ARIGATO (B'zの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
B'z > 作品リスト > ARIGATO (B'zの曲)
ARIGATO
B'zシングル
初出アルバム『B'z The Best "Pleasure II"
B面 輝く運命はその手の中に
もうはなさない
リリース
規格 マキシシングル
録音 2004年5月
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞・作曲 稲葉浩志(全作詞)
松本孝弘(全作曲)
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2004年9月度月間1位(オリコン)
  • 2004年度年間27位(オリコン)
B'z シングル 年表
BANZAI
(2004年)
ARIGATO
(2004年)
愛のバクダン
2005年
B'z The Best "Pleasure II" 収録曲
BANZAI
(14)
ARIGATO
(15)
GOLD
(16)
ミュージックビデオ
「ARIGATO」 - YouTube
テンプレートを表示

ARIGATO』(アリガトウ)は、日本音楽ユニットB'zの37作目のシングル

概要[編集]

2004年にB'zが発表したシングル曲は「BANZAI」「ARIGATO」と連続で日本語タイトルをローマ字で表すタイトルが続いた。

B'zのシングルでは初めてデジパックが採用された。

収録曲[編集]

  1. ARIGATO (5:03)
    LIVE-GYMでは唯一未演奏のシングル表題曲。
    ミディアムテンポのマイナーなロックバラードだが、Cメロが終わると転調しテンポアップと共に激しい曲調になる。タイアップとなったテレビ朝日系「アテネオリンピック2004」で使用されたのは主にその部分である。
    B'zでは唯一となるアコースティック・ギターによるトレモロ奏法が用いられた楽曲。
    前年から曲自体のデモはあり、「BANZAI」同様本格的なソロ活動に入る前に制作されていた楽曲。元々、制作時のタイトルは「そこに誰もいなくても」だったが、非常に暗いイメージになるため現在のタイトルに変更した。また、この曲がはじめテレビで披露されたころは、CD音源より音程が高く、歌詞も違う別バージョンが流れていた。
    PV千葉県木更津市にあった映画館『木更津富士館』(2010年9月24日に閉館)で撮影されたもの。俳優森山未來が出演している。CDのジャケット撮影はこのPV撮影の合間に行われた。
    2004年の『ミュージックステーションスーパーライブ』でテレビ初披露され、B'zのライブとしては2007年のSHOWCASEツアーが初演奏となった。先述の通りLIVE-GYM公演では現在も未演奏である。
    この曲が演奏される際には、CD音源のキーより半音下げて演奏され、アコースティック・ギターによるトレモロの演奏が行われていない。前者については従来のB'zのライブではほとんど前例のなかったことであり、理由は公に語られていないため不明。ただ、後年のライブでは一部楽曲が半音下げで演奏されている。全てではないが、連続して演奏する際に前曲のチューニングがに合わせこのような変更が行われるケースもある。
    オリジナルアルバム未収録であり、ベストアルバムのみの収録となっている。
  2. 輝く運命はその手の中に (4:04)
    13thアルバム『BIG MACHINE』のアウトテイク
  3. もうはなさない (3:39)
    前年に行われた「B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"」のライブ終了後に流れた楽曲。12thアルバム『GREEN』の頃の曲であり、当時ツアーサポートを務めたビリー・シーンが参加している。長い間ライブ未演奏の状態だったが、「B'z SHOWCASE 2017 -B'z In Your Town-」の日替わりメニューとしてライブ初演奏となった。過去に未発表曲としてライブのエンディングSEに使用された楽曲が後のライブで演奏されたのは、「New Message」、「君を気にしない日など」に次いで3曲目となる。

参加ミュージシャン[編集]

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

ARIGATO

ライブ映像作品[編集]

ARIGATO

関連項目[編集]