いまみちともたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いまみちともたか
出生名 今道友隆
生誕 (1959-10-12) 1959年10月12日(58歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
ロック
職業 作詞家
作曲家
音楽プロデューサー
ギタリスト
ヴォーカリスト
担当楽器 ギター
ヴォーカル
活動期間 1975年 -
共同作業者 BARBEE BOYS
ヒトサライ
公式サイト いまみちともたか公式サイト

いまみちともたか(いまみち ともたか、本名 今道 友隆(いまみち ともたか)、1959年10月12日 -)は、ロックバンドBARBEE BOYSのメンバーでギタリスト作詞家作曲家音楽プロデューサー。通称イマサ

来歴・人物[編集]

東京都出身。父親は、哲学者、美学者であった今道友信(元東京大学名誉教授、元聖トマス大学名誉教授)。ピアニストの川口信子は実妹。また、実母は元ソプラノ歌手で音楽大学の教授であったが、幼少時に両親が離婚。以後、父親の元で育てられる[1]

キャロルのファン。キャロルのギタリスト・内海利勝がストラトを使用していたため、その影響を受け自身も同じ機種を手にする。以後、ストラトを愛用している[2]

1984年にBARBEE BOYSのリーダーとして、ギター担当でデビュー。同バンドのヒットシングル「目を閉じておいでよ」「負けるもんか」「女ぎつね on the Run」等を含め、殆どの楽曲の作詞・作曲を担当。

バービーボーイズ在籍時より川村かおりらへの楽曲提供や、ギタリストとしてPSY・S渡辺美里佐野元春井上陽水などのレコーディングへの参加。1985年「チャック・ムートン」名義で松田聖子「裏庭のガレージで抱きしめて」の作曲を担当(アルバム「StrawberryTime」に収録)。

解散後は『Love Dynamights』名義でソロ活動。さらに1994年からKei-Tee(現・角川慶子)と上領亘(元グラスバレー)とともに『Kei-Tee+LOVE DYNAMIGHTS』で活動。2004年には初のいまみちともたか名義の作品を発表した。

私生活ではバービーボーイズ時代にメンバーのスタイリングを担当していた女性と1991年(平成3年)3月3日午前3時33分に結婚、子も授かるが後年離婚。その後、Kei-Teeと交際。同棲を経て2001年に入籍[注 1]するが、2007年1月に離婚している。

2008年4月フジテレビSMAP×SMAP」での一夜限りのBARBEE BOYS復活出演を機にメンバー間での交流が深まり、同年8月には夏フェスに出演、そして翌2009年9月21日にデビュー25周年を迎えるのを機に、17年ぶりの全国ツアーを敢行[3]

2009年5月27日リリースの椎名林檎シングルありあまる富」の表題曲をプロデュース、編曲およびギタープレイヤーとして参加[4]

2009年リリースの中島卓偉の2枚のアルバム『ULTRA SLACKER』(9月16日リリース)と『ULTRA SLACKER II』(10月7日リリース)をプロデュース、全曲のアレンジと一部作曲を手掛ける[5]

2010年7月21日リリースの杏子ミニアルバム『Just』に楽曲「色派」を提供[6]

2012年10月3日リリースの杏子の20周年記念アルバム『Sky's My Limit』に参加[7]

2013年7月3日リリースの杏子の配信曲「あなたにアディクション with いまみちともたか & OKAMOTO'S」をプロデュース[8]

2014年、椎名純平、平山牧伸、岡雄三とバンド「ヒトサライ」を結成、2015年11月に1stアルバムをリリース[9]

2016年9月28日リリースの杏子の両A面シングル「イカサマ美男子feat.リンダ/Magenta Butterfly」収録の「イカサマ美男子feat.リンダ」を作詞・作曲・プロデュース[10]

2017年8月、“いまみちともたか、そして浜崎貴司”名義による浜崎貴司との共作曲「うまくやれ」を発表[11]

ディスコグラフィ[編集]

※ソロ以降

アルバム[編集]

Love Dynamights
  • STEREO SOLID SONIC (1993年12月22日 KTCR-1248)
  • STEREO SOLID SONIC Vol.2 〜The Ultra Sound Track (1994年12月19日 KTCR-1298)
Kei-Tee+LOVE DYNAMIGHTS
  • 愛は極嬢 (1994年11月23日 VICL-589)
Kei-Teeといまみちともたかとlove LOVE DYNAMIGHTS
  • PINK&BLUE (1996年12月4日 KTLD-001)
いまみちともたか
  • Tomotaka Imamichi The World Of ChordStroke (2001年11月25日 KACA-0135)
  • SLOW RIDE (2004年4月7日 TXCA-9)

シングル[編集]

Kei-Tee+LOVE DYNAMIGHTS
  • WILDルビィ (1994年10月21日 VIDL-188)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ いまみち・Kei-Teeとの間に子どもはいない。Kei-Teeの実父は角川春樹であり、良好な舅・婿の関係を築いていたという。

出典[編集]

  1. ^ 吉田豪「バンドライフ」メディアックス収録のインタビューより。
  2. ^ 『シンプジャーナル・ベストセレクション'80s』自由国民社、2003年、p222。
  3. ^ バービーボーイズ、17年ぶりのツアー決定”. BARKS (2008年12月15日). 2017年8月26日閲覧。
  4. ^ 椎名林檎、新作でBARBEEイマサ&Jazztronikとコラボ”. 音楽ナタリー (2009年4月21日). 2017年8月26日閲覧。
  5. ^ 中島卓偉が2カ月連続アルバム発売、プロデュースはイマサ”. 音楽ナタリー (2009年9月4日). 2017年8月26日閲覧。
  6. ^ 杏子、2年ぶり新作でイマサ、椿屋中田、長澤知之らとコラボ”. 音楽ナタリー (2010年5月4日). 2017年8月26日閲覧。
  7. ^ 杏子ソロ20周年!初のバービーカバーで妖艶ボディコン”. 音楽ナタリー (2012年8月2日). 2017年8月26日閲覧。
  8. ^ 最新号に林檎&宇多田SMS対談”. 音楽ナタリー (2013年7月1日). 2017年8月26日閲覧。
  9. ^ いまみちともたか(ex.バービーボーイズ)新バンド、11月に初ホールライブ開催”. musicman-net (2016年9月7日). 2017年8月26日閲覧。
  10. ^ 杏子、新作はいまみちともたかプロデュース&リンダ、ハマ・オカモト&オカモトレイジ参加”. musicman-net (2016年8月1日). 2017年8月26日閲覧。
  11. ^ “いまみちともたか、そして浜崎貴司”、コラボ曲を発表”. BARKS (2017年8月25日). 2017年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]