コンテンツにスキップ

吉澤嘉代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉澤嘉代子
吉澤嘉代子(2023年)
基本情報
生誕 (1990-06-04) 1990年6月4日(34歳)[1]
出身地 日本の旗 日本 埼玉県川口市[1][2]
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
テルミン
活動期間 2013年 -
レーベル 日本クラウン/e-stretch RECORDS
(2014年 - 2020年)
ビクターエンタテインメント
(2020年 - )
事務所 ビクターミュージックアーツ
共同作業者 LALLA
公式サイト 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト
吉澤嘉代子
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約7.35万人
総再生回数 約2358.2万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年1月17日時点。
テンプレートを表示

吉澤 嘉代子(よしざわ かよこ、1990年6月4日[1][3] - )は、日本シンガーソングライター

来歴

[編集]

出生〜音楽活動を始めるまで

[編集]

1990年埼玉県川口市生まれ[2]。血液型はO型[4]鋳物工場街育ちで、実家は金型の工場を営んでいた。小学5年生から中学時代の5年間、完全に不登校となり、昼の子どもがいない時間帯に図書館に入り浸って小説を読むようになる[5][6][7]

メジャーデビューまで

[編集]

父の影響で井上陽水を聴いて育ち、16歳から作詞作曲を始める[5]

2010年3月、ヤマハ主催のコンテスト「“Music Revolution Song Contest” TOKYO FINAL」において「みどりの月」(未音源化)でオーディエンス賞を受賞[8]。さらに同年11月、ヤマハ主催のコンテスト「“The 4th Music Revolution” JAPAN FINAL」に「ヨシザワカヨコとりんりんズ」名義で出場し、「らりるれりん」でグランプリとオーディエンス賞をダブル受賞[9]

2013年6月5日、インディーズ 1st mini Album「魔女図鑑」を発売。キャッチコピーは「吉澤嘉代子、ただいま魔女修行中。」。同年11月にshibuya duo MUSIC EXCHANGE でワンマンライブ「ファーストワンマンショウ〜夢で逢えたってしょうがないでshow!〜」を開催。

メジャーデビュー以降

[編集]

2014年5月14日、日本クラウン株式会社と株式会社ヤマハミュージックアーティスト、株式会社ヤマハミュージックパブリッシングによる新レーベル「e-stretch RECORDS」の第1弾アーティストとしてミニアルバム「変身少女」でメジャーデビュー[9]。リード曲「美少女」が5月度オリコンFMパワープレイランキング邦楽1位を獲得[10]。 10月22日、2枚目のミニアルバム「幻倶楽部」を発売。

2015年3月4日、初めてのアルバム『箒星図鑑』をリリース[注 1][11]。12月、全国8都市を回るワンマンツアー「吉澤嘉代子 秘密ツアー 〜8都市をめぐる秘密公演〜」を開催[注 2][12]

2016年4月、演劇仕立てのステージでアルバム『東京絶景』の世界観を表現する全国ツアー「吉澤嘉代子 絶景ツアー “夢をみているのよ”」を全国7都市で開催[注 3][13]

2016年8月3日、サンボマスター私立恵比寿中学岡崎体育伊澤一葉、ザ・プーチンズ、ORESAMA曽我部恵一などとのコラボレーションミニアルバム『吉澤嘉代子とうつくしい人たち』をリリース。10月、”吉澤嘉代子とうつくしい人たちツアー”では一人カラオケを楽しむOLに扮し、各公演にゲストを招きコラボ楽曲を演奏する。

2017年12月21日、バンドを結成することを公式ツイッターで発表 [14]。吉澤嘉代子以外のメンバーは弓木英梨乃(KIRINJI)、DJ松永Creepy Nuts)、ハマ・オカモトOKAMOTO'S)。その後、澤村一平(SANABAGUN.)が加入 [15]

2018年3月、東名阪ツアー「ウルトラスーパーミラクルツアー」を開催[注 4][16]

2018年11月、4枚目のアルバム『女優姉妹』をリリース。

2019年10月、全国ツアー「お茶会ツアー2019」を開催。11月には「デビュー5周年記念 吉澤嘉代子のザ・ベストテン」を開催。翌年5月に念願の日比谷野外音楽堂でのライブ開催を発表するも、新型コロナウィルスの影響で中止に。

