勝部太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝部 太(かつべ ふとる、1949年 - )は、日本声楽家・音楽教育者。元東京藝術大学教授。群馬大学教育学部名誉教授東邦音楽大学特任教授。専門は声楽

来歴[編集]

長崎市出身。福岡教育大学英語科を卒業。1976 年東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻(独唱)修了。同年、日本音楽コンクール声楽部門第1位受賞。

1977年《蝶々夫人シャープレス二期会にデビューし、1978 年《ドン・ジョヴァンニタイトルロールを演ずる。1979年文化庁派遣芸術家在外研修員としてミュンヘンに留学する。帰国後、モンテヴェルディオルフェオ》タイトルロール、《フィガロの結婚》伯爵、《ファルスタッフ》フォード、《タンホイザー》ヴォルフラム、《ワルキューレヴォータン、《カルメン》エスカミーリョ、《ちゃんちき》狐のおとっさま、《金閣寺》溝口、《欲望という名の電車》スタンリーなど、バロックから現代までさまざまなオペラで活躍する。コンサート歌手としても「第九」はもとより、マーラーツェムリンスキーでも優れた歌唱を行う。近年はシューベルトの歌曲集《冬の旅》とロシア・ロマンスに情熱を傾ける。1979年と1991年ジロー・オペラ賞。1991年第1回出光音楽賞

東京藝術大学では1982年以来音楽学部声楽科非常勤講師を務め、2012年同准教授、2013年同教授として34年にわたって後進の育成にあたってきた。この間、1985-1999年東邦音楽大学総合芸術研究所教授(1999年- 特任教授)、1999-2012年群馬大学教育学部教授。日本声楽アカデミー会員、二期会会員。

年譜[編集]

人物[編集]

中山悌一に師事。

演奏会形式で、小澤征爾指揮新日フィル公演「アッシジの聖フランシスコ」(日本初演)のフランシスコ、若杉弘指揮N響公演「ペレアスとメリザンド」「光太夫」(フセイノフ・世界初演)等に出演している。

これまでにベートーヴェンレーヴェシューベルトシューマンブラームスヴォルフ等の歌曲によるリサイタル日生劇場水戸芸術館上毛ホール等で度々行っている。

二期会会員。

歌をこよなく愛している。

活動実績[編集]

担当講義[編集]

  • 声楽
  • 合唱