Keisuke Kuwata

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桑田佳祐 > Keisuke Kuwata
Keisuke Kuwata
桑田佳祐スタジオ・アルバム
リリース
録音 1987年7月 - 1988年5月
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース 桑田佳祐
小林武史
藤井丈司
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1988年度年間6位(オリコン)
桑田佳祐 年表
Keisuke Kuwata
(1988年)
フロム イエスタデイ
1992年
『Keisuke Kuwata』収録のシングル
テンプレートを表示

Keisuke Kuwata』(ケイスケ・クワタ)は、桑田佳祐のソロデビューアルバム1988年7月9日発売。発売元はタイシタレーベルキャッチコピーは『くちづさんでいるのは、彼です。』。

1992年6月27日2001年6月25日にはリマスタリング盤が発売された。

解説[編集]

制作[編集]

KUWATA BANDの活動中は、レコーディングはスタジオセッションで比較的短時間で仕上げ、ライブやテレビ出演も精力的に行ったものの、それらの活動が終わった後、KUWATA BANDでの活動に疑問を感じ、今度はスタジオにじっくり篭って曲作りに専念したいと思った事と、当時の桑田の中に「ポップス」という言葉に対しての愛着を再び感じるようになった事などが重なり、こうした思いから制作が始まった。1987年から1年掛かりでレコーディングは続けられ、サザンオールスターズのデビュー10周年の時期に重なる事となり、サザン復活の直後にソロアルバムリリースということになってしまった[1]

小林武史が全面プロデュースを務めており、この時から桑田と小林のレコーディング体制が始まっている。この頃からサザンオールスターズ本体の編曲にも関わるようになり、1993年辺りまで参加していた。

当時の制作方式は、桑田がある程度曲のコード進行やイメージを伝えると、小林がいくつかのアレンジの選択肢を与え、それに対する返答を基に方向性を模索するというものだった[2]。桑田曰く小林の選択肢に対して「曖昧に且つ無責任に」答える時もあったため「そんな僕と一緒にやるハメになった彼らの苦悩や、いかばかりか・・・である」と著書で発言している[3]

桑田は、このアルバムでは詞の内容にも力を入れたといい、以前の作品のような語感重視の言葉遊びで終わらせるのではなく、洗練された内容の詞が多い。また、英語部分を前活動のKUWATA BANDの英語詞を担当していたトミー・スナイダーが全編に補作しているのも大きい。夫妻に長男、次男が生まれていた時期でもあり、子供の目線や子供へのメッセージをテーマにした曲もある。また桑田は歌詞が出来上がると「これを見せたら彼らはどんなリアクションをするだろう?」と思うようになり、新たに出来上がった歌詞を小林・藤井らに見せる事がひとつの楽しみであり勝負でもあったと語っている[4]

このアルバムの制作時に桑田・小林・藤井の3人がお互いの主張を譲らないため、一時はアルバムの完成すらも危ぶまれたという逸話がある。

なお、クレジットから確認できる通り桑田は本作ではギターを演奏していない。

発売形態[編集]

ジャケットには桑田のピカソ風の肖像画が使用され、歌詞カード内部や裏面にはレコーディングスタジオの風景が写されている。写真には桑田のほかプロデューサー兼サポートメンバーの藤井丈司小林武史も共に写っている。サザンや桑田関連の作品で、名義となるメンバー以外のサポートメンバーが写真に写っているのはこれが唯一である。現在は禁煙している桑田だが、本作では当時喫煙していたハイライトを吸う姿が写されており、机の上にもハイライトの箱が置いてある。

発売後[編集]

桑田は「このアルバムで一番幸せだったのは、小林君というパートナーに出会えたこと」「このアルバムのシェフは小林君。素材桑田は気持ちよく仕事させていただきました。」と、小林を絶賛している[5]

チャート成績[編集]

オリコン週間ランキングで、2週連続1位を獲得し、累計65万枚(オリコン調べ)を売り上げた[6]

受賞[編集]

