菊池淡水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菊池 淡水(きくち たんすい、1902年9月8日 - 1990年4月1日[1])は、日本尺八演奏者、民謡歌手岩手県和賀郡湯田町(現・西和賀町)に生まれる。本名は滋直(しげなお)。

宮城県出身の後藤桃水に師事した。

功績[編集]

  • 1950年 日本民謡協会を設立・育成し民謡発展の基礎を作り上げた。
  • 日本で民謡を初めて五線譜で表し出版した。
  • 大倉喜七郎の肝煎りで考案されたオークラウロ(尺八とフルートを掛け合わせた楽器)の奏者としてNHK交響楽団などとも共演した。

逸話[編集]

初め横手市で板金屋を営んでいる伯父の所に弟子入りしたが、仕事が嫌で、16歳の時、奉公先から友人の山川商店の息子と2人で逃げて上京した。この後、後藤桃水に師事した。

徒然[編集]

淡水の威徳を偲ぶ人々の手で、湯田町(現・西和賀町)上野々の銀河ホールの庭に淡水の胸像が建てられている。

脚注[編集]

  1. ^ 『新撰 芸能人物事典 明治~平成』(日外アソシエーツ・2010年刊)