波乗りジョニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桑田佳祐 > 波乗りジョニー
波乗りジョニー
桑田佳祐シングル
初出アルバム『TOP OF THE POPS
B面 黄昏のサマー・ホリデイ
MUSIC TIGER
PRIDEの唄 〜茅ヶ崎はありがとう〜(LIVE in 大阪城ホール)
リリース
規格 12cmCD (CD EXTRA)
12インチレコード
デジタル・ダウンロード
録音

2000年2月 - 2001年5月
猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO 401st (#1 - 3)


2000年10月31日
大阪城ホール (#4)
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2,#3,#4)
プロデュース 桑田佳祐
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(通算2週、オリコン[1]
  • 2001年7月度月間1位(オリコン)
  • 2001年8月度月間7位(オリコン)
  • 2001年度年間4位(オリコン)
桑田佳祐 シングル 年表
奇跡の地球
1995年
波乗りジョニー
(2001年)
白い恋人達
(2001年)
TOP OF THE POPS 収録曲
波乗りジョニー
(1)
黄昏のサマー・ホリデイ
(2)
ミュージックビデオ
「波乗りジョニー」 - YouTube
テンプレートを表示

波乗りジョニー」(なみのりジョニー、英語: Johnny the Surfer)は、桑田佳祐の6枚目のシングル2001年7月4日発売。発売元はタイシタレーベル

解説[編集]

ソロとしては7年ぶりとなるシングル。桑田佳祐&Mr.Children名義として1995年に「奇跡の地球」を発表しているが、桑田のソロ活動としては「祭りのあと」以来になる。

もともとサザンオールスターズ名義での発表を考えており、メンバーのギター担当である大森隆志の活動休止・脱退に伴いソロとして製作に入った形である。

本作のアナログ盤には特製の水着が付属のユニークなものになっており、タイシタレーベル発足後以降に発売されたサザン及びソロ作品全てに印刷されている“タイくんマーク”も、本作用にアレンジされたものになっている。ジャケットのイラストは鈴木英人によるもので、タイアップのついたコカ・コーラを桑田が飲む姿が描かれており、クレジットにも“このイラストは日本コカ・コーラ社の許諾を得ています”と記載されている。初回盤は紙スリーブケースつきであり、CDケース部分の歌詞カードの表ジャケットがこのイラストとなる。通常盤はスリーブケースがなく、歌詞カードの表ジャケット部分が初回盤の紙ケースのジャケットとなるため、通常盤ではこのイラストを見ることが出来ない。歌詞カードの掲載位置などにも違いがある。これはこの後通常盤と初回盤のジャケットなどが違う場合の作品、ほぼすべてに言えることである。同じポーズの実写で撮影されたものが、コカ・コーラの宣伝ポスターとして採用されている(「波乗りジョニー」のPVにも登場する)。双方の収録内容などに違いはない。

初のマキシシングルと言うこともあり、収録曲数、時間ともに過去最大となっている。また、ソロシングルでライブテイクのものが収録されたのも初である。なお、この後ほぼ全ての作品にクレジットされている『VERY SPECIAL THANKS TO サザンオールスターズ応援団のみなさん(みんな)』の文字が、本作にはない。

本作のスポットCMにおいて、EE JUMPの「おっととっと夏だぜ!」とのコラボレーションが展開された。街頭で「夏に聞きたい曲と言えば?」とインタビューされ、ほとんどが「波乗りジョニー」と答えるが、最後に出てくる桑田のみが「おっととっと夏だぜ!」と答えるというものである。EE JUMPの次のシングルである「イキナリズム!」の歌詞中に「桑田さんどもありがと〜」という一節が入っている。この「おっととっと夏だぜ!」歌詞中にも「やっぱ海にはサザンが似合う」という歌詞があり、PVには偽桑田佳祐とされる人物も登場している。

チャート成績[編集]

2001年7月16日付のオリコンチャートで初週51.9万枚を売り上げて1位を獲得した[2]。累計111.1万枚(オリコン調べ)を売り上げて[3]、自身のソロシングルとしては初のミリオンセラーを達成した[4]。また、ビクターエンタテインメントの発表では130万枚を記録している[5]

受賞[編集]

収録曲[編集]