2020年9月、初のオンラインライブ「通信・すなっく嘉代子」を開催。ライブ終了後、ビクターエンタテインメントへのレーベル移籍を発表。11月25日に移籍第一段シングル「サービスエリア」、コンピレーションアルバム『新・魔女図鑑』を同時リリース。

2021年1月20日、配信シングル『刺繍』をリリース。テレビ東京他で放送されたドラマ「おじさまと猫」のオープニングテーマとして起用された[17]

3月には、5枚目のアルバム『赤星青星』をリリース。約1年4ヶ月ぶりとなるコンサート「赤青ツアー2021」を3月24日、28日に開催した[18]。6月20日には、昨年コロナによって中止/延期になっていたワンマンライブ「吉澤嘉代子の日比谷野外音楽堂」を開催[19]

2023年5月9日には、EX THEATER ROPPONGIにて単独公演「アイクリームの日」を開催。7月12日には映画「アイスクリームフィーバー」主題歌として書き下ろしたニューシングル「氷菓子」をリリース[20]。11月15日"青春"をテーマにした二部作の第一弾EP『若草』をリリース。

2024年1月にビクターミュージックアーツへの移籍を発表。「ご縁がありビクターミュージックアーツに所属することとなりました。これまでご一緒してきた大好きなチームに、さらに素敵な仲間たちが加わり、今が人生でいちばん楽しいです。」とコメント[21]

1月より全国ライブハウスツアー「吉澤嘉代子 Live House Tour “若草”」を開催。3月20日に第二弾EP『六花』をリリース。4月より「吉澤嘉代子 Hall Tour “六花”」を開催。デビュー10周年となる5月14日に単独公演「吉澤嘉代子10周年記念公演〜まだまだ魔女修行中。〜」を開催する[22]

人物

[編集]

幼少期に、梨木香歩による小説『西の魔女が死んだ』に感銘を受け、魔女への憧れからつぶれた工場の一部屋を自分の部屋として貰い、小学生の間、魔女修行を行う。実際に、おばあちゃんにもらった黒い長いスカート、お年玉で買ったホウキとトランクに詰めたおやつ、飼っていた犬を連れて、その部屋で魔女の修行に日々明け暮れていた[23]

サンボマスターのライブを観に行ったことをキッカケにミュージシャンの道を志す。「サンボマスターのライブを初めて見た時に、ステージの向こうでお話をしたいっていう下心が芽生え、私も音楽を仕事にしようって自分の中で勝手に決めたんです[24]。」

楽曲作りをはじめたキッカケについては、「曲を作り始めたときに、初めて世の中とつながれたような気がして、すごくラクになったんです。おしゃべりとかふるまいで自分を出すことができなかったので。でも歌はすごく時間をかけて作れるし、相手の反応を待たずに自分の気持ちを発表できるのが、すごく自分に合ってるなって。瞬間瞬間のレスポンスがすごく苦手なんです。音楽は自分を知ってもらうための手段でもあるんだけど、変身願望を満たす手段でもあって。」と語る[25]

作り上げる音楽性・世界観の才能から、ミュージシャン、芸能人からの評価が高い。

2014年、テレビ朝日「musicるTV」内の人気コーナー「もし売れ」でヒャダイン綾小路翔が紹介した[26]。2016年には、back number清水依与吏楽曲「綺麗」を絶賛した[要出典][27]

2018年の年始にテレビ朝日系列で放送された「関ジャムの完全燃SHOW」の『蔦谷好位置いしわたり淳治の売れっ子音楽プロデューサー2人が選ぶ2017年の年間ベストソング特集!』にて、楽曲「残ってる」を揃ってベスト10に挙げた[28]

2019年に[要出典]フジテレビ系列で放送された「人と音楽」では、サカナクション山口一郎が「彼女の歌には自分が絶対に辿り着けない“視点”がある。うらやましい」とコメント[29]

2021年に開催した、念願の日比谷野外音楽堂ライブでは「マイナスをどうやってフラットに戻すかを考えるようになって、『夢』という言葉をあまり聞かなくなった時代に、自分の夢を叶えることに対して不安もありました。でも、私の大好きな曲を詰め込んで、リハーサルをしていくうちに、過去の自分と何度も出会って、私が歌を歌う理由は、自分が子供だった頃のような子供に向けて歌うことだっていう気持ちをもう一度思い出せたので、これからの自分にとっても大切な一日になりました」とコメント[30]

