1990年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1990年の音楽(1990ねんのおんがく)では、1990年平成2年)の音楽分野に関する出来事について記述する。

1989年の音楽-1990年の音楽-1991年の音楽

概要・できごと[編集]

詳細[編集]

[6]

総合シングル[編集]

オリコン年間TOP50 ※1989年12月4日付 - 1990年11月26日

総合アルバム[編集]

オリコン年間トップ501989年12月4日付 - 1990年11月26日

洋楽シングル[編集]

ビルボード1990年・年間上位曲

その他のヒット曲

洋楽アルバム[編集]

イベント[編集]

開催日 タイトル
4月22日 WE LOVE MUSIC, WE LOVE THE EARTH(初回)
6月26日 パシフィック・ミュージック・フェスティバル(初回)
7月29日 '90 SUPER JAM
7月30日 第8回 PEACEFUL LOVE ROCK FESTIVAL 1990
8月4日 MEET THE WORLD BEAT(初回)
8月11日 KIRIN SOUND TOGETHER POP HILL '90
8月12日 Rock'n Roll Olympic 1990
8月13日 Exciting Summer in WAJIKI 1990(初回)
8月19日 モントレー・ジャズフェスティバル・イン・能登 1990
12月20日 クリスマスカ
12月31日 第41回NHK紅白歌合戦

日本武道館公演[編集]

東京ドーム公演[編集]

日時 アーティスト
2月14日・16日・17日・19日・20日・21日・23日・24日・26日・27日 ローリング・ストーンズ
3月3日・5日・7日・9日・11日・13日 ポール・マッカートニー
4月3日 氷室京介
5月15日・16日 デヴィッド・ボウイ
5月17日・18日 ジャネット・ジャクソン
8月30日・31日 プリンス
10月25日 アース・ウィンド・アンド・ファイアー
11月6日・7日 ジャネット・ジャクソン
11月8日 COMPLEX
12月23日・24日 スティーヴィー・ワンダー

横浜アリーナ公演[編集]

  • 1月1日・2日・7日・8日・24日 - ホイットニー・ヒューストン
  • 1月25日 - BARBEE BOYS
  • 1月27日・28日 - 小室哲哉
  • 2月28日・3月1日・3日・4日 - サザンオールスターズ
  • 3月5日 - フィル・コリンズ
  • 4月18日・19日・20日・21日 - 松任谷由実
  • 5月2日・3日・4日・5日・6日 - 光GENJI
  • 5月12日 - モトリー・クルー
  • 5月15日・16日・17日 - COMPLEX
  • 5月23日 - ジャネット・ジャクソン
  • 5月24日・25日 - BUCK-TICK
  • 6月20日・21日・22日・26日 - ボビー・ブラウン
  • 6月28日・29日・30日 - 杏里
  • 7月17日 - ダリル・ホール&ジョン・オーツ
  • 7月29日 - '90 SUPER JAM
  • 8月11日 - とんねるず
  • 8月15日・16日・18日・19日 - 米米CLUB
  • 8月21日・22日・23日・24日 - 光GENJI
  • 8月26日 - 角松敏生
  • 8月27日 - チェッカーズ
  • 8月31日 - 中村あゆみ
  • 9月8日 - 谷村新司
  • 9月9日・10日・12日・13日 - プリンセス プリンセス
  • 9月15日 - CHAGE and ASKA
  • 9月16日 - エアロスミス
  • 9月19日 - ホワイトスネイク
  • 10月2日・3日 - 小田和正
  • 10月30日・31日 - 杏里
  • 11月7日・8日 - THE BLUE HEARTS
  • 11月16日 - ジャネット・ジャクソン
  • 12月4日・5日・6日・7日 - 松任谷由実
  • 12月8日・9日 - 矢沢永吉
  • 12月13日 - エリック・クラプトン
  • 12月15日 - チェッカーズ
  • 12月22日・23日 - 渡辺美里
  • 12月24日 - 大江千里
  • 12月26日 - JITTERIN'JINN
  • 12月28日・29日 - CHAGE and ASKA
  • 12月31日 - サザンオールスターズ

主要な賞[編集]

受賞作・受賞者
第32回日本レコード大賞

歌謡曲・演歌部門

  • 日本レコード大賞 - 堀内孝雄:『恋唄綴り』
  • アルバム大賞 - 桂銀淑:『真夜中のシャワー』
  • 演歌ゴールド・ディスク賞 - 香西かおり:『恋舟』
  • 最優秀歌唱賞 - 松原のぶえ:『蛍』
  • 最優秀歌謡曲新人賞 - ヤン・スギョン:『愛されてセレナーデ』
  • 最優秀演歌新人賞 - 晴山さおり:『一円玉の旅がらす』

