スタンリー・ベイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタンリー・ベイトStanley Bate, 1911年12月12日 - 1959年10月19日)は、イギリス作曲家ピアニスト

プリマス出身。幼時から音楽教育を受け、20歳までに2つのオペラを作曲した。レイフ・ヴォーン・ウィリアムズレジナルド・オーウェン・モリスゴードン・ジェイコブアーサー・ベンジャミンに師事した後、パリに留学してナディア・ブーランジェについて学び、ベルリンではパウル・ヒンデミットについて学んだ。舞台音楽の作曲家として活動し、またピアニストとしてアメリカ合衆国オーストラリアで公演した。しばらくアメリカに滞在した後、ロンドンに戻ったが、母国では外国ほどの評価を受けることがなかった。その結果、1959年に自殺した。

作風はヴォーン・ウィリアムズ、ヒンデミット、ウィリアム・ウォルトンの影響を受けたものであった。

作品[編集]

バレエ[編集]

  • エロス(1935)
  • ゴイエスカス(1937)
  • ペルセウス(1939)
  • トロイラスとクレシダ(1948)

舞台音楽[編集]

  • エレクトラ(1938)
  • 桜の園(1938ごろ)
  • 十二夜(1938ごろ)

管弦楽曲[編集]

  • コンチェルタンテ(1936-38)
  • コンチェルティーノ(1937)
  • 交響曲第2番(1937-39)
  • シンフォニエッタ第1番(1938)
  • ピアノ協奏曲第2番(1940)
  • 交響曲第3番(1940)
  • ヴァイオリン協奏曲第2番(1943)
  • シンフォニエッタ第2番(1944)
  • ヴィオラ協奏曲(1944-46)
  • ヴァイオリン協奏曲第3番(1947-50)
  • ピアノ協奏曲第3番(1951-52)
  • コンチェルト・グロッソ(1952)
  • ハープシコード協奏曲(1952-55)
  • チェロ協奏曲(1953)
  • 交響曲第4番(1954-55)
  • ピアノ協奏曲第4番(1955)
  • ピアノ協奏曲第5番(1958)

文献[編集]

  • Michael Barlow, "Stanley Bate". The New Grove Dictionary of Music and Musicians online.