平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桑田佳祐 > 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦
Act Against AIDS 2018 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦
桑田佳祐ライブ・ビデオ
リリース
録音 パシフィコ横浜 国立大ホール
2018年11月29日12月1日2日
ジャンル 歌謡曲
グループ・サウンズ
ロック
J-POP
レーベル タイシタレーベル
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
SPEEDSTAR RECORDS
プロデュース 桑田佳祐
チャート最高順位
  • 週間2位(DVD総合・オリコン[1]
  • 週間2位(Blu-ray総合・オリコン)[2]
  • 週間1位(DVD音楽・オリコン)[3]
  • 週間1位(Blu-ray音楽・オリコン)[3]
桑田佳祐 映像作品 年表
がらくたライブ
(2018年)
Act Against AIDS 2018 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦
(2019年)
-
EANコード
EAN 4988002787067(DVD初回限定盤)
EAN 4988002787074(DVD通常盤)
EAN 4988002787043(Blu-ray初回限定盤)
EAN 4988002787050(Blu-ray通常盤)
テンプレートを表示
桑田佳祐 Act Against AIDS 2018「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦
正式名称 桑田佳祐 Act Against AIDS 2018「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」
開催時期 2018年11月29日 - 12月2日
会場 パシフィコ横浜 国立大ホール
企画制作 アミューズ
最寄駅 みなとみらい駅
駐車場
桑田佳祐 Act Against AIDS 2018「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」
桑田佳祐 の ライブ・ツアー
場所 パシフィコ横浜 国立大ホール
初日 2018年11月29日
最終日 2018年12月2日
公演数 全3公演
ウェブサイト 公式サイト
桑田佳祐 ツアー 年表
WOWOW presents 桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」
(2017年)
桑田佳祐 Act Against AIDS 2018「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」
(2018年)
-

Act Against AIDS 2018 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦』(アクト・アゲインスト・エイズ にせんじゅうはち へいせいさんじゅうねんど だいさんかいひとりこうはくうたがっせん)は、桑田佳祐のライブ・ビデオ。2019年6月5日Blu-rayDVDで発売。発売元はタイシタレーベル / JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント / SPEEDSTAR RECORDS

背景[編集]

2018年11月29日・12月1日・2日にパシフィコ横浜 国立大ホールにて行われたライブであり、2008年の1回目、2013年の2回目に続いて今回は3回目の「ひとり紅白歌合戦」となる。なお、2020年7月にAct Against AIDS活動がその役割を終えるのに伴い「ひとり紅白歌合戦」の企画も完結することが発表された[4][5]

リリース[編集]

本作はBlu-rayDVDの両方に初回限定盤と通常盤があるため4形態となる。初回限定盤には過去の2回(『昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦』『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』)の映像も収められBlu-ray3枚組・DVD6枚組となる。収益金の一部は、Act Against AIDS事務局を通じてさまざまなエイズ啓発活動に使用される[4]

初回限定盤には「ひとり紅白歌合戦」を紐解くコンプリートブック「ひとり紅白歌合戦読本」が特典として付属となり、全3回分の「ひとり紅白歌合戦」を振り返る写真やデータ、桑田の歌謡曲への愛情とリスペクト、紅白歌合戦への思い、少年時代からサザンのデビュー当初の思い出も交えて語りつくすインタビューも掲載されている[6]

プロモーション[編集]

2019年3月20日にNHKにて特別番組『桑田佳祐 大衆音楽史「ひとり紅白歌合戦」~昭和・平成、そして新たな時代へ~』が放送された。内容は2008年、2013年、2018年の全3回「ひとり紅白歌合戦」を行い、昭和歌謡曲グループ・サウンズフォークニューミュージックそして平成J-POPまで、171曲をカバーした桑田が再発見した楽曲の魅力、先達たちへの思い、桑田自身の新時代に向けた抱負までをも語ったものになっている。また、2018年に35年ぶりとしてサザンオールスターズが本家の紅白に出場して、北島三郎松任谷由実との共演についてのインタビューも放送された[7]。この放送は2019年4月30日にNHK BSプレミアムにて再放送が行われ、前回より20分拡大の90分で放送された[8]

