小林和之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 和之(こばやしかずゆき、1956年 - )は、日本音楽家実業家ワーナーミュージック・ジャパン代表取締役会長最高経営責任者、一般財団法人音楽産業・文化振興財団理事[1]

兵庫県神戸市出身。大阪芸術大学放送学科中退[2]1982年エピックソニーに入社して以降、ディレクタープロデューサーなどとしてさまざまなアーティストの業務に携わってきた[3]2014年4月1日よりワーナーミュージック・ジャパン代表取締役会長兼最高経営責任者となる[4]

小林和之の人生に影響を与えることとなった音楽は、小学生時代に怪獣映画に興味を持ちに連れられて見に行っていた時に、怪獣映画に併映されていた映画が、加山雄三エレキギターを演奏する場面のあるものであり、この時の加山雄三の演奏である。他には中学生時代に学校に行かずに休学をし深夜放送を愛していた時期に、街角に張られていた全裸の女性の場面がある映画のポスターに興味を持ち、映画の内容よりも不純な動機で映画を見に行った時、その映画のオープニングエンディングに流れていた曲である。それに興味を持ち、帰りにレコードを購入し、その後にもレコードを購入知るなどでアメリカンロックの虜となっていった[5]

脚注[編集]

先代:
石坂敬一
ワーナーミュージック・ジャパンCEO
2014年 -
次代:
(現職)
先代:
内海州史
ワーナーミュージック・ジャパン社長
2015年 -
次代:
(現職)