女優の吉岡里帆[31]KIRINJIの弓木英梨乃白井奈津阿部真央[要出典]など、プライベートでも仲が良い。吉岡里帆が出演したミュージックビデオ「ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター」の公開記者会見イベントでは「いっぱい大変なことがあるのに、ちゃんと綺麗だと思える心が美しくて……それは吉澤嘉代子さんというアーティストの一番素敵なところで。うまく言えないけど、どの曲も大事にみんなに届けようとしているのがわかるから、大好きです」とコメント[32]

甘いものが苦手で[33]、好きな食べ物は寿司[34]。2021年3月には『赤星青星』発売を祝って寿司ケーキが贈られた[35]

世界一受けたい授業」(2023年9月2日OA回)で松本隆が「氷菓子」を紹介。「僕の歌詞のDNA を受け継いでいる」を絶賛[36]

NHK BS「The Covers」をキッカケに上白石萌歌と出会い、後日「装苑ONLINE」で対談を実施。「素敵な出会いを逃したくなくてお声掛けしました。これからもキュートで魅力に溢れたミューズを追いかけていきたい!」とコメント[37]

ファーストサマーウイカとは生年月日が同じ。Podcast番組「ハナシはこれから。」にて対談を行い意気投合。「普遍的な気持ちや共感性のある歌詞なのに、全然ありきたりじゃない。寄り添ってきたと思ったら才能とセンスで突き飛ばしてくる。」と絶賛された[38]


使用機材

[編集]

ギター

[編集]

ディスコグラフィ

[編集]

ミニアルバム

[編集]
  発売日 タイトル 規格品番 収録曲・クレジット 備考
インディーズ
1st 2013年6月5日 魔女図鑑 YMPCD-6 ヤマハミュージックパブリッシング
オリコン最高242位、登場回数1回
メジャー
1st 2014年5月14日 変身少女 CRCP-40373 オリコン最高30位、登場回数3回
2nd 2014年10月22日 幻倶楽部 CRCP-40386 オリコン最高60位、登場回数1回
3rd 2015年10月7日 秘密公園 CRCP-40432 オリコン最高49位、登場回数2回
EP 2023年11月15日 若草 VIZL-2243:初回限定盤
VICL-65892:通常盤
EP 2024年3月20日 六花 VIXY-279:初回限定盤
VICL-65957:通常盤

フルアルバム

[編集]
  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲・クレジット 備考
1st 2015年3月4日 箒星図鑑 CD CRCP-40399 オリコン最高72位、登場回数4回
2nd 2016年2月17日 東京絶景 CD+DVD CRCP-40446(初回限定盤) オリコン最高33位、登場回数3回
CD CRCP-40447(通常盤)
3rd 2017年3月14日 屋根裏獣 CD+DVD CRCP-40497(初回限定盤) オリコン最高39位、登場回数3回
CD CRCP-40564(通常盤)
4th 2018年11月7日 女優姉妹 CD+DVD CRCP-40563(初回限定盤) オリコン最高14位、登場回数4回
CD CRCP-40564(通常盤)
5th 2021年3月17日 赤星青星 CD+DVD VIZL-1877(初回限定盤) オリコン最高25位、登場回数3回
CD VICL-65488(通常盤)

シングル

[編集]
  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲・クレジット 備考
1st 2017年5月24日 月曜日戦争 CD+カセットテープ CRCP-10371(初回限定盤) オリコン最高42位、登場回数2回[42]
CD CRCP-10372(通常盤)
2nd 2017年10月4日 残ってる CD+DVD CRCP-10386(初回限定盤) オリコン最高17位、登場回数4回[42]
CD CRCP-10387(通常盤)
3rd 2018年6月13日 ミューズ CD+DVD CRCP-10399(初回限定盤)
CD CRCP-10400(通常盤)
4th 2020年11月25日 サービスエリア CD+DVD VIZL-1826(初回限定盤) オリコン最高29位、登場回数2回[42]
CD VICL-37573(通常盤)
6th[注 5] 2023年7月12日 氷菓子 CD+DVD NZS-926(パッケージ盤)