収録曲[編集]

  1. 哀しみのプリズナー(4:16)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    コーラスアン・ルイスが参加。なお、この仮イントロ部分が紆余曲折を経て1995年に桑田佳祐&Mr.Children名義でリリースした「奇跡の地球」へと変化したと言う。
  2. 今でも君を愛してる(3:28)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    2012年に発売されたベスト・アルバムI LOVE YOU -now & forever-』にも収録されている。
  3. 路傍の家にて
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    メジャーコード進行の明るいポップス路線の楽曲。韻を踏んでおり、英語を多用した語感重視の歌詞だが「利鞘」「乱売」など、社会風刺を連想させる言葉も登場する。フジテレビ音楽番組夜のヒットスタジオ』での演奏時には、あまりに歌詞が難解で聞き取りにくいため、それまで使われていなかった歌詞テロップを表示させている。
  4. Dear Boys(3:18)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    ノスタルジックで子供の目線を取り入れた物憂げな楽曲で、バックにウクレレ音色口笛が響く。ジョン・レノンの「ビューティフル・ボーイ」に影響を受けたという。桑田は「サザンでは出来ない、ソロならではの作品」と自己評価している[7]。コーラスは原由子が参加している。
  5. ハートに無礼美人 (Get out of my Chevvy)(3:38)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    ブラスセクションを大胆に取り入れた、このアルバムで最もプログレッシブでジャズィーな曲。歌詞の内容は都会的な大人の恋の駆け引きであり、桑田曰く歌謡曲的であり、執拗に韻の踏み方に拘ったという[4]
  6. いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)(5:20)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    2枚目のシングル。
  7. Big Blonde Boy(3:43)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)」のカップリング曲「SHE'S A BIG TEASER」のレコーディングにコーラスで参加したダリル・ホール&ジョン・オーツに逢った印象が歌詞になっている。コーラスで桑名晴子が参加。
  8. Blue ~こんな夜には踊れない(4:51)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    ソロ活動でミュージックステーションに初登場した際に披露した楽曲。
  9. 遠い街角 (The wanderin' street)(3:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    自身出演のフジフイルム CMソング
    4拍子のピアノを基調としたノスタルジックで美しい曲。コーラスで竹内まりやが参加。
  10. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)(3:54)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    ソロデビューシングル。
  11. 愛撫と殺意の交差点(3:35)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    歌詞の内容は恋愛ではなく政界や財界などへの風刺であり、サビの英語で「子供たちよ、自分達がしてきたことを真似しないでくれ」「自分達が死んだあとはいい子になって」と締めくくっている。また、最後に桑田の息子が「オーライ」とコーラス(担当パートはShoutとして掲載)で参加している。コーラスで竹内まりやが参加。
  12. 誰かの風の跡(4:45)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐、藤井丈司、小林武史)
    本作で唯一他のサポートメンバーを用いず、桑田ら3人で制作した楽曲となる。

参加ミュージシャン[編集]

哀しみのプリズナー
今でも君を愛してる
路傍の家にて
  • 原田末秋:Electric & Acoustic guitar
Dear Boys
ハートに無礼美人 (Get out of my Chevvy)
いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
  • 原田末秋:Electric & Acoustic guitars
Big Blonde Boy
Blue ~こんな夜には踊れない
  • 原田末秋:Guitars
  • 下山淳:Guitar solo
遠い街角 (The wanderin' street)
悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
  • 琢磨仁:Bass
  • 杉真理:Chorus
  • 原田末秋:Guitars
愛撫と殺意の交差点

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P16、新潮社、2012年
  2. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P17、新潮社、2012年
  3. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P18、新潮社、2012年
  4. ^ a b 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P18、新潮社、2012年
  5. ^ 『ただの歌詩じゃねぇか、こんなもん '84-'90』p112 新潮社、1990年
  6. ^ 桑田佳祐 オリコンスタイル 2015年11月25日閲覧
  7. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P19、新潮社、2012年

外部リンク[編集]