ペギー・グランヴィル=ヒックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペギー・グランヴィル=ヒックスPeggy Glanville-Hicks1912年12月29日 - 1990年6月25日)は、オーストラリア作曲家

生涯[編集]

メルボルン出身。1931年から1936年までロンドン王立音楽大学に留学し、ピアノアーサー・ベンジャミンに、指揮コンスタント・ランバートマルコム・サージェントに、作曲レイフ・ヴォーン=ウィリアムズに師事した。その他にナディア・ブーランジェエゴン・ヴェレスについて学んだ。1949年から1958年までニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙の音楽批評を担当した。1950年イギリスを離れ、1978年までギリシャに居住した。1980年代にオーストラリアに帰国するが、その前にアメリカ合衆国ジョージ・アンタイルの『バレエ・メカニック』をパーカッションアンサンブル用に編曲している。

1938年から1949年までイギリスの作曲家スタンリー・ベイトと結婚していた。

音楽[編集]

主な作品には『太平洋交響曲』『エトルリア協奏曲』『ロマン的協奏曲』、ニカノール・サバレタによって初演された『ハープソナタ』などがある。またオペラには『すげかえられた首』『ナウシカ』『サッフォー』がある。