配信限定シングル

[編集]
発売日 タイトル レーベル
2017年8月2日 怪盗メタモルフォーゼ -CM Version- 日本クラウン
2021年1月20日 刺繍 ビクターエンタテインメント
2022年1月26日 鬼 remixed by 佐藤優介
2024年1月31日 涙の国

コラボレーション作品

[編集]
  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲・クレジット 備考
ミニアルバム 2016年8月3日 吉澤嘉代子とうつくしい人たち CD+DVD CRCP-40470(初回限定盤) オリコン最高28位、登場回数3回
CD CRCP-40471(通常盤)

コンピレーションアルバム

[編集]
発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲・クレジット 備考
2020年11月25日 新・魔女図鑑 CD+DVD CRCP-40614(初回限定盤) オリコン最高41位
CD CRCP-40615(通常盤)

参加作品

[編集]
アーティスト 発売日 タイトル 収録作品 備考
TTRE 2016年7月1日 くちびるが持つ力 feat.吉澤嘉代子 『ブラーリ』 ゲストアーティスト。アルバム収録曲。
SOROR(そろる) 2016年10月8日 はなせばわかる feat. 吉澤嘉代子 ゲストボーカル。配信シングル。
カーネーション 2017年9月13日 Please Please Please 『Suburban Baroque』 コーラスで参加。アルバム収録曲。
清竜人 2018年11月14日 目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子) 『目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)』 ゲストボーカル。シングル表題曲。
sumika 2019年3月13日 あの手、この手 『Chime』 ゲストボーカル。
橋本由香利 2019年4月- NHK連続テレビ小説『なつぞら』劇中音楽 劇中音楽の歌唱

楽曲提供

[編集]
アーティスト名 楽曲タイトル クレジット 発売日 備考
南波志帆 おとぎ話のように 作詞・作曲 2016年4月6日 のちにシングル「ミューズ」にセルフカバー・バージョンを収録。
私立恵比寿中学 面皰 作詞・作曲 2016年4月20日 クレアラシル「リバイバル-しかも篇」CMソング。
クミコ with 風街レビュー 「消しゴム」 作曲 2017年9月27日 作詞は松本隆
私立恵比寿中学 「日記」 作詞・作曲 2018年1月11日 ドラマ「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」主題歌[43]
YUKI 「魔法はまだ」 作曲 2019年2月6日 作詞はYUKI
私立恵比寿中学 曇天 作詞・作曲 2019年3月13日
由紀さおり 「椿」 作詞 2019年3月20日 作曲は伊澤一葉
田村芽実 「舞台」 作詞・作曲 2019年8月21日
中島愛 「髪飾りの天使」 作詞・作曲 編曲は清竜人
TVアニメ「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」エンディングテーマ。
鈴木愛理 噂のホクロ 作詞・作曲 2022年2月2日
鈴木愛理 笑顔 作詞・作曲 2022年2月2日

ミュージックビデオ

[編集]

プロモーション・ビデオ

[編集]
曲名 監督 公開日 出演
未成年の主張 M & M 吉澤嘉代子
美少女 吉村瞳 2014年5月11日 吉澤嘉代子
ケケケ 山口保幸 2014年9月22日 吉澤嘉代子 掛札拓郎
東京絶景 千原徹也 2015年1月6日 吉澤嘉代子
ストッキング 田中のぞみ 2015年1月29日 吉澤嘉代子 今瀬葵
泣き虫ジュゴン 千原徹也 2015年3月11日 吉澤嘉代子
綺麗 大喜多正毅 2015年9月28日 吉澤嘉代子
ユキカ 外山光男 2015年10月6日 アニメーション作品
movie 外山光男 2016年4月14日 アニメーション作品
ものがたりは今日はじまるの feat. サンボマスター 池田圭 2016年6月24日 吉岡里帆 吉澤嘉代子
ねえ中学生 feat. 私立恵比寿中学 外山光男 2016年10月7日 アニメーション作品
地獄タクシー 杉山弘樹 2017年2月16日 吉澤嘉代子 ACE
月曜日戦争 千原徹也 たなかみさき 2017年5月11日 アニメーション作品
残ってる 千原徹也 2017年9月16日 モトーラ世理奈
ミューズ 千原徹也 2018年6月13日 安達祐実
女優 枝優花 2018年10月2日 小川紗良 瀬戸かほ
最終回 松永つぐみ 2019年2月6日 吉澤嘉代子 sugarbeans(ピアノ) 伊藤大地(ドラムス) 木暮晋也(ギター) 湯本淳希(トランペット) 中村尚平(バリトンサックス)
サービスエリア 千原徹也 2020年11月25日 吉澤嘉代子
刺繍 山岸聖太 2021年1月20日 吉澤嘉代子
Ring 2021年3月10日 アニメーション作品
鬼 remixed by 佐藤優介 Ring 2022年1月26日 アニメーション作品

