オレグ・カガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オレグ・モイセーエヴィチ・カガンロシア語: Олег Моисеевич Каган、ラテン文字転写例: Oleg Moiseyevich Kagan、1946年11月22日 ユジノサハリンスク - 1990年7月15日 ミュンヘン)はソビエト連邦ヴァイオリニストである。

生涯[編集]

7歳でラトビアリガ音楽院に入学してヨアヒム・ブラウンに師事。その後は1959年にモスクワ中欧音楽学校に進み、ボリス・クズネツォフとダヴィッド・オイストラフの薫陶を受け、後者の愛弟子となって私的にも親しい関係を育んだ。コンクールに参加して数々の賞を授与されており、1964年にはブカレスト・エネスコ・コンクールにおいて4位を、1965年には、ヘルシンキシベリウス・コンクールにおいて第1位とチャイコフスキー・コンクールにおいては第2位を、1968年にはライプツィヒバッハ・コンクールにおいて第1位を獲得した。

チェリストナターリヤ・グートマンと結婚し、たびたび共演する機会を持った。1969年からはスヴャトスラフ・リヒテル室内楽の定期的なパートナーとして活動を続けた。いわゆる「リヒテル・ファミリー」の中核的な存在だった。バイエルン州のヴィルバート・クロイト(de:Wildbad Kreuth)において音楽祭を主催し、このファミリーとの共演で親密な演奏を聴かせた。

1990年、のため43歳の若さで逝去した。ヴィルバート・クロイトでの音楽祭は彼の生前の功績を讃えてオレグ・カガン国際音楽祭と改名され、妻のグートマンやリヒテルなどによって継承された。

参考資料[編集]

  • Alan Pâris: Lexikon der Interpreten klassischer Musik im 20. Jahrhundert. DTV, München und Kassel 1992, ISBN 3-423-03291-X
  • Harald Eggebrecht: Große Geiger München, Piper 2000, ISBN 3-492-04264-3
  • Albrecht Roeseler: Große Geiger unseres Jahrhunderts München, Piper 1988, ISBN 3-492-03063-7