ウォッチタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォッチタワー
Watchtower
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州 オースティン
ジャンル プログレッシヴメタル
スラッシュメタル
ヘヴィメタル
ジャズ・フュージョン
活動期間 1982年 - 1990年
1999年 - 2010年
2015年 - 現在
レーベル Zombo Records
ノイズ・レコード
Prosthetic Records
公式サイト ウォッチタワー - Facebook
メンバー アラン・テクチオ (Vo)
ロン・ジャーゾンベク (G)
ダグ・ケイザー (B)
リック・コラルーカ (Ds)
旧メンバー ジェイソン・マクマスター (Vo)
ほか 別記参照

ウォッチタワー (Watchtower)は、アメリカ合衆国出身のプログレッシヴ・メタルバンド

同国の「フェイツ・ウォーニング」や欧州の「メコン・デルタ」らと並び、プログレッシブ・メタル成立の過渡期から活動する先駆者として知られる。「ドリーム・シアター」など同種の後続グループに多大な影響を与えた。

概要・略歴[編集]

1982年テキサス州オースティンで結成。

1985年、ジャズ的アプローチを込めた1stアルバム『Energetic Disassembly』をリリース。

1986年、ビリー・ホワイトから、実力派ギタリスト ロン・ジャーゾンベクに交代。よりテクニカルな方向に進む。

1988年、ジェイソン・マクマスター(vo)が新しいバンド、デンジャラス・トイズを結成するために脱退。その後アラン・テクチオ(Vo)が加入し、翌1989年に2ndアルバム『Control and Resistance』をリリース。しかし翌年早々にテクチオが脱退してしまう。またジャーゾンベクの手に重度の怪我を抱えた事情もあって継続が困難となり、同年に解散した。

1999年、ジェイソン・マクマスター(vo)が復帰して再結成を果たし、創作やライブ活動を再開する。しかしデモ制作やコンピレーション・アルバムをリリースするものの、新作発表までには中々至らなかった。

2010年にマクマスターが離脱し、アラン・テクチオが復帰。3rdアルバム『Mathematics』の制作を進めるが、これもデモ制作の段階で頓挫し、また活動が停止した。

2015年、創作活動を再開し、これまでの素材の再構築を進める。そして翌2016年、2ndアルバム以来となる26年ぶりの新作EP『Concepts of Math: Book One』を発表した[1]

スタイル[編集]

音楽性は実力派のギタリスト ロン・ジャーゾンベクを中心に[2]、テクニカルなスラッシュメタルをベースとした「プログレッシヴ・メタル」を実践している。同時期に台頭した欧州の「メコン・デルタ」がクラシック音楽を取り入れたのに対し、こちらはフリー・ジャズフュージョン (音楽)を内包するサウンドを展開した。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • アラン・テクチオ Alan Tecchio - ボーカル (1989-1990, 2010, 2015- )
  • ロン・ジャーゾンベク Ron Jarzombek - ギター (1986-1990, 1999-2010, 2015- ) ブロテッド・サイエンス
  • ダグ・ケイザー Doug Keyser - ベース (1982- )
  • リック・コラルーカ Rick Colaluca - ドラムス (1982- )

旧メンバー[編集]

  • ジェイソン・マクマスター Jason McMaster - ボーカル (1982-1988, 1999-2009)
  • マイク・ソリズ Mike Soliz - ボーカル (1988-1989)
  • ビリー・ホワイト Billy White - ギター (1982-1986)

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム
  • Energetic Disassembly (1985)
  • Control and Resistance (1989)
EP
  • Concepts of Math: Book One (2016)

脚注[編集]

外部リンク[編集]