リリック・ビデオ

[編集]
曲名 公開日
未成年の主張 2013年3月19日
らりるれりん 2013年4月5日
化粧落とし 2013年4月19日
恥ずかしい 2013年5月2日
ぶらんこ乗り 2013年5月22日
泣き虫ジュゴン 2013年5月31日
シーラカンス通り 2014年10月8日
がらんどう 2014年10月16日
ちょっとちょうだい 2014年10月20日
うそつき 2014年11月11日
手品 2016年2月3日

ライブ映像

[編集]
曲名 会場(公演名) 収録日 公開日 制作
未成年の主張 渋谷LUSH 2013年9月5日 2013年9月19日 SLEEPERS FILM
未成年の主張 渋谷La.mama 2013年10月2日 2013年10月28日 SLEEPERS FILM
未成年の主張 路上 2013年11月17日 SLEEPERS FILM
泣き虫ジュゴン TSUTAYA O-EAST(ファーストツアー ~妄想文化祭~) 2014年11月27日 2014年12月23日
東京絶景 LIQUIDROOM(秘密ツアー ~8都市をめぐる秘密公演~) 2015年12月17日 2016年2月25日
残ってる ラグナシア森、道、市場2018) 2018年5月13日 2018年8月20日 SPACE SHOWER TV

タイアップ一覧

[編集]
楽曲 タイアップ 備考
「美少女」 札幌駅JRタワー「アピア」春夏イメージソング(2015年2月 - ) 1stアルバム『彗星図鑑』収録曲。
「ユキカ」 札幌駅JRタワー「アピア」秋冬テーマソング(2015年8月 - ) 2ndアルバム『東京絶景』収録曲。
「月曜日戦争」 読売テレビ系ドラマ「架空OL日記」主題歌(2017年4月)
映画『架空OL日記』主題歌(2020年2月)
書き下ろし。
「怪盗メタモルフォーゼ」 資生堂「インクストローク アイライナー」CMソング(2017年7月) 書き下ろし。
「ミューズ」 テレビ神奈川(tvk)制作の音楽情報バラエティ番組「関内デビル」エンディングテーマ(2018年6月度) 書き下ろし。
「雪」 映画『いつも月夜に米の飯』主題歌(2018年9月) 1stアルバム『彗星図鑑』収録曲[44]
「よるの向日葵」 ミニミニ テレビCM(2019年1月 - ) 4thアルバム『女優姉妹』収録曲。CMは「卒業式の帰り道編」「母のおにぎり編」「父と息子編」3つのバージョンあり[45]
「刺繍」 テレビ東京ほか、ドラマParavi『おじさまと猫』オープニングテーマ(2021年1月-) 5thアルバム『赤星青星』収録曲。主演:草刈正雄神木隆之介
「氷菓子」 映画『アイスクリームフィーバー』主題歌(2023年7月) 主演:吉岡里帆モトーラ世理奈 監督:千原徹也
「涙の国」 TBSテレビ ドラマストリーム瓜を破る~一線を越えた、その先には』 エンディングテーマ(2024年1月 - )[46] 主演:久住小春佐藤大樹(EXILE /FANTASTICS)

主なライブ

[編集]