発売されると各店舗では売り切れが続出し、2019年6月4日付のオリコンデイリーBlu-rayランキンング、DVDランキングで1位を獲得し、獲得したことを受け、自身のYouTubeチャンネルにて『ひとり紅白歌合戦』の内容を凝縮した『ひとり紅白歌合戦 名迷場面集』が公開された[9]

ライブ[編集]

スケジュール[編集]

エピソード[編集]

前回まではイベント名に平成ではなく「昭和〇〇年度」と表記されていたが、今回は「平成三十年度」と本来の元号になっている。これは当時の天皇陛下譲位に伴い平成が終わる事が既に報じられていた事とひとり紅白及びAct Against AIDS活動の完結が影響している[10]

同様にこれまでのような昭和の『NHK紅白歌合戦』のパロディではなく、『第69回NHK紅白歌合戦』を意識した演出[注 1]も見受けられている[11]

これまでと同様にオープニングのナレーションはクリス・ペプラー。「特別審査員」として爆笑問題がVTR出演している[13]。また、「中の島ブルース」では大泉洋がVTR出演している[14]

チャート成績[編集]

2019年6月17日付のオリコン週間ミュージックDVD・Blu-ray Discランキングで、初週売上がDVDが1.5万枚、Blu-rayが2.2万枚で、合計3.7万枚を売り上げて初登場1位を獲得した。同ランキングでは、3作連続・通算4作目の首位獲得となった[3][15][16]

収録曲[編集]

共通[編集]

  • 初回限定盤・通常盤共に収録。セットリストのタイトルはサザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.145」10項より参照。()内は初版発売年。
オープニングコーナー
  1. 憧れのハワイ航路 / 岡晴夫(1948年)
  2. テネシー・ワルツ / 江利チエミ(1952年)
  3. 学生時代 / ペギー葉山(1964年)
  4. 涙くんさよなら / 坂本九(1965年)
グループサウンズ vs 昭和ビートガールズ対決
  1. あの時君は若かった / ザ・スパイダース(1968年)
  2. 雲にのりたい / 黛ジュン(1969年)
  3. 想い出の渚 / ザ・ワイルドワンズ(1966年)
  4. さすらいのギター / 小山ルミ(1971年)
  5. 純愛 / ザ・テンプターズ(1968年)
  6. 雨に濡れた慕情 / ちあきなおみ(1969年)
  7. 愛する君に / ザ・ゴールデン・カップス(1968年)
  8. 人形の家 / 弘田三枝子(1969年)
フォーク&ニュー・ミュージック対決
  1. 大空と大地の中で / 松山千春(1977年)
  2. 知床旅情 / 加藤登紀子(1970年)
  3. ふれあい / 中村雅俊(1974年)
  4. 翼をください / 山本潤子 (赤い鳥)(1997年)
  5. 落陽 / 吉田拓郎(1973年)
  6. 夢の中へ / 井上陽水(1973年)
  7. なのにあなたは京都へゆくの / チェリッシュ(1971年)
  8. 地上の星 / 中島みゆき(2000年)
昭和歌謡大ヒットメドレー
  1. 世界の国からこんにちは / 三波春夫(1967年)
  2. 三百六十五歩のマーチ / 水前寺清子(1968年)
  3. 時の過ぎゆくままに / 沢田研二(1975年)
  4. まちぶせ / 石川ひとみ(1981年)
  5. ある日渚に / 加山雄三(1968年)
  6. セーラー服と機関銃 / 薬師丸ひろ子(1981年)
  7. 桜坂 / 福山雅治(2000年)
  8. 異邦人 / 久保田早紀(1979年)
  9. 夢芝居 / 梅沢富美男(1982年)
  10. 愛の水中花 / 松坂慶子(1979年)
  11. 北国の春 / 千昌夫(1977年)
  12. あなたならどうする / いしだあゆみ(1970年)
  13. 中の島ブルース / 内山田洋とクール・ファイブ[注 2](1975年)
  14. プレイバックPart2 / 山口百恵(1978年)
  15. 会いたい / 沢田知可子(1990年)
  16. さよならをもう一度 / 尾崎紀世彦(1971年)
特別枠
  1. 世界に一つだけの花 / SMAP(2003年)
    特別枠のみ桑田以外のサザンのメンバー4人も登場し、5人全員で歌唱した。
  2. ドリフのビバノン音頭 / ザ・ドリフターズ(1973年)
平成生まれの歌コーナー
  1. 雪の華 / 中島美嘉(2003年)
  2. 海の声 / 浦島太郎 (桐谷健太)(2015年)
  3. ハナミズキ / 一青窈(2004年)
  4. どんなときも。 / 槇原敬之(1991年)
  5. 君に、胸キュン。 / イエロー・マジック・オーケストラ(1983年)
  6. 赤道小町ドキッ / 山下久美子(1982年)
  7. 真夏の夜の夢ひこうき雲 / 松任谷由実~荒井由実(1993年、1973年)
  8. YOUNG MAN (Y.M.C.A.) / 西城秀樹(1979年)
  9. 100万年の幸せ!! / 桑田佳祐(2012年)
  10. Havana feat. Young Thug / カミラ・カベロ[注 3](2017年)
  11. 熱き心に / 小林旭(1985年)
    この楽曲からENCOREとなる。
  12. つぐない / テレサ・テン(1984年)
このタイミングでやるのかよ!? ライブでやらずに特典映像でいいんじゃないの!?対決
  1. 伊勢佐木町ブルース / 青江三奈(1968年)
  2. 雪が降る / アダモ(1969年)
  3. 与作 / 北島三郎(1978年)
  4. 愛燦燦 / 美空ひばり(1986年)
  5. 古い日記 / 和田アキ子[注 4](1974年)