  1. 波乗りジョニー
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 管編曲:山本拓夫 / 弦編曲:島健
    自身出演のコカ・コーラ「No Reason」キャンペーンCMソング
    桑田本人もかなりポップ志向の楽曲を目指して製作したと語っている。
    タイトルだけは「サザン結成前から出来ていた」(「大学生の頃から「いつかこのタイトルで曲を作ろう」と思っていた」と後年明かしている[7])と桑田は語っており、ふと思い浮かんだ『波乗りジョニー』というフレーズをずっと温め続けていたとのこと。しかし「波乗りジョニー」と「愛よ、もう一度」のどちらにするか最後まで悩んでいて、所属事務所アミューズの受付のお姉さん達に聞いたところ「波乗りジョニーの方がいい」と言われたのが決め手である。
    PV静岡県下田市の入田浜で撮影し[8]、桑田が扮する架空の人物「古賀紅太」(コカ・コーラのもじり)がサーフィンをするシーンがある。テレビなどでオンエアーされることが少ないフルバージョンでは、冒頭部分で「波乗りジョニー」の宣伝会議シーンが収録されており、古賀紅太はそのチーフという設定。なお、サーフィンのシーンはもちろん桑田本人がに乗っているわけではなく、別人の下半身と桑田の上半身の映像を合わせている。このPV製作後に桑田本人が「映像が少し不自然じゃないか」とスタッフに言うも、「いやいやいやいや…」とたしなめられたという話がある。この後、桑田は「古賀紅太」名を用いたファンクラブイベントを開催している。また、数秒だけサザンのメンバー野沢秀行が登場する。途中から登場するプール(このシーズンをもって閉鎖されたワイルドブルーヨコハマ)での歌唱シーンは、実際にサザンのファンクラブ会員が抽選でエキストラとして参加している。
    本作をベスト・アルバム『TOP OF THE POPS』に収録時には一部にアレンジやリテイクをかけようかという考えもあったが、結局リマスタリングのみが施され収録された。
    この楽曲のサビは2パートのボーカルパートを重ねた所謂桑田の1人多重コーラスが用いられているが、どちらがメインのパートなのかについては、桑田が自身のラジオ番組桑田佳祐のやさしい夜遊び』内で、「下に決まってるだろ」と発言した。
    なお、2001年3月に桑田自身が出演し初披露となったCMの段階ではタイトルが決まっておらず、また、バックアレンジもストリングスパーカッションアレンジが加わる前のテイクでCD版とは異なっていた。こちらのバージョンは現在でも商品化には至っていない。
    桑田の地元である神奈川県茅ヶ崎市出身のプロ野球選手、倉本寿彦横浜DeNAベイスターズ)が登場曲のひとつとして使用している。
  2. 黄昏のサマー・ホリデイ
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 / 英語補作詞:岩本えり子 / 弦編曲:島健)
    イントロには風鈴といった夏を感じさせるが入っており、真夏の淡い恋や蒸し暑い午後を描いた曲である。本作で初めてクレジットされることとなる英語補作詞の岩本えり子とは桑田の実姉である。この後サザン本体での楽曲もいくつか補作詞を担当していた。ただ、英語の部分で作詞をまるまる担当してもらうといった感じではなく、歌詞製作に行き詰った際に桑田が電話で直接相談しアイデアなどを得たりすることも多かった。A面同様にオリジナルアルバムには未収録で、ベストアルバム『TOP OF THE POPS』でアルバム初収録となった。
  3. MUSIC TIGER
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    自身出演のフジテレビ音楽冠番組桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』オープニングソング。
    同番組で共演しているユースケ・サンタマリアが合いの手で参加。曲のタイトルも番組のサブタイトルをそのまま使っている。この曲の作成、レコーディングの模様は同番組で2週にわたって放送された(第3・4回放送)。曲の冒頭には桑田とユースケの会話も収録されており、打ち合わせからそのままレコーディングに入ったように模している。歌詞に登場する「工藤ちゃん」とは番組プロデューサーの工藤浩之(ケイマックス)、また、おちまさとの名前もそのまま登場。歌詞中には記載されていないが、ユースケが合いの手で発している「さゆりさん」とは、番組1回目の放送内で「一緒に王様ゲームをしたい」という構想に出てきた吉永小百合の事を指している。Uちゃん、Kちゃんは2人の名前である。それぞれの本名は『裕介』と『佳祐』であり、歌詞内では当て字である。ユースケは次作「白い恋人達」のPVにも参加している。この曲の収録時間は僅か2分27秒であり、セリフ部分を除けば2分足らずという短いものである。現時点で桑田ソロの楽曲として最も短いものである。この曲ではすべての楽器を桑田自身が演奏し、ユースケの合いの手とコンピュータプログラミングのみが使われている。現時点でもシングル盤にのみ収録。
  4. PRIDEの唄 〜茅ヶ崎はありがとう〜(LIVE in 大阪城ホール)
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    2000年10月31日大阪城ホールで開催されたPRIDE小川直也VS佐竹雅昭の試合前に、飛び入りで桑田が参加し、その際に歌われた音源を収録している。歌の作成や飛び入り参加の模様は実際に『音楽寅さん』で2週にわたって放送された(第5・6回放送)。楽曲はオリジナルに作られたものであり、歌詞には小川、佐竹の名前が登場する。通常、メロディを先に曲作りをする桑田だが、今回は詞から先に作られた。アコースティック・ギター一本で歌われた弾き語りのものになっている。「茅ヶ崎はありがとう」とは、前年の茅ヶ崎ライブで小川が前座の聖火点灯を行ったことに対する御礼である。また、演奏前に桑田が「猪木さんどうですか~!!」と言っているのは、実際にこの会場にアントニオ猪木がいたためである。当初作品化の予定はなかったが、『桑田佳祐のやさしい夜遊び』生唄スペシャルでファンからリクエストが殺到したためCD化されることになった。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【オリコン】桑田佳祐、5年ぶりソロ作が1位!“連続1位”歴代トップに!2015年6月23日閲覧。
  2. ^ “【オリコン】NMB48、自己最高の初週37.6万枚 2位作品が11年ぶり30万枚超え”. オリコン. (2012年5月15日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2011587/full/ 2015年3月30日閲覧。 
  3. ^ ミスチル、初動50万枚突破!23作目の首位!! オリコンスタイル 2015年10月27日閲覧
  4. ^ 桑田佳祐 オリコンスタイル 2015年11月25日閲覧
  5. ^ 歌手の2002 年ソロ・プロジェクトを発表 - 株式会社 アミューズ 2017年3月20日閲覧
  6. ^ 第16回日本ゴールドディスク大賞 日本ゴールドディスク大賞 2017年3月18日閲覧
  7. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P114、新潮社、2012年
  8. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信vol.127 30ページより
  9. ^ 祝紅白! ゴールデンボンバーの楽しみ方 Yahoo!ニュース 2016年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]