ワンマンライブ・主催イベント

[編集]
開催日 タイトル 備考
2014年11月22日〜12月4日 ファーストツアー 妄想文化祭
2014年12月5日〜12月28日 妄想お茶会ツアー
2015年5月9日〜5月16日 箒星ツアー2015
2015年11月27日〜12月20日 秘密ツアー 8都市をめぐる秘密公演
2016年4月9日〜4月30日 絶景ツアー「夢をみているのよ」
2016年8月3日 ミニアルバム『吉澤嘉代子とうつくしい人たち』発売記念インストアイベント @HMV & BOOKS TOKYO
2016年10月14日〜10月22日 吉澤嘉代子とうつくしい人たちツアー
2017年4月29日〜5月19日 獣ツアー2017
2017年10月23日〜11月21日 お茶会ツアー2017
2018年3月13日〜3月22日 ウルトラスーパーミラクルツアー
2018年3月30日〜3月31日 第1回ほうきの集い~決起会~
2018年6月13日 3rdシングル「ミューズ」発売記念インストアイベント @TOWER RECORDS渋谷 B1F CUTUP STUDIO
2018年6月16日〜6月17日 吉澤嘉代子の発表会
2018年12月4日〜12月15日 みつあみクインテットツアー
2019年2月10日〜3月17日 女優ツアー2019
2019年10月3日〜11月9日 吉澤嘉代子「お茶会ツアー2019」
2019年11月30日 デビュー5周年記念 吉澤嘉代子のザ・ベストテン @川口総合文化センターリリア メインホール
2020年5月5日 吉澤嘉代子の日比谷野外音楽堂【中止/延期】 @日比谷野外大音楽堂
2020年9月20日 通信・すなっく嘉代子 オンラインライブ
2021年3月24日 赤青ツアー
2021年6月20日 吉澤嘉代子の日比谷野外音楽堂 @日比谷野外音楽堂
2023年5月9日 アイクリームの日 EX THEATER ROPPONGI
2024年1月10日 Live House Tour “若草”
2024年4月18日 Hall Tour “六花”
  • 4月18日名古屋市公会堂
  • 4月19日(金)NHK大阪ホール
  • 4月21日(日)LINE CUBE SHIBUYA
2024年5月14日 単独公演「吉澤嘉代子10周年記念公演〜まだまだ魔女修行中。〜」 LINE CUBE SHIBUYA

出演イベント

[編集]

出演イベント(音楽以外)

[編集]
  • 2017年6月17日 - れもんらいふデザイン塾(講師として)
  • 2017年9月27日 - She is × ルミネ『CLASS ROOM』(トークイベントゲストとして)
  • 2018年8月4日 - 千原徹也と、れもんらいふ デザインの裏側がよくわかる話(トークイベントゲストとして)

出演

[編集]

テレビドラマ

[編集]

ラジオ

[編集]
  • 吉澤嘉代子 魔女日記(2017年、Crimson FM)※6月限定で配信された[48]

関連人物

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ アルバムでは氣志團綾小路翔が楽曲に参加している。
  2. ^ バックバンドのメンバーは伊澤一葉(Key / the HIATUSあっぱ)、弓木英梨乃(G / KIRINJI)、Shige(B / DadaD)、神谷洵平(Dr / 赤い靴)。
  3. ^ バックバンドのメンバーは横山裕章(Key、バンドマスター)、弓木英梨乃(G / KIRINJI)、伊賀航(B)、伊藤大地(Dr / グッドラックヘイワ)。
  4. ^ バックバンドのメンバーは横山裕章(Key、バンドマスター)、ハマ・オカモト(B)、伊藤大地(Dr)、尾崎博志(G)、湯本淳希(Tp)、加藤雄一郎(Sax)。
  5. ^ 5枚目のフィジカルシングルだが、公式ウェブサイトでは6th SINGLEと表記している。従って、配信限定シングル「刺繍」と「鬼 remixed by 佐藤優介」のどちらかが公式5th SINGLEとなる。

