS〜』に収録。英語で歌われている。音楽配信のみ。
2013年
2014年
  • azumi - アルバム『NEW STANDARD』に収録。ジャズカバー。
  • samA - samA & EAU DE MONDのカバーアルバム『JAZZ ANIMATIONS』に収録。
  • Peach sugar snow - 全国各地で活動するアイドル8組によるカバーアルバム『EDGE BEAT IDOL vol.1 -アニソンカバーEDITION-』の内の1曲。
  • Mary(マリー) - DVD『アニソン・エクササイズ』に収録。ダンサーであるTAKAHIROが考案した、エクササイズを目的としたDVD。同商品の書籍版に付属するDVDにも収録されている。
  • 美吉田月 - カバーアルバム『Ska Flavor loves アニソン!-Deluxe Edition-』に収録。音楽配信のみ。
  • 村上ゆき - カバーアルバム『Piano Woman 〜友だちから〜』に収録。
  • 榊原ゆい - カバーアルバム『LOVE×CoverSongs』に収録。
  • ローラ&畠山さわ - JTビバレッジ『桃の天然水 「ももだち!?」篇』のコマーシャルソング。歌詞が商品に合わせてアレンジされている。CD化はされていない。
2015年
  • 天使もえ - カバーシングル『亜麻色の髪の乙女』のB面収録。DVD付きの限定版も有る。
2016年
  • Airii Yami - カバーアルバム『ガニソン! Airii Yami from スペイン』に収録。
  • Ceopie - カバーアルバム『Ceopie #5 〜HANEDA INTERNATIONAL ANIME MUSIC FESTIVAL Presents〜』に収録。配信のみ。
  • Desi - カバーアルバム『ガニソン! Desi from ドイツ ♯05』に収録。
  • Stephanie Yanez - カバーアルバム『ガニソン! Stephanie Yanez from U.S.A ♯02』に収録。
2017年
  • Anzu Lilia - カバーアルバム『Anzu Lilia #1 ~HANEDA INTERNATIONAL ANIME MUSIC FESTIVAL Presents~』に収録。配信のみ。
  • 魔法少女になり隊 - カバーシングル『ヒメサマスピリッツ』に収録。
  • MANDY B.BLUE - カバーアルバム『ガニソン! MANDY B.BLUE from スペイン #4』に収録。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『少年サンデーグラフィック うる星やつら 5』小学館、昭和58年1月10日発行、46頁。雑誌 60661-9
  2. ^ 『オリコンチャート・ブック:1968-1997』オリコン、1997年、319頁。ISBN 4-87131-041-8