ポップス・ロック部門

  • 日本レコード大賞 - B.B.クィーンズ:『おどるポンポコリン』
  • アルバム大賞 - ユニコーン:『ケダモノの嵐』
  • ロック・ゴールド・ディスク賞 - サザンオールスターズ:『真夏の果実』
  • 最優秀ポップス・ボーカル賞 - 竹内まりや:『告白』
  • 最優秀ポップス新人賞 - 忍者:『お祭り忍者』
  • 最優秀ロック・新人賞 - たま:『さよなら人類』
第28回ゴールデン・アロー賞
  • 音楽賞 - B.B.クィーンズ
  • 新人賞(音楽) - 忍者、晴山さおり、ribbon
第23回下谷賞
  • 下谷賞 - 該当作なし
  • 佳作 - 矢部政男「太陽に向かって」
第23回全日本有線放送大賞
第23回日本有線大賞
  • 日本有線大賞 - 堀内孝雄:『恋唄綴り』
  • 最多リクエスト歌手賞 - B'z:『太陽のKomachi Angel 』
  • 最多リクエスト曲賞 - 堀内孝雄:『恋唄綴り』
  • 最優秀新人賞 - 晴山さおり:『一円玉の旅がらす』
第23回日本作詩大賞
第22回サントリー音楽賞
第22回新宿音楽祭
  • 金賞 - 忍者、晴山さおり
  • 銀賞 - 田中陽子ほか
  • 銅賞 - 西野妙子ほか
  • 審査員特別奨励賞 - 藤あや子
第21回日本歌謡大賞
  • 大賞 - 堀内孝雄「恋唄綴り」
  • 優秀放送音楽新人賞 - 忍者「お祭り忍者」、晴山さおり「一円玉の旅がらす」
第20回モービル音楽賞
第19回FNS歌謡祭(最終回)
  • グランプリ - B.B.クィーンズ「おどるポンポコリン」
  • 最優秀歌唱賞 - 該当者なし
  • 最優秀新人賞 - 忍者「お祭り忍者」
  • 最優秀ヒット賞 - 該当者なし
  • 最優秀視聴者賞 - 該当者なし
  • 特別賞 - 該当者なし
第19回東京音楽祭
  • ウィルソン・フィリップス「Hold On」
第18回銀座音楽祭(最終回)
  • グランプリ - 忍者
第18回ジロー・オペラ賞
  • オペラ大賞 - 佐藤しのぶ
  • オペラ賞 - 持木弘、佐藤光政
  • 新人賞 - 佐藤ひさら、田代誠
  • 特別賞 - 日本オペレッタ協会
第16回全日本歌謡音楽祭(最終回)
  • ゴールデングランプリ - 堀内孝雄「恋唄綴り」
  • 最優秀新人賞 - 忍者、晴山さおり
第16回横浜音楽祭
  • 最優秀新人賞 - 晴山さおり
第16回日本テレビ音楽祭(最終回)
  • 該当者なし
第16回日本演歌大賞
  • 大賞 - 堀内孝雄「恋唄綴り」
第16回歌謡ゴールデン大賞・新人グランプリ
  • 忍者
第15回南里文雄賞
第15回ライオンリスナーズグランプリ・FM東京最優秀新人賞
  • KUSU KUSU
第14回長崎歌謡祭
  • グランプリ - 浜英男
第11回入野賞
  • Claudio COJANIZ『"Spheres"-Leopardi e Artaud entrano a Chatila』
第10回日本作曲大賞
  • 「7時25分」(作曲:岩上峰山)
第9回メガロポリス歌謡祭
  • 演歌大賞男性部門 - 吉幾三
  • 演歌大賞女性部門 - 坂本冬美
  • ポップスグランプリポップス大賞 - 桂銀淑
  • 最優秀新人ダイヤモンド賞・最優秀新人賞 - 晴山さおり、田中陽子
第9回JASRAC賞
第9回中島健蔵音楽賞
第8回咲くやこの花賞 音楽部門
第7回現音作曲新人賞
  • 溝入敬三
第4回日本ゴールドディスク大賞 (対象期間 1989年2月1日 - 1990年1月31日)
  • 邦楽 - サザンオールスターズ
  • 洋楽 - マドンナ
第4回TEENS' MUSIC FESTIVAL
  • ティーンズ大賞 - おらひらお
  • 熱演賞 - TRUST
  • とんがり大賞 - BAD BOYS
  • 東京ブロック出場 - 一角獣
第1回朝日作曲賞 (合唱)
  • 入賞 - 菅原真理子「八月」
  • 入賞 - 熊谷賢一「イタリアの女が教えてくれたこと」
  • 佳作 - 林達也「月の光にあたえて」
第1回朝日作曲賞 (吹奏楽)
  • 河出智希「吹奏楽のための「斜影の遺跡」」
第1回出光音楽賞
第1回日本製鉄音楽賞
第1回BSヤングバトル
  • グランプリ - GAO
  • 準グランプリ - ザ☆スリッパーズ

デビュー[編集]

新人セールス[編集]