出典

[編集]
  1. ^ a b c 吉澤嘉代子 - 音楽プロダクション”. ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス. 2019年7月26日閲覧。
  2. ^ a b 吉澤嘉代子「変身少女」インタビュー”. 音楽ナタリー (2014年5月14日). 2019年7月26日閲覧。
  3. ^ 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト”. 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト. 2019年7月26日閲覧。
  4. ^ , 【ピエール中野(凛として時雨)/吉澤嘉代子】 ぷらナタ #8 /WOWOWぷらすと+ナタリー - YouTube 2019年7月26日閲覧。 
  5. ^ a b 三島由紀夫さんの小説『女神』など「欲望」をテーマにした本に影響された ------アノヒトの読書遍歴:吉澤嘉代子さん(前編)”. ブックスタンド (2015年11月29日). 2017年5月19日閲覧。
  6. ^ 鏡よ鏡、滑稽なのはだあれ? 吉澤嘉代子インタビュー”. CINRA (2013年5月31日). 2017年5月19日閲覧。
  7. ^ “消したい過去だった子供時代、今は大切な宝物 吉澤嘉代子”. 朝日新聞デジタル&M. (2018年2月5日). オリジナルの2018年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180205113413/http://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018020223351.html?iref=com_fbox_u05 
  8. ^ The 3rd Music Revolution Song Contest TOKYO FINAL 大会結果”. ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス. 2019年6月28日閲覧。
  9. ^ a b 第1弾アーティストは吉澤嘉代子! 日本クラウンとヤマハが新レーベル発足”. Real Sound (2014年3月14日). 2018年11月19日閲覧。
  10. ^ “吉澤嘉代子 「美少女」がFMパワープレイランキング1位に”. Daily News (Billboard JAPAN). (2014年5月16日). オリジナルの2021年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210821231546/https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/19972/2 
  11. ^ (インタビュアー:RISA TERACHI)「【インタビュー】吉澤嘉代子、「自分じゃない誰かに歌うことができるようになった、それがすごくうれしい」」『BARKS』、2015年3月5日https://www.barks.jp/news/?id=10001133512015年3月6日閲覧 
  12. ^ 吉澤嘉代子、8都市をめぐる秘密ツアー完遂「ずっとライブをしていきたいなあ」”. 音楽ナタリー (2015年12月21日). 2016年5月17日閲覧。
  13. ^ 吉澤嘉代子が初のホール公演、演劇仕立てのステージで「東京絶景」を表現”. 音楽ナタリー (2016年5月2日). 2016年5月17日閲覧。
  14. ^ @yoshizawakayoko (2017年12月21日). "【ご報告】". X(旧Twitter)より2018年1月8日閲覧
  15. ^ @yoshizawakayoko (2018年5月17日). "LALLA". X(旧Twitter)より2019年6月2日閲覧 |date=の値と|number=から計算された日付が2日以上異なります(解説
  16. ^ 吉澤嘉代子の春ツアーに横山裕章、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)ら参加”. BARKS (2018年1月21日). 2018年1月22日閲覧。
  17. ^ “吉澤嘉代子、ドラマ『おじさまと猫』主題歌「刺繍」MV予告編を公開”. SPICE (株式会社イープラス). (2021年1月20日). オリジナルの2021年1月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210120090042/https://spice.eplus.jp/articles/281743 
  18. ^ “吉澤嘉代子”. ビクターエンタテインメント. (2021年3月29日). オリジナルの2021年3月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210329051825/https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A026841/50.html 
  19. ^ “吉澤嘉代子 夢の舞台・日比谷野音ワンマンに見た、夢を叶えることの尊さと美しさ”. SPICE (株式会社イープラス). (2021年6月28日). オリジナルの2021年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210628100113/https://spice.eplus.jp/articles/289110 
  20. ^ Inc, Natasha. “吉澤嘉代子、映画「アイスクリームフィーバー」主題歌リリース決定”. 音楽ナタリー. 2023年5月16日閲覧。
  21. ^ 吉澤嘉代子を応援してくださる皆さんへ”. 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト. 2024年2月1日閲覧。
  22. ^ Inc, Natasha. “まだまだ魔女修行中!吉澤嘉代子がメジャーデビュー10周年記念日にワンマンライブ開催(コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2024年2月1日閲覧。
