みんなのうた (サザンオールスターズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みんなのうた
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS
B面 おいしいね 〜傑作物語
リリース
規格 8cmCD('88,'98)
7インチレコード('88)
カセットテープ('88)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1988年3月 - 5月
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
小林武史
藤井丈司
今井邦彦
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1988年7月度月間2位(オリコン)
  • 1988年8月度月間9位(オリコン)
  • 1988年度年間12位(オリコン)
  • 週間3位(ザ・ベストテン
  • 1988年度年間23位(ザ・ベストテン)
サザンオールスターズ シングル 年表
メロディ (Melody)
1985年) 
みんなのうた
(1988年)
女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)
1989年
すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS 収録曲
おいしいね 〜傑作物語
(15)
みんなのうた
(16)
テンプレートを表示

みんなのうた」は、サザンオールスターズの24枚目のシングル。ちょうどデビュー10周年となる1988年6月25日に発売。発売元はタイシタレーベル

本作以降初版からCD版が発売されているが、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発されている。

解説[編集]

1985年アルバムKAMAKURA』を最後に活動休止中であったサザンの復活シングル。シングルでは『メロディ (Melody)』以来約3年ぶりとなる復帰作。同日にはこれまでのシングル23作品もリマスタリングを施されCD盤で再発されており、本作からはCDシングルも同時リリースされるようになった。

この作品の直後には、桑田佳祐のソロアルバム『Keisuke Kuwata』が発売されている。このアルバムの製作に関わった小林武史は、本作以降編曲やサポートミュージシャンとして長らく関わる事となる。

翌年発売のベスト・アルバムすいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS』、1995年発売のベスト・アルバム『HAPPY!』にはカップリング含め2曲とも収録。「みんなのうた」は1998年のベスト・アルバム『海のYeah!!』に収録されている。

収録曲[編集]

  1. みんなのうた (4:17)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 小林武史
    映画彼女が水着にきがえたら』挿入歌[注 1]テレビ東京系『世界を変える100人の日本人! JAPAN☆ALLSTARS』番組テーマソング[注 2]アサヒ飲料三ツ矢サイダーCMソング[注 3]フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』番組テーマソング[注 4][1]
    タイトルは復活を待ったファンに向けたものとされ、NHK音楽番組みんなのうた』とは関係がない。主に夏のコンサートやライブでの定番曲であり、演奏時には桑田によって水かけが行われ、観客が両手を上げて左右に振るのが恒例となっている。毎回のように桑田が歌詞を間違えており、ライブでは歌詞を観客に向けたメッセージや煽り等に無理やり替えられていることが多い。2004年から2005年にかけての年越しライブ『暮れのサナカ』では初めてラスト曲として歌われている。
    PVは次作の「女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)」のビデオ・シングルに収録されており、映像中には疑似ライブも収録され、CD音源には収録されていない歓声なども挿入されている。
    テレビ朝日系音楽番組ミュージックステーション』に初出演した際に「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」と共に披露した曲でもある。
    長渕剛主演のドラマ「とんぼ」にて、主人公の小川英二(長渕剛)がこの曲を批判するシーンがある(すべての歌に懺悔しな!!による論争を参照)。
    桜井和寿Mr.Children)が『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』のカラオケ対決でこの曲を歌った。
    2013年のスタジアムツアー以降にライブで演奏される時は、歌いだしの前に、メンバーからファンへの感謝の意味もこめたオーバーチュアが歌われるのが定番となっている。
  2. おいしいね 〜傑作物語 (4:55)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 小林武史)
    歌詞の内容は、ソロアルバム発売があったものの、レコード会社の方針でサザンの活動主体にならざるを得なくなったことへの桑田の抗議となっている。「産業ロック」「業界不惑」といった言葉は自身の所属するレコード会社ビクター音楽産業(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)を指したものである。
    ライブでの演奏は少なく、発売直後のライブツアー『-真夏の夜の夢-1988 大復活祭』と1997年末の年越しライブ『おっぱいなんてプー』で披露されてからは、長らく演奏機会から遠ざかっていたが、2015年のライブツアー『おいしい葡萄の旅』で約18年ぶりに披露された。

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

※斜字は廃盤作品。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1989年に使用
  2. ^ 2008年〜2010年に使用
  3. ^ 2018年に使用。
  4. ^ 2018年3月31日放送回(番組最終回)のみ使用。この回の副題である「22年間の感謝をこめて最後はみんなで空高く舞い上がれスペシャル!!」に因んで使用された。

出典[編集]

  1. ^ 価格.com - 「めちゃ2イケてるッ! ~22年間の感謝をこめて最後はみんなで空高く舞い上がれス…~」 2018年3月31日(土)放送内容”. 価格.com (2018年3月31日). 2018年4月1日閲覧。

関連項目[編集]

  • 彼女が水着にきがえたら
  • みんなの党 - 「みんなのうた」が党名の由来となっている
  • オレたちひょうきん族:「ひょうきんベストテン」で桑田佳祐役が歌う横で彼と親しい明石家さんまをパロデイにしアミダばばあ、出っ歯とスーツ姿の扮装、さんまのラバーマスクにスーツ姿が踊り狂っていた

外部リンク[編集]