シングル

  • 1位 - JITTERIN'JINN/83.1万枚
  • 2位 - たま/63.6万枚
  • 3位 - PINK SAPPHIRE/51.3万枚
  • 4位 - AURA/24.5万枚
  • 5位 - BEGIN/21.5万枚
  • 6位 - 忍者/21.2万枚
  • 7位 - BY-SEXUAL/21.0万枚
  • 8位 - THE FUSE/20.4万枚
  • 9位 - ribbon/18.4万枚
  • 10位 - 晴山さおり/17.0万枚
  • 11位 - カブキロックス/12.5万枚
  • 12位 - NORMA JEAN/11.0万枚
  • 13位 - 和久井映見/9.8万枚
  • 14位 - D'ERLANGER/9.5万枚
  • 15位 - 関ゆみ子/8.3万枚
  • 16位 - KATSUMI/8.0万枚
  • 17位 - ヤン・スギョン/6.5万枚
  • 18位 - ミック・ブロズナン/6.2万枚
  • 19位 - 黒沢光義/6.1万枚
  • 20位 - 服部浩子/5.9万枚
  • 21位 - 北野都/5.7万枚
  • 22位 - BAKU/5.3万枚
  • 23位 - SHINE'S/4.9万枚
  • 24位 - 藤あや子/4.7万枚
  • 25位 - 田中陽子/4.3万枚
  • 26位 - 高橋真由美/4.2万枚
  • 27位 - 真木柚布子/3.6万枚
  • 28位 - COLOR/3.4万枚
  • 29位 - かまいたち/3.4万枚
  • 30位 - 栗林誠一郎/3.4万枚
  • 31位 - 鈴木彩子/3.1万枚
  • 32位 - 炎達/2.9万枚
  • 33位 - KUSU KUSU/2.8万枚
  • 34位 - FLYING KIDS/2.7万枚
  • 35位 - 西野妙子/2.2万枚
  • 36位 - NEW ROTeKA/2.2万枚
  • 37位 - 桐島かれん/2.2万枚
  • 38位 - 中川トオル/2.0万枚
  • 39位 - 花島優子/1.9万枚
  • 40位 - K・chaps!/1.9万枚
  • 41位 - 宍戸留美/1.9万枚
  • 42位 - 芳賀ゆい/1.8万枚
  • 43位 - Betty Blue/1.7万枚
  • 44位 - COBRA/1.7万枚
  • 45位 - RABBIT/1.6万枚
  • 46位 - 寺尾友美/1.6万枚
  • 47位 - ZOO/1.6万枚
  • 48位 - the ピーズ/1.5万枚
  • 49位 - GEN/1.4万枚
  • 50位 - Sherry/1.3万枚

アルバム

  • 1位 - JITTERIN'JINN
  • 2位 - たま
  • 3位 - PINK SAPPHIERE
  • 4位 - BEGIN
  • 5位 - BY-SEXUAL
  • 6位 - BAKU
  • 7位 - COBRA
  • 8位 - KUSU KUSU
  • 9位 - AURA
  • 10位 - FLYING KIDS
  • 11位 - 草尾毅
  • 12位 - THE FUSE
  • 13位 - D'ERLANGER
  • 14位 - 上々颱風
  • 15位 - かまいたち
  • 16位 - 東京スカパラダイスオーケストラ
  • 17位 - the ピーズ
  • 18位 - 佐々木望
  • 19位 - ribbon
  • 20位 - 炎達
  • 21位 - COLOR
  • 22位 - 人間椅子
  • 23位 - カブキロックス
  • 24位 - NEW ROTeKA
  • 25位 - 宮尾すすむと日本の社長
  • 26位 - Betty Blue
  • 27位 - 菊池健一郎
  • 28位 - NORMA JEAN
  • 29位 - 和久井映見
  • 30位 - KATSUMI

結成[編集]

解散・活動休止[編集]

年内[編集]

再結成[編集]

誕生[編集]

出身地または国籍が日本である人物の国名表記は省略。

死去[編集]

出典[編集]

  1. ^ 'Black Cat' Is Anything But Bad Luck For Jackson”. Orlando Sentinel. 2014年4月20日閲覧。
  2. ^ BBクイーンズのグループ名は、BBキングの名前をアレンジしたものだった
  3. ^ 「さよなら人類」がヒットしたフォーク・グループ
  4. ^ 1972年の来日公演の予定が、官僚の硬直した思考で中止になっていた
  5. ^ 「少女A」などヒット曲多数
  6. ^ ただし前者は初回盤と通常盤に分かれており当時はオリコンアルバムチャートでは別集計であったため、2つの合算による累計である
  7. ^ 「ヒット・ザ・ロード・ジャック」「ジョージア・オン・マイ・マインド」などヒット曲多数
  8. ^ https://www.billboard.com
  9. ^ Smith, Caspar Llewellyn . “Primal Scream: The band who made a rave new world” (英語). the Guardian. 2021年8月3日閲覧。

関連項目[編集]