  23. ^ “吉澤嘉代子が迎えた変化のとき。魔女修行から始まった彼女の物語をいま改めて振り返る”. Mikiki (タワーレコード株式会社). (2020年11月26日). オリジナルの2020年11月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201126191828/https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/26922 
  24. ^ “魔女修行中の吉澤嘉代子にインタビュー!「魔女図鑑は私のカタログ」”. ウォーカープラス (株式会社KADOKAWA). (2013年12月10日). オリジナルの2020年9月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200923010233/https://www.walkerplus.com/article/42875/ 
  25. ^ 吉澤嘉代子「変身少女」インタビュー (2/4) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. 音楽ナタリー. 2021年5月28日閲覧。
  26. ^ “今夜放送! musicる TV「もし売れ」に吉澤嘉代子、チャンバーズ、おもしろ三国志”. OTOTOY. (2014年2月10日). オリジナルの2014年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140728171420/http://ototoy.jp/news/74902 
  27. ^ “#97 「えー、back numberさん、初めまして、吉澤嘉代子の父です」SP”. back numberのオールナイトニッポン (株式会社ニッポン放送). (2016年3月2日). オリジナルの2021年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210821230757/http://www.allnightnippon.com/program/bn/2016/03/97-back-numbersp.html 
  28. ^ 「関ジャム」で大反響! 蔦谷好位置、いしわたり淳治 音楽プロデューサー2人が選ぶ2017年のベストソング10 |”. moraトピックス (2018年1月22日). 2021年5月28日閲覧。
  29. ^ シンガーソングライター吉澤嘉代子 なぜ“妄想”から音楽が生まれるのか”. www.fujitv.co.jp. フジテレビ. 2021年5月28日閲覧。
  30. ^ 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト”. 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト. 2023年5月16日閲覧。
  31. ^ 吉澤嘉代子×吉岡里帆 物語に救われた私たちは物語と生きていく”. She is [シーイズ]. 2021年5月28日閲覧。
  32. ^ Inc, Natasha. “吉澤嘉代子の歌声に吉岡里帆が思わず涙「愛おしいと思ったらもう戻れない」”. 音楽ナタリー. 2023年5月16日閲覧。
  33. ^ @yoshizawakayoko (2014年5月15日). "FM横浜「Tresen+」に出演させていただきました!". X(旧Twitter)より2021年8月21日閲覧
  34. ^ “吉澤嘉代子に訊く15の質問と1つのお絵かき”. Qetic. (2017年9月22日). オリジナルの2021年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210821234051/https://qetic.jp/interview/yoshizawakayoko-pickup/262259/ 
  35. ^ @yoshizawakayoko (2021年3月20日). "吉澤嘉代子チームの皆がお祝いしてくれたケーキ。". Instagramより2021年8月22日閲覧
  36. ^ Instagram”. www.instagram.com. 2024年2月1日閲覧。
  37. ^ 上白石萌歌のぐるぐるまわる、ときめきめぐりVol.11 ミュージシャン 吉澤嘉代子”. 装苑ONLINE. 2024年2月1日閲覧。
  38. ^ Spotify限定Podcast番組「ハナシはこれから。」”. 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト. 2024年2月1日閲覧。
  39. ^ @yoshizawakayoko (2019年5月14日). "デビュー5周年を迎えた今日". Instagramより2019年7月10日閲覧
  40. ^ @yoshizawakayoko (2017年8月10日). "おとうとのギター". Instagramより2019年7月11日閲覧
  41. ^ @yoshizawakayoko (2019年3月19日). "貰った写真を公開します。". Instagramより2019年7月11日閲覧
  42. ^ a b c オリコン シングル売上ランキング”. オリコン. 2018年3月23日閲覧。
  43. ^ エビ中、小林歌穂主演ドラマ主題歌「日記」で吉澤嘉代子とまたまたコラボ”. 音楽ナタリー (2018年1月11日). 2018年1月11日閲覧。
  44. ^ 山田愛奈×加藤綾佳監督『いつも月夜に米の飯』主題歌は吉澤嘉代子“雪””. CINRA.NET. 2018年7月6日閲覧。
  45. ^ ミニミニ テレビCM集”. 2019年1月1日閲覧。
  46. ^ 吉澤嘉代子、書き下ろし新曲「涙の国」がTBSドラマ"瓜を破る~一線を越えた、その先には"EDテーマに決定”. (2024年1月5日). 2024年1月6日閲覧。
  47. ^ “泉澤祐希×鳴海唯×清水くるみ×吉村界人×南出凌嘉×吉澤嘉代子、『トキカケ』にゲスト出演”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2023年10月1日). https://realsound.jp/movie/2023/10/post-1448132.html 2023年10月1日閲覧。 
  48. ^ Crimson FM マンスリープログラム 「魔女日記」 スタート!”. 吉澤嘉代子 オフィシャルサイト (2017年6月1日). 2020年7月27日閲覧。

外部リンク

[編集]

インタビュー

[編集]