愛しい人よGood Night...

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
B'z > 作品リスト > 愛しい人よGood Night...
愛しい人よGood Night...
B'zシングル
初出アルバム『RISKY
B面 GUITAR KIDS RHAPSODY CAMDEN LOCK STYLE
リリース
規格 8cmシングル
マキシシングル(再発)
ジャンル J-POP
ポップ・ロック
時間
レーベル BMGルームス
作詞・作曲 稲葉浩志(全作詞)
松本孝弘(全作曲)
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 週間12位(再発盤・オリコン)
  • 1990年11月度月間1位(オリコン)
  • 1990年度年間62位(オリコン)
  • B'z シングル 年表
    Easy Come, Easy Go!
    1990年
    愛しい人よGood Night...
    (1990年)
    LADY NAVIGATION
    1991年
    RISKY 収録曲
    Easy Come, Easy Go!
    -RISKY Style-
    (4)
    愛しい人よGood Night...
    (5)
    HOLY NIGHTにくちづけを
    (6)
    ライブ映像(Short ver.)
    「愛しい人よGood Night... (Live ver./B'z LIVE-GYM'90〜'91 "RISKY")」 - YouTube
    テンプレートを表示

    愛しい人よGood Night...」(いとしいひとよ グッド ナイト…)は、日本音楽ユニットB'zの7作目のシングル

    概要[編集]

    発売を2週間後に控えた4thアルバム『RISKY』からの先行シングル第2弾。

    1990年発表のシングルとしては5作目となり、B'zのシングルでは初めてバラード曲が表題曲となった作品。当初はシングルリリースの予定はなかったが、ドラマの主題歌に決まったため前作「Easy Come, Easy Go!」から続け様にリリースされた[1]

    前作に引き続き同一アーティストの4週連続1位を獲得した。また、B'zのシングル初となる月間チャート1位も獲得した。

    15周年の2003年リマスタリング、12cm化で3月26日に再発売された。

    収録曲[編集]

    1. 愛しい人よGood Night...
      上記の通りシングルで出す予定はなかったが、ドラマの関係者が気に入って急遽リリースとなった経緯がある[2]
      前作の「Easy Come, Easy Go!」同様、これまでのイメージを変えて層を広げたいという目的もあったという。
      B'zのシングル曲の中では約6分15秒と最も演奏時間が長い[3]
      1993年の渚園ライブを最後に長い間演奏されていなかったが、2012年の全米ツアーからの凱旋公演「B'z LIVE-GYM 2012 -Into Free- EXTRA」ツアーで19年ぶりに披露しファンを驚かせたが[4]、メンバーは「今の子達は曲を知らなかったみたいで、思ったほどのリアクションがなかった、新曲と思われてしまったみたい。」とライブで演奏したことについてやや否定的な発言をしている。
    2. GUITAR KIDS RHAPSODY CAMDEN LOCK STYLE
      2ndアルバム『OFF THE LOCK』収録曲の「GUITAR KIDS RHAPSODY」リメイクバージョン。
      所々に歓声が聴こえるが正式にはライブ音源ではない。
      PVも存在し映像作品『FILM RISKY』に収録されている。ちなみにサブタイトルの「CAMDEN LOCK」とはロンドンにあるマーケットのことであり、こちらはPVで確認可能。
      2nd beat(3rd beat含む)の中では最も演奏時間が長い曲である(約5分25秒)[5]

    参加ミュージシャン[編集]

    タイアップ[編集]

    収録アルバム[編集]

    愛しい人よGood Night...

    ライブ映像作品[編集]

    愛しい人よGood Night...

    参考[編集]

    1. ^ 7thアルバム『The 7th Blues』までのオリジナルアルバムで『RISKY』のみシングルが2作収録されているのはこのため。
    2. ^ 「BH 90年11月号」より
    3. ^ ただし、「ALONE」のアルバムバージョンを除く(6分21秒)。
    4. ^ 2003年の渚園ライブでは日替わりとして候補曲にはあったものの未演奏となった。これは映像作品『Typhoon No.15』で確認することができる。
    5. ^ 収録時間は「Gimme your love (Live at Tokyo Dome)」(約6分5秒)が最長だが、こちらはライブ音源である。
    6. ^ 実際にはクレジットに表記されていない。
    7. ^ ちなみにオープニングテーマは安宅美春に楽曲提供した「孤独のRunaway」(ギターインスト曲)である。

    関連項目[編集]