クリといつまでも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリといつまでも
SUPER CHIMPANZEEシングル
初出アルバム『フロム イエスタデイ
B面 北京のお嬢さん
リリース
規格 8cmCD('91)
12cmCD('01)
デジタル・ダウンロード
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース SUPER CHIMPANZEE
チャート最高順位
SUPER CHIMPANZEE シングル 年表
クリといつまでも
(1991年)
クリといつまでものカラオケ付き
(1991年)
テンプレートを表示

クリといつまでも」は、SUPER CHIMPANZEEシングル1991年9月26日発売。発売元はタイシタレーベル

2001年6月25日に12cmCDとして再発売している。

背景[編集]

本作を発売するためだけに集められたメンバーによるバンドSUPER CHIMPANZEEの1作目シングルにして、事実上ラストシングル。形式上は同年11月にカラオケバージョンが加えられた「クリといつまでものカラオケ付き」が発売されている。

制作[編集]

タイトルは桑田佳祐の敬愛する加山雄三のヒット曲「君といつまでも」をもじったものであることは想像に難くない。楽曲としては歌詞など極めてコミカルなものになっている。

歌詞カードには振り付けを南流石(本作PVにも登場)、絵コンテマンガ)をしりあがり寿によって描かれた振り付けのイラストが付いている。

収録曲[編集]

  1. クリといつまでも
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:SUPER CHIMPANZEE)
    PVも存在しており、女装姿の桑田が登場し、曲同様ナンセンスなものとなっている。このPVはソロライブ『桑田佳祐 Acoustic Revolution Live at Nissin Power Station』の再発版DVDにボーナストラックとして収められている。
  2. 北京のお嬢さん
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:SUPER CHIMPANZEE)
    桑田出演のキヤノン『VIDEO i』CMソング
    テーマはタイトル通り北京の女性についてであり、歌詞の最後にも中国の著名政治家毛沢東の名前が登場している。読みとしては現地の読み方である「マオ・ツォートン」と歌われている。この曲は同年6月北京旅行に行った事がヒントとなっている。

参加ミュージシャン[編集]

クリといつまでものカラオケ付き[編集]

クリといつまでものカラオケ付き
SUPER CHIMPANZEEシングル
初出アルバム『フロム イエスタデイ
B面 北京のお嬢さん
リリース
規格 8cmCD
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース SUPER CHIMPANZEE
SUPER CHIMPANZEE シングル 年表
クリといつまでも
(1991年)
クリといつまでものカラオケ付き
(1991年)
テンプレートを表示

クリといつまでものカラオケ付き」(クリといつまでものカラオケつき)は、SUPER CHIMPANZEE名義のシングル1991年11月21日発売。発売元はタイシタレーベル

9月に発売された「クリといつまでも」にカラオケバージョンが加えられ、ジャケットを微妙に変更して発売された作品。

前述した2001年の再発はジャケットこそ「クリといつまでも」を基にしたものであるが、内容は本作と同じくカラオケを収録した本作のバージョンである。

収録曲(カラオケ)[編集]

  1. クリといつまでも
  2. 北京のお嬢さん
  3. クリといつまでも (オリジナル・カラオケ)
    桑田関連の楽曲としては初のカラオケバージョンとなる。
    1983年のサザンでのアルバム綺麗』に「ALLSTARS JUNGO'」が「ALLSTARS JUNGO' (Instrumental)」として収録された例や、1990年映画稲村ジェーンサウンドトラック稲村ジェーン』にインスト曲「美しい砂のテーマ」が収録された例はあったが、単なるカラオケバージョンでの収録はこの作品が初である。この後も少数ながらサザンのシングル等でカラオケバージョン曲が収録されているが、桑田のソロ作品では2018年現在でも存在していない。

参加ミュージシャン(カラオケ)[編集]

収録アルバム[編集]

外国語によるカバー[編集]

外部リンク[編集]