SCRAP STORIES (大沢誉志幸のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SCRAP STORIES
大沢誉志幸スタジオ・アルバム
リリース
録音 Sound City
ジャンル ロックR&B
時間
レーベル EPICソニー
プロデュース 大沢誉志幸
木崎賢治小林和之
大沢誉志幸 アルバム 年表
LIFE
(1986年)
SCRAP STORIES
(1987年)
Serious Barbarian
(1989年)
『SCRAP STORIES』収録のシングル
テンプレートを表示

SCRAP STORIES』(スクラップ・ストーリーズ)は、大沢誉志幸の6作目のスタジオ・アルバム1987年(昭和62年)9月21日EPICソニーよりLPレコード盤、カセット・テープ及びCDでリリースされた。1993年(平成5年)にはデジタルリマスター盤CDで再リリースされた。

解説[編集]

  • 作詞がほぼ銀色夏生で占められるのは、第3作目のアルバム『CONFUSION』以来となっている。
  • 先行リリースされたシングル「ゴーゴーヘブン」は、アニメ『シティーハンター』の後半(第27話から)の主題歌となった。B面の「終りのない傾き」も挿入歌として使用された。
  • この作品ではジャケットと歌詞カードが別々になっており、歌詞カードは黄色を基調としている。尚、歌詞カードには曲目は表示されていない。ジャケットは大沢が逆さ吊りの状態でゴミ箱にゴミと一緒に放り込まれている様子が掲載されており、ジャケットの内部はやや散らかっているワンルームの部屋に大沢がタバコを味わいながら椅子に腰掛けて仮眠している様子が掲載されている。
  • バックコーラスには鈴木雅之桑野信義らが参加している。

収録曲[編集]

  1. Go Go "Trouble" Heaven (1分19秒)
    同じメロディーやフレーズが3フレーズ繰り返されている。メロディーが次の曲と連結しており、この曲の最後は群衆の騒ぎ声で締め括る。又、この曲の最後の部分の騒ぎ声は次の曲の冒頭部分に割り込まれている。尚、歌詞は空欄となっている。
  2. ゴーゴーヘブン (3分58秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
    特に表記はされていないが、メロディーが前曲から繋がっていて前曲の最後の部分の群衆の声が割り込まれている為、シングル盤とは大幅に異なっている。
  3. One Night Shuffle (3分37秒)
    • 作詞・作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
  4. はちみつHotel通り (4分17秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
  5. フランス海岸 (4分20秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
  6. 馬が行く (4分47秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
    関西テレビの『ふるさとZIP探偵団』のオープニングテーマ曲となった。アウトロヘヴィメタルのサウンドとパチンコの台に似たメロディーがサンプリングされている。
  7. ダンスをしようぜ (3分44秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
    バックコーラスに鈴木雅之が参加している。
  8. スカしたBeatで…… (3分30秒)
    • 作詞・作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
  9. どこにでもいる奴 (4分42秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
    歌詞カードには、「―Johnson―」という副題がついている。
  10. 終りのない傾き (3分58秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:安部隆雄
    シングル「ゴーゴーヘブン」のB面曲。

参考資料[編集]