初回限定盤のみ収録[編集]

参加ミュージシャン[編集]

動画関連[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 総合司会の桑田扮する内村照代(元ネタは内村光良)。白組司会の櫻井ジョー(マネキン。元ネタは櫻井翔)、紅組司会の広瀬ベル(マネキン。元ネタは広瀬すず。声は桑田と同じアミューズ所属の板谷由夏が担当した[11])が進行を行うなど。なお、桑田及びサザンオールスターズは『第69回NHK紅白歌合戦』に「究極の大トリ」として出演を果たしており、元ネタの内村・広瀬・櫻井とも共演している[12]
  2. ^ 表記では「ヅラ山田洋とクールファイブ」。
  3. ^ 表記では「神良壁郎」(読み:かみら かべろう)。
  4. ^ 表記では「和田アキ男」。

出典[編集]

  1. ^ Act Against AIDS 2018 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦 DVD オリコン 2019年6月13日閲覧
  2. ^ Act Against AIDS 2018 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦 Blu-ray オリコン 2019年6月13日閲覧
  3. ^ a b c 桑田佳祐『ひとり紅白』完結編、「音楽DVD・BD」3作連続・通算4作目の1位 オリコン 2019年6月13日配信, 2019年6月13日閲覧
  4. ^ a b 桑田佳祐、昨年開催「ひとり紅白」がパッケージ化!初回盤は全3回のコンプリートBOX 音楽ナタリー 2019年3月21日閲覧,2019年3月21日配信
  5. ^ 桑田佳祐『ひとり紅白』、全55曲を“完全”映像化 オリコン 2014年2月20日配信,2019年6月9日閲覧
  6. ^ 桑田佳祐、『ひとり紅白歌合戦』初回限定盤は171曲を完全収録 トレーラーも公開に Billboard JAPAN 2019年4月25日配信,2019年4月27日閲覧
  7. ^ 桑田佳祐、日本の大衆音楽を語る特番がNHK総合テレビで放送&「ひとり紅白歌合戦」の模様も Billboard JAPAN 2019年3月4日配信,2019年3月26日閲覧
  8. ^ 桑田佳祐「ひとり紅白」特番を平成最後の日に 音楽ナタリー 2019年4月19日配信,2019年4月24日閲覧
  9. ^ 桑田佳祐、過去に行われた『ひとり紅白歌合戦』から全3回分の名場面を凝縮したスペシャル映像を公開 M-ON Press 2019年6月7日配信、2019年6月7日閲覧
  10. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.145」19項
  11. ^ a b サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.145」11項
  12. ^ サザン究極の大トリで勝手にシンドバッドと希望の轍日刊スポーツ 2018年12月27日
  13. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.145」13項
  14. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.145」12項
  15. ^ オリコン 週間DVDランキング 2019年6月17日付 オリコン 2019年6月13日閲覧
  16. ^ オリコン 週間Blu-ray Discランキング 2019年6月17日付 オリコン 2